サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2016/04/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/351p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-865883-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

闇の軍勢の増援に、絶体絶命となる人界軍。アスナひとりでは到底太刀打ちできなかった。そこに、アンダーワールドで言い伝えられてきた創世の神々が舞い降りる。その二柱は、シノンと...

もっと見る

ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング (電撃文庫)

659(税込)

ソードアート・オンライン17 アリシゼーション・アウェイクニング

659(税込)

ソードアート・オンライン17 アリシゼーション・アウェイクニング

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

この商品が含まれているブックツリー

前へ戻る

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ソードアート・オンライン 17 アリシゼーション・アウェイクニング」が含まれるセット商品

ソードアート・オンライン (電撃文庫) 19巻セット(電撃文庫)

ソードアート・オンライン (電撃文庫) 19巻セット

商品説明

闇の軍勢の増援に、絶体絶命となる人界軍。アスナひとりでは到底太刀打ちできなかった。そこに、アンダーワールドで言い伝えられてきた創世の神々が舞い降りる。その二柱は、シノンとリーファの姿をしており…。【「TRC MARC」の商品解説】

ついに現実世界のプレイヤーたちがアンダーワールドに到達し……!

――≪光の巫女≫アリス。
――≪闇の軍勢≫すべてを犠牲にしてでも、我が手中に収める。
≪最終負荷実験≫二日目。整合騎士による命がけの奮闘により劣勢になった≪ダークテリトリー軍≫は、卑劣な手段で反抗を開始する。
アンダーワールドを外部から観測していた米軍傭兵・クリッターが、現実世界の人間たちを最終決戦に投入する。
全米のゲームコミュニティサイトで≪本格派VRMMOゲームのベータテスター募集≫と称し、騙してログインさせたプレイヤー数は、五万人を超えた。
闇の軍勢の増援に、絶体絶命となる≪人界軍≫。スーパーアカウント・ステイシアでログインしたアスナ一人では到底太刀打ちできなかった。
そこに、アンダーワールドで言い伝えられてきた創世の神々が舞い降りる。白く輝く太陽神ソルスと、優しく暖かい地母神テラリア。その二柱は、シノンとリーファの姿をしており……。【商品解説】

著者紹介

川原 礫

略歴
第15回電撃小説大賞<大賞>受賞者

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

扇動PKの恐怖

2016/04/30 15:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガディアム - この投稿者のレビュー一覧を見る

リアルワールドからのプレイヤーが多数参戦してくる本作。
前回の引きでは、日米プレイヤー対決で終わるかと思いきや、それ以外の国からの参戦も行われ・・・。

特に目を惹くのは、旧SAOから参戦した敵プレイヤー。多数の外国人プレイヤーの敵意を煽ることによる扇動PKの恐怖。
次回以降、このプレイヤーとの決着がどうなるのか実に楽しみです。
(ちなみに以降のストーリーには未搭乗のままでしたが、アニメ版1作目の74層の群衆の中にいた黒ポンチョのプレイヤーは、このキャラだったのでしょう)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

覚醒

2016/04/20 18:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかとんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

キリトが守ってきた人たちが、キリトとキリトの守りたかったものを必死で守ろうとする、今までの話を回想しながら、読後、感慨にふけっています。

ただ楽しむだけの軽い話を書くよりも難しいことを川原さんは今回していると思います。
人がいかに周りに流されやすく、負の感情に負けやすいかと思い、辛くなる部分もあります。
そこが嫌な方もいるとおもいますが…、戦争ってそういうものなのかなと戦後生まれは感じました。

キリト!!と心の中で叫びながら次巻を楽しみに待ちたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

MORE DEBANSついに出陣!

2016/04/09 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

MORE DEBANSついに出陣!
ゲームと現実の境界に立つ者の意識が問われる一冊。
悪辣な奇策により、リアルワールドの欲望に侵食されるアンダーワールドに悲鳴がこだまする。
絶望と希望、そしてまた絶望!めまぐるしく戦況は移り変わりながらも、戦いは終局に向かう。
ここよりクライマックス!

ベルクーリさん、騎士長の意地を見せてくれて格好良かった。

例のシーンは書籍化にあたり、流石に某国の悪感情を招きにくいように修正されていましたね。
おかげであの強烈なエグさが緩和されマイルドになっていたのは残念です。

ここから先はまさに怒涛の展開なので連続刊行してほしかった。マジで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エグイ

2016/04/21 10:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カンピー - この投稿者のレビュー一覧を見る

アリシゼーション偏のクライマックスか?
もどかしい感じもある。
それにしても、あのシーンの描写は何と言ったらよいのか、とってもエグイ。
アニメにはなってほしくないかも・・・。
でも、次巻も読みます、もちろん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このシリーズ長くない?

2016/04/17 11:16

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほうめい - この投稿者のレビュー一覧を見る

アリシアゼーション編まだおわりません。
匂わせていた内部の裏切り者も正体現しましたが微妙なところです。
内容が最近薄いのに発売日の間隔が長いもんだからほとんど内容忘れてます。
前回はオークの首領まだいきてたんだとかヴァサゴさんログアウトされてたんだとかね。
サブストーリーのはずであるプログレシッブやってないでこっち早く完結してほしいとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/04/13 17:37

投稿元:ブクログ

新刊。
誰が誰とどこで戦っているかの簡単な図面付きでわかりやすい。わかりやすいけれども…やっぱり登場人物が大勢すぎてわかりにくい。アウェイクニングだからキリト君大活躍かと思ったら大活躍はアスナさんとしののんだった。
大量コンバート組の今後が非常に心配。
そしてキリト君、寝てる場合じゃないぞ~

本当にでもキリト君、ハーレム状態だな…。個人的にはステディな彼女が居るのにこんだけモテモテってどうなのよ?と思わなくもありませんが。とりあえず次巻が待ち遠しいです。

2016/12/16 14:58

投稿元:ブクログ

新展開で期待したけど、一層の絶望的状況(^^;
起承転結で言えば転の中頃?主人公は身動き出来ず、今までの仲間は・・(ネタバレ禁止?)ともあれ、狡猾な悪役が強すぎる~
結に期待して、それまでの辛抱と思いながらも、展開上面白いとは言えない巻になってます。ひたすらキリトの回復とメンバーの復活を信じ、次巻を待つしかないですね~

2016/05/16 12:53

投稿元:ブクログ

ようやく続きが出た…!
前巻アンダーワールドにきたアスナに続き、ついにシノンとリーファが。ステイシア様が降臨した時点でソルス様、テラリア様で降臨するだろうとは思っていましたが。

カバーが美しひ。
そしてついに次巻ではキリトが…!?
早く戻ってこい主人公!

2016/04/24 14:04

投稿元:ブクログ

いや、起きねえのかよ!サブタイトル詐欺じゃないか(笑)SAO時代他、キリト・アスナが関わった懐かしの名前が見える大戦闘突入。まあ状況は一時持ち直したけど、それでも苦境が続きます。とりあえずキリトさんには早く目覚めてもらってスカッと終わらせてくれ。

2016/04/29 21:44

投稿元:ブクログ

おなじみのキャラたちも参戦してきて、いよいよ大詰めと言った感じ。中国、韓国のプレイヤーがログインしてくるあたりは、ラノベでよくここまで書ききりましたね。

2016/12/22 13:19

投稿元:ブクログ

始まりは日本人プレイヤーたちを説得するリズベット。ヴァサゴの正体。水色のソルスと緑のテラリア。ベルクーリの本気の戦い。中国・韓国からの参戦。久々のフレニーカ。比嘉の奮闘。
物語は佳境で目が離せないし面白いのだが,後半は視点が変わりすぎてめまぐるしかった。あと,ちょっと冗長。

2016/05/21 19:08

投稿元:ブクログ

 『2016年 4月 9日 初版 発行』版、読了。


 本エピソードが終わり間近なことを感じさせる凄絶な内容でした。この巻ではアリシゼーション編は完結していませんが!www

 それにしても、もはやゲーム内とは思えない(あるいは思わせない)満身創痍、ここに極まれりで……とにかくもう追い詰められていく展開の描写が見事としか言いようがありませんでした。


 ただ惜しむらくは大規模な戦場において、先見の明がある軍師的なキャラクターがいないために、戦術的には「成り行き」まかせの展開で窮地になるというモヤモヤ感にさいなまれることしばしば。


 あとベクタさんぱねぇっス。そしてアスナ、シノン、リーファの窮地がどれもハンパないな!!wwww


 そんな中でようやくキリトさんのターン……というところで、終了。次巻こそはいろんなモヤッと感を解消してくれることを願いつつ。


 地味に影の功労者というべき比嘉くんが助かってくれー……と、願うばかりの一冊でしたっ☆

2016/12/24 08:12

投稿元:ブクログ

馴染みのキャラクターもたくさん出てきました。
すごく痛そうだったので、戦闘場面はじっくりと読むことができず、思ったより早く読んでしまいました。

2016/08/20 08:38

投稿元:ブクログ

ようやく作者が主張したいことが物語の中で
社会的に出てきたかな、という感じか。
いろいろと思う部分はあるけど、最後を確認しようか。

最後のシーン、の絶望的な状況からどう反撃するのか楽しみではある。
シリーズエンドでもおかしくない展開だなぁ。と。

2016/05/08 20:16

投稿元:ブクログ

アスナに続いてシノンと直葉が参入。しかし、戦いは陰惨を極める。正直、読んでいて辛い。最後に、ついにキリトが目覚める、というところで続く。スカッとしないまま終わった。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む