サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 8歳から80歳までの世界文学入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

8歳から80歳までの世界文学入門

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/08/16
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-97882-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

8歳から80歳までの世界文学入門 (対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義)

著者 沼野 充義 (編著)

池澤夏樹、小川洋子、青山南、岸本佐知子、マイケル・エメリックらを対談ゲストに迎え、文学について様々な角度から話し合う。イベント「世界は文学でできている−10代から出会う翻...

もっと見る

8歳から80歳までの世界文学入門 (対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義)

1,944(税込)

8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~

1,080 (税込)

8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~

ポイント :10pt / 紙の本より864おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

池澤夏樹、小川洋子、青山南、岸本佐知子、マイケル・エメリックらを対談ゲストに迎え、文学について様々な角度から話し合う。イベント「世界は文学でできている−10代から出会う翻訳文学案内」などの講演をもとに再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

文学には希望がある 8−11
いまだから、文学だからこそできること 池澤夏樹 述 13−64
どうしても物語が必要だ 小川洋子 述 65−124

著者紹介

沼野 充義

略歴
〈沼野充義〉1954年東京都生まれ。文芸評論家。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。専門はロシア・ポーランド文学。「ユートピア文学論」で読売文学賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/12/29 16:05

投稿元:ブクログ

岸本佐知子との対談目当てで借りたけど、おもしろくって全部読んでしまいました。
他の方々とは真面目に文学について語ってるんだけど、志賀直哉はボキャ貧とか、富士通オアシスの親指シフトとか、彼女とのトークは本当におもしろくて、なんだか異質。

沼野:でも、その後の岸本さんは普通に大学を出て、いえ、普通どころか、大変立派な上智大学を出て、 就職もサントリーという立派な企業に勤められていて、これはどう見てもエリートコースですね。
岸本:その場その場でなんとか潜り込んで、その集団の一番下の層にいることの繰り返しだった気がします。(p.197)

いちどKindleで手に入れた短編を訳したときに、やはりどうしてもやりにくくて、仕方なくてKindleの画面をコピー機でコピーするということをやりました(笑)。 いったい自分は何やってんだろうと思いました。(p.251)

こんな感じね。


でもそれ以上に沼野氏の「文学はこの世の中の役に立っているのか」ということについてのあとがきがすごく心に残ったので引用しておきますね。

そこで人文社会系ですが、なぜこの分野を権力者が切り捨てようとするのかといえば、役に立たないからだけではないでしょうね。 財政界の動きに対して、批判的なことを言うのは、人文社会系の人間だからです。一部の例外はありますが、理科系の研究者はあまりそういうことを言わない。 だから人文社会系の研究者は目障りなんです。役に立たないことをしているだけじゃなくて、世の中のあり方について批判までする。
だからこそ、いまはむしろ人文社会系の意味が高まっていると、私は思います。(…) しかし、しなやかな言葉の使い方を本領とする文学には、世の中に蔓延している嘘を見抜く力がある。 だから、政治や経済の言葉の嘘に操られて、みんなが一つの方向にのめり込んでいこうとするときに、それを相対化する潜在的な力を持つのが文学です。(p.323)

このあとがきに救われる学生って何万人もいると思う。

2016/10/13 15:46

投稿元:ブクログ

小川洋子さんの所だけ4つ星。

あとは4度目のドジョウなもので繰り返し感が否めず。子どもの本という視点も熟し切れていない。

・一つの小説を海に喩えると、案外、作家って上の方を泳いでいる。水面近くを泳いでいて、あまり深く考えていない。考えすぎるとかえってよくないことがあって、流れに任せている方が遠くまで行ける。しかし、翻訳家は一回、完成されたテクスト、織物をほどかなければいけない。一番海底深くまで潜っているのは、編集者でも読者でもなく、校閲者と翻訳者だ。
・テロとは翻訳の失敗、文明の誤訳。

文学論 ランキング

文学論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む