サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST
鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST 鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST

著者 冨田和成 (著)

3日ごとの振り返りで、自分もチームも10倍速で進化する! 計画・実行・検証・調整の4ステップからなるPDCAサイクルを、超高速で回し続ける仕事の進め方を解説する。10分間...

もっと見る

鬼速PDCA PLAN DO CHECK ADJUST

1,598(税込)

鬼速PDCA

1,439 (税込)

鬼速PDCA

ポイント :13pt / 紙の本より159おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3日ごとの振り返りで、自分もチームも10倍速で進化する! 計画・実行・検証・調整の4ステップからなるPDCAサイクルを、超高速で回し続ける仕事の進め方を解説する。10分間PDCAワークなども収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

冨田和成

略歴
〈冨田和成〉神奈川県出身。一橋大学卒。株式会社ZUU代表取締役社長兼CEO。金融機関のFinTech推進コンサルティングやデジタルマーケティング支援等も行いリテール金融のIT化を推進している。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こういう本欲しかった

2017/01/24 20:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MinkyMami - この投稿者のレビュー一覧を見る

よくデキる方のメルマガやブログを読んでいると、
「自分自身をレベルアップするにはPDCAを回すこと」なんてことを何度か目にしたことがあるので
じゃあ、やってみるかと思ったのですが
枠を描いてみたはいいが、P・D・C・Aの中身を埋めようとしても
なかなかしっくり来ず、そのまま終了。

個人向けのPDCAの本を探してみたものの、これまでは本家の”産業向き”なものばっかりだったのが
ようやく登場してくれました。
PDCAを組み立てるまでの考え方もよく書かれていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

非常に勉強になった

2017/03/08 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

信頼する先輩方複数人からこの本をオススメされて見てみたが構成や内容共に充実しており非常に良かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/25 18:34

投稿元:ブクログ

1)ゴールの定量化「結果、どうなりたいのか?」
期日、数値化
2)現状とのギャップを洗い出す
3)ギャップを埋める課題を考える
4)課題を絞る
効果、かかる時間、気軽さ
5)課題を検証可能なものに落とし込む
×行動目標
6)課題を達成する解決案を考える
7)課題を達成する解決案に優先順位をつける
8)DoをTo Do化する(期限を設定する)
9)できた要因/できなかった要因を振り返る

これまでは目標も数値化しておらず、常に行動目標しか考えてなかった。問題が生じたら、PDCAを使って問題解決するようにする。

2017/01/15 23:38

投稿元:ブクログ

実践的
これまで手帳やら、日頃の方眼用紙でのノートやら、色々やってきたけど、日々の過ごし方に落とし込む方法として、具体的に書かれている。
フィードバックについてはドラッカーも重要と説いてるが、この鬼速PDCA はその実践を習慣化することができる。
私も情報収集ばかりしてないで、いい加減、実践とアウトプットをしていかねば。

2016/11/11 21:50

投稿元:ブクログ

鬼速PDCA 2016/10/24
著:冨田和成

著者は、㈱ZUU代表取締役社長兼CEO
2013年「世界中の誰が全力で夢に挑戦できる世界を創る」ことをミッションとして㈱ZUUを設立。金融機関のFinTech推進コンサルティングやデジタルマーケティング支援なども行い、リテール金融のIT化を推進している。

PDCAが「前進を続けるためのフレームワーク」である限り、それを、高速を超える「鬼速」で回し続けることで、会社、部署、そして個人が足つ等的なスピードで成果を出し続けることができる。さらに前進していることを実感することで自信が湧き、モチベーションにドライブがかかり、さらにPDCAが速く回る。これが鬼速PDCAの真髄である。

そんな著者が前職の野村證券時代に作り出した造語である鬼速PDCAについて以下の8章により紹介している。
①前進するフレームワークとしてのPDCA
②計画初級編:ギャップから導き出される計画
③計画応用編:仮説の精度を上げる因数分解
④実行初級編:確実にやり遂げる行動力
⑤実行応用編:鬼速で動くためのタイムマネジメント
⑥検証:正しい計画と実行の上に成り立つ振り返り
⑦調整:検証結果を踏まえた改善と伸長
⑧チームで実践する鬼速PDCA

著者が一貫して訴えている「PDCAこそ最強のビジネススキルである」という点については私自身も全く異論はない。まさしくそのとおりであり、PDCAより役立ちそして奥深いものはない。

PDCAの基本から入り、そして実践を一番の主眼として記されている。
以前からPDCAのAの部分について私自信も違和感があった。
A=ACTIONが通常ではあるものの本書ではA=ADJUST:調整と捉えそのサイクルをくるくる回している。

そしてそのPDCAサイクルも一つのサイクルを回すのではなく、大きなPDCAの中にある課題についてその課題を解決するために新たにPDCAをくるくると回すということを行なっている。そしてそれが連鎖的に連なっていく。

ひとつのPDCAでさえ回すのは困難である中、それを並行していくつも回す。しかし、その全てがリンクしており、難解ではあるものの全てを回して初めて成立するのである。

鬼速を今まで行なってきた著者により記されて本書は血と汗と涙の結晶と言っても過言ではない。PDCA等のフレームワークを活用するのは組織の改善には何よりも大きな力を発揮する。しかし、全てがカチッと当てはまるフレームワークは存在しない。自分で既存のそれをブラッシュアップさせ応用していくしかない。

難しいが成果が出だすとやめられない。
やり遂げる覚悟と使命感を持ち私もやり遂げたい。
そんな勇気を与えてくれる一冊であった。

2017/04/01 13:38

投稿元:ブクログ

PDCAの下にPDCAがある。階層を意識。
目標をしっかり数値化する。
ゴールにたどり着く計画にするには
ロジックツリーを5段つくる!

チェックの時は、
KGIの達成とKPIの達成をみる。

できない理由だけでなく、できた理由もみて再現性を呼びたい。

2017/01/09 15:15

投稿元:ブクログ

20170130号プレジデントで紹介されていた。
今ひとつPDCAのキーワードがしっくりこなく、これまで定着してしてこなかった。使いこなし方が分かっていないかもしれないので改めて具体例でおさらいしてみたい。

2017/03/27 18:33

投稿元:ブクログ

PDCAの実行書
繰り返し読みたい

「P」:ゴールを決め、課題を考え、KPIを設定し、解決策を考える。
アウトプット=ゴール(KGI)、課題(KPI)、解決策

「D」:解決策を一段具現化したDOを考え、そのKDIを設定し、さらに具現化したTODOに落とし込み、実行する。
アウトプット=DO、KDI、TODO

「C」:KGI、KPI、KDI、を検証し、できなかった要因とできた要因を絞り込む。
アウトプット=達成率、できなかった要因、できた要因

「A」:検証結果を踏まえ調整案を考え、次のサイクルにつなぐ(または中止する)
アウトプット=調整案

2016/12/29 21:40

投稿元:ブクログ

土井先生のオススメ
no3

p72〜


6フィンテックのベンチャー企業

7 ZUUオンライン

22 お客様はPDCAを回してくれる営業マンを求めるようになったのだ
→激しく共感

28 本の序章として、構成が上手。

『簡単だと思っている。』

編集会議の内容

32 PDCAの5割は計画で決まる

33 うまくいった原因も分析する
→ やっぱり。

44 不安を頂いたまま全力で向き合うことは、なかなか難しい。

55 実行するときは自信満々で。検証するときは疑心暗鬼で。
→ヒントを頂いた

56 調整項目

60 もう少し様子を見よう、というお決まりの文句
→こういうリーダーがいる組織は、PDCAが回りにくい

69 経営者や管理職は、社員や部下の定性的な側面(内面のメンタル、モチベーション)をムゲに扱ってはいけない

70 課題のための検討項目

2017/03/11 19:54

投稿元:ブクログ

全て振り返られるように、数値にしてみることが大事。

1. 目標ゴール(定性的なもの)を定める
2. 目標ゴールを数値化する(KGI)
3. 現状分析および、現状とのギャップ理解
4. ギャップが生じている理由(課題)の洗い出し(定性的なもの) MECEで!
5. 課題を数値化する(KPI)
6. 課題の優先順位づけ
7. KPIを伸ばす解決案を洗い出し
8. 解決策の優先順位づけ
9. 解決策を具体化する【Do】の洗い出し
10. Doの優先順位づけ
11. Doを数値化する(KDI)
12. スケジュール帳までに落とし込める【ToDo】の洗い出し
13. ToDoの優先順位づけ
➡実行

例)
1. 目標ゴール(定性的なもの)を定める
 ダイエットする
2. 目標ゴールを数値化する(KGI)
 3ヵ月後までに60kgまで体重を減らす
3. 現状分析および、現状とのギャップ理解
 今は70kg。ギャップは10kg
4. ギャップが生じている理由(課題)の洗い出し(定性的なもの) MECEで!
 ・運動量が少ない
 ・運動の質が悪い
 ・食事量が多い
 ・食事の質が悪い
  ➡食事量が多いとする
5. 課題を数値化する(KPI)
 ・食事の品目
 ・食事の回数
 ・摂取カロリー
6. 課題の優先順位づけ
  ➡摂取カロリーが多いとする
7. KPIを伸ばす解決案を洗い出し
 ・食事内容を見直す
 ・食事回数を減らす
8. 解決策の優先順位づけ
  ➡食事内容を見直すとする
9. 解決策を具体化する【Do】の洗い出し
 ・炭水化物を減らす
 ・乳製品を減らす
 ・たんぱく質を減らす
10. Doの優先順位づけ
  ➡炭水化物を減らすとする
11. Doを数値化する(KDI)
  ➡炭水化物による摂取カロリーを80%に抑える
12. スケジュール帳に落とし込める【ToDo】の洗い出し
 ①毎日の昼ご飯の定食はご飯を小盛りにする
 ②弁当箱のサイズを小さくし、ご飯の量を減らす。
 ③夕食のご飯は、白米ではなくキャベツに変更
13. ToDoの優先順位づけ
 ②→①→③の順に行う。
 ②は強制力があるかつ、弁当の頻度が高いため優先順位高め。夕食はある程度たくさん食べることで仕事につながっている気もするので、後回し。

②を続けるために、
 ・1/1に弁当を高島屋で買ってくる
 ・以前の弁当箱は1/1に押入れに入れる
MEMO
最後はかなりオペレーションの部分になってくるかも。
②の施策を行い、炭水化物をどこまで抑えられているのか、それによって、摂取カロリー、食事量が減ることでどこまで体重に影響があるのかを検証する。本施策の効果がいつ出るのか、わかりずらいし、他の施策と同時並行して進めることができない。3ヵ月後と決めた上で、いつまで効果検証するのか、いつから違う施策を入れ込むのかが確認する必要がありそう。。。

  
MEMO
大PDCA→中PDCA→小PDCA

2017/01/05 23:48

投稿元:ブクログ

今まで何となく回せた気になっていたPDCAが、ボロボロだったことに気づかさせれた。
PDCAの各ステップに対して、やり方や陥りがちな点が列挙されており、解説本とは違う実践向きな内容だった。1回読んで終わらせずに、PDCAで止まった時に、該当ページを読んでPDCAを回す時の参考書にしようと思う。

2016/12/28 16:04

投稿元:ブクログ

著者の冨田和成氏は、株式会社ZUUの代表取締役。一橋大から入った野村證券で個人取引で類稀な成果を上げたのち、シンガポールのビジネススクールを経て独立。

感想。
PDCAをメインに扱った仕事術の本。でも僕が読んできた仕事術の本と比べると、非常に血が通ったというか、あ、本当に仕事で実績上げてこられた方というか。ご自身が試行錯誤し、血肉に変えたノウハウを体系立てた本。仕事ってこういうことだ、と共感。

備忘録
・「社会人になってから1日も休まず、やり続けてきただけです」
・PDCAのAはAction(改善)よりも、Adjust(調整)の方がしっくりくる。
・Planではゴールの定量化がポイント。期日設定も含め。期日設定は、1〜3ヶ月程度後くらいが理想。それより長いと課題が増えすぎる。
・ノミの実験。限界とは本人の思い込みにすぎないことが多い。他にやり方はないか?を自問自答すべし。
・MECEは最初の因数分解まで。それ以降もMECEを重視すると効率や精度の点でイマイチ。
・解決策→DO→ToDoの階層の違いを意識せよ。ToDoは実行時に迷わないレベルまで因数分解された行動であるべし。
・Check時にできてないと落ち込むよね。終わらなくても良いと割り切ろう。但し、それは優先順位の高い仕事から手をつけられていることが前提。
・タスクを捨てるためにはまず棚卸しから。
・課題が多いことはダメ社員の烙印ではない。課題に直面することを喜べ。課題解決=前進、成長。

2017/03/19 18:49

投稿元:ブクログ

20170314読了
PDCAについて具体的かつ詳細な実践方法が書かれた本。

目標達成に向けてステップを細かく分けて書かれている。

この本はゼロ秒思考などと同じで、実践しなければ意味のないタイプの本。
書いてあることは他のビジネス書とそこまで大差ないが、
著者の会社で実践している資料が使用でき、具体性があること
PDCA他にも小ネタが色々あること(流れ星理論とか知らなかった)
があるため読んで為になるポイントは多いと感じた。


■PDCAのステップ
ゴールの定量化(KGI)
→課題の選定(KPI化)
→解決案の選定
→解決案からDOへの変換(KDIの設定)
→DOをTODOに落とし込む
→TODOの進捗管理

■タイムマネジメントの三大原則
①捨てる
②入れ替え
③圧縮する
の順で行うこと

2016/11/30 00:34

投稿元:ブクログ

P(plan)D(do)C(check)A(action→adjust)はよくわからないと思ってきました。
でもこの本を読んで思ったのは今やってることとそんなに変わらないのかなと。
今も目標に向かってトライアンドエラーは繰り返してます。
PDCAはそれで終わらせずその後に検証を加え目標にアジャストするということかもしれません。

具体的に言うと大目標から小目標に分解してその都度PDCAを回す。
この「PDCAを回す」という言葉がわかりにくいかもしれませんが「目標」を決め「トライアンドエラー」した後「検証」して「目標」や「トライアンドエラー」に「アジャスト」していく。
大目標から小目標に分解するには「マインドマップ」の手法が使えるのかもしれません。

詳細はこの本が詳しくてよくわかるので自己啓発本に行き詰まりを感じてる方に「とりあえずやってみる」手法を学ぶため一読をお勧めしたいです。
僕も一読しましたが再度深堀していきたいと思います。

2017/01/05 07:38

投稿元:ブクログ

集団で企業とかで回していく。その組織にいる以上はこれでやる。というタイプの動き。個人で取り組むものとは違うので、読んでよかった。これで走る会社は若い人体力気力のある人はいいけど介護中とか治療中とかどうするのかなあ。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む