サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術
孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術 孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/10
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-478-10095-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

著者 三木 雄信 (著)

PDCAを速く、機能的に回すことができれば、仕事のスピードや結果は劇的によくなる。SoftBankの元社長室長が、孫正義の仕事のやり方を徹底的に分析して生み出した仕事術「...

もっと見る

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

1,512(税込)

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

1,361 (税込)

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

ポイント :12pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

PDCAを速く、機能的に回すことができれば、仕事のスピードや結果は劇的によくなる。SoftBankの元社長室長が、孫正義の仕事のやり方を徹底的に分析して生み出した仕事術「高速PDCA」を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

仕事のスピードと結果は、PDCAの回し方で決まる--仕事がうまくいかない、時間がかかってしまう、その問題がすべて解決するソフトバンクの仕事の技術を集大成。ソフトバンクの人は何を考え、どう仕事を進めているのか。6万を超える社員が実践する仕事のやり方がすべてのビジネスパーソンの仕事を加速させる。【商品解説】

仕事のスピードと結果は、PDCAの回し方で決まる--仕事がうまくいかない、時間がかかってしまう、その問題がすべて解決するソフトバンクの仕事の技術を集大成。ソフトバンクの人は何を考え、どう仕事を進めているのか。6万を超える社員が実践する仕事のやり方がすべてのビジネスパーソンの仕事を加速させる。【本の内容】

著者紹介

三木 雄信

略歴
〈三木雄信〉1972年福岡県生まれ。東京大学経済学部卒業。ソフトバンク社長室長を経て、ラーニング・テクノロジー企業「トライオン」設立。著書に「世界のトップを10秒で納得させる資料の法則」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA 終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術

2017/03/25 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エスターク - この投稿者のレビュー一覧を見る

元ソフトバンク室長という著者が書いたソフトバンク流の仕事術。


この『PDCA』というのは基本中の基本でどんなビジネス書でも書かれているし、どんな職場でも必ず大切だとされていると思う。


これを意識するしないに関わらず大抵は皆行なっている。


計画して行動して結果を確認して次にどう動くのか。


ただこれを徹底的にかつ超高速で回しているのかどうか。
この差が非常に大きい。


数々のソフトバンクが行なってきた偉業を事例として紹介しつつ、その裏側でどんな何をしてきたのか。


ひとつずつ紐解いていくと、何も突拍子も無いことばかりではなく、ただありとあらゆる可能性を臆面もなく出し切り、それを全て試し、よい方法を抽出し資源を全力で注ぐ。


そして結果を分析しまた試していく。



大きな目標をたてる。


その時には細かいことは考えない。


計画も時間をかけ綿密に考えるのではなく、ある程度の所で留め、あとは考えながら実行に移す。
それも同時に可能な限り全て試す。


そのほかにもモチベーションを上げる方法や意見を出せる環境を作るなど、細かい所で勉強になる部分がある。


但し、本書に過大な期待をすると肩透かしをくらう。
肩透かしをくらう人は既に高次元で実践している人か、残念ながら頭でっかちで自身の可能性を狭めているひとつだと思う。


基礎すぎる内容かもしれないがそれだけ大切であり好き嫌いは別にとしてソフトバンクは失敗もしているが結果として成長し成功をし続けている会社である。


その中枢で仕事をしてきた著者の話しは大いに説得力はあるし必ず学んで損はしないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/04/09 15:38

投稿元:ブクログ

170409
・毎日の目標を数字で立てる
・毎日、勝敗分析をする
point:実行しながら検証する

・大きな目標を数字で立てる
・有効そうな方法をリストアップ
・全て同時に試す
・最も良い方法を明らかにし、それを磨く

2017/03/26 17:02

投稿元:ブクログ

本屋で流し読み。
なぜ、ソフトバンクが成功しているんだろうかという一因が書かれている。
PDCAというよりも、いかに実行力と検証力を高く、一度に早くできているか、というようなカルチャーが存在しているからこそ、強いんだなと思った。
どのレベルの社員までこのカルチャー浸透しているのか気になった。

2017/03/15 21:34

投稿元:ブクログ

孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきた すごいPDCA―――終わらない仕事がすっきり片づく超スピード仕事術
著者:三木雄信


元ソフトバンク室長という著者が書いたソフトバンク流の仕事術。


この『PDCA』というのは基本中の基本でどんなビジネス書でも書かれているし、どんな職場でも必ず大切だとされていると思う。


これを意識するしないに関わらず大抵は皆行なっている。


計画して行動して結果を確認して次にどう動くのか。


ただこれを徹底的にかつ超高速で回しているのかどうか。
この差が非常に大きい。


数々のソフトバンクが行なってきた偉業を事例として紹介しつつ、その裏側でどんな何をしてきたのか。


ひとつずつ紐解いていくと、何も突拍子も無いことばかりではなく、ただありとあらゆる可能性を臆面もなく出し切り、それを全て試し、よい方法を抽出し資源を全力で注ぐ。


そして結果を分析しまた試していく。



大きな目標をたてる。


その時には細かいことは考えない。


計画も時間をかけ綿密に考えるのではなく、ある程度の所で留め、あとは考えながら実行に移す。
それも同時に可能な限り全て試す。


そのほかにもモチベーションを上げる方法や意見を出せる環境を作るなど、細かい所で勉強になる部分がある。


但し、本書に過大な期待をすると肩透かしをくらう。
肩透かしをくらう人は既に高次元で実践している人か、残念ながら頭でっかちで自身の可能性を狭めているひとつだと思う。


基礎すぎる内容かもしれないがそれだけ大切であり好き嫌いは別にとしてソフトバンクは失敗もしているが結果として成長し成功をし続けている会社である。


その中枢で仕事をしてきた著者の話しは大いに説得力はあるし必ず学んで損はしないと思う。
http://blog.livedoor.jp/book_dokushonikki/

2017/04/18 19:56

投稿元:ブクログ

可能性のあるパターンは全て平行して、検証すると言う点は、コストも労力もかかる作業だけれど、上を説得する明確な答えを引き出せる点は間違いないと思った。

「多変量解析」については、これから勉強してみようと、早速Amazonにて本を検索してみました。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む