サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明るい公務員講座
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2017/02/15
  • 出版社: 時事通信出版局
  • サイズ:19cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7887-1493-9

紙の本

明るい公務員講座

著者 岡本 全勝 (著)

仕事は要領(ダンドリ)で決まる! 霞が関と県庁で事務員から事務次官まで経験し、最後は前例のない仕事(震災復興)まで経験した著者が、仕事を能率的かつ効果的に進める方法を伝授...

もっと見る

明るい公務員講座

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事は要領(ダンドリ)で決まる! 霞が関と県庁で事務員から事務次官まで経験し、最後は前例のない仕事(震災復興)まで経験した著者が、仕事を能率的かつ効果的に進める方法を伝授する。『地方行政』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡本 全勝

略歴
〈岡本全勝〉1955年奈良県生まれ。東京大学法学部卒。自治省入省。自治大学校長、復興庁事務次官などを経て、内閣官房参与。著書に「東日本大震災復興が日本を変える」「新地方自治入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

これから社会に出ていく皆さんに読んでもらいたい

2018/06/26 15:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとふざけたようなタイトルの本を読むきっかけとなったのは、日本経済新聞の夕刊一面のリレーエッセイ「あすへの話題」で、この本の著者岡本全勝(まさかつ)さんが木曜を担当していて、その中でこの本を自薦していたからだ。
 どのような記事の文面であったか忘れたが、これから仕事に取り組んでいく若い人向けに仕事の進め方をわかりやすく書いたというような主旨であったと思う。

 そもそも岡本全勝さんという人はどんな人であるか。
 東大法学部を卒業して、自治省へ入省。富山県の総務部長とか色々経験して、内閣総理大臣秘書官までなった超エリート官僚。
 復興庁事務次官まで務めて、日本経済新聞の連載での肩書は「元復興次官」。

 そんなエリートが仕事の進め方を書いたって、どうせとっても高級なビジネススキルの話かとおそるおそる読み始めてみたが、これが実にすばらしい。
 なんといっても「抽象的な心構えの本でもなく、ビジネススキルのノウハウ本でも」ない。
 「仕事のイロハ」。
 こんな素敵な本があれば、きっと仕事の取り組み方とか会社での自分のありかたとか随分違っただろう。

 この本は決して「公務員」志望の人だけでなく、もちろん「公務員」志望の人は絶対読んだ方がいい、これから社会に出て働こうとしている人すべてに有効だと思う。
 よい評価をもらうためには「明るさ」が一番大事なんて、あまり教えてくれません。あるいは、挨拶だとか身だしなみとか、なかなか社会人になってそんなことを諭してくれる人は少ない。
 そんな「イロハ」がきちんと、しかも丁寧に書かれている。
 だから、信用していい。この本は。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

確かに明るい本

2017/06/10 19:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:公務員 - この投稿者のレビュー一覧を見る

当たり前な事を長々と書き一冊の本にした印象。恐らく凝縮すれば10ページ位になるのでは。実際、30分位で読めます。
身だしなみとしてオードトワレを使えとか、オシャレをせよとか、確かに明るい内容ですが、公務員に対する誤解を生みかねない内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/04 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/10 07:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/06 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/15 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む