サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/04/20
  • 出版社: 現代書館
  • サイズ:18cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-5802-0
  • 国内送料無料

紙の本

ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち新刊

著者 高橋 真樹 (著)

世界の多くの問題にもつながっているパレスチナ問題を、パレスチナに暮らす子どもたちの視点からわかりやすく伝えた入門書。日本のニュースでは伝えられないパレスチナの現実を明らか...

もっと見る

ぼくの村は壁で囲まれた パレスチナに生きる子どもたち

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の多くの問題にもつながっているパレスチナ問題を、パレスチナに暮らす子どもたちの視点からわかりやすく伝えた入門書。日本のニュースでは伝えられないパレスチナの現実を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 真樹

略歴
〈高橋真樹〉ノンフィクションライター。放送大学非常勤講師。平和共同ジャーナリスト基金奨励賞受賞。世界70カ国以上をめぐりながら取材・執筆活動を行う。著書に「そこが知りたい電力自由化」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/28 20:52

投稿元:ブクログ

著者の高橋真樹氏は、自然エネルギー、国際協力、国際政治などのテーマを中心に取材、執筆活動を行っているノンフィクションライター。
私は本書を、行きつけの神田神保町・東京堂書店の平積みで目にし、迷わず即座に購入した。というのも、私は本年1月にエルサレムとパレスチナ・ヨルダン川西岸(ベツレヘム、ラーマッラー、死海沿岸など)を一週間ほど一人で旅してきたばかりで、そこで見、聞き、感じ、考えたことが、本書にまさに活字となっていたからだ。
著者は、パレスチナの問題を「世界の縮図」とし、「黙って見ているだけでいいのか?」と我々に問いかけ、「自分にも何かできることがあればやってみたい。そう思った方にまずチャレンジして欲しいことがあります。それは、「知ること」、「伝えること」、「行動すること」です」と語っているが、私は、「知る」ために現地まで行ってしまったのだ。
現地では、3宗教の聖地を抱くエルサレム旧市街や、イスラエルが第三次中東戦争で一方的に占領・併合した東エルサレムは言うまでもなく、本書でも取り上げられている、イスラエルとパレスチナを分かつ分離壁、そのボーダーを越えるための検問所(チェックポイント)、イスラエルがパレスチナ地域に作った入植地、ホロコーストの犠牲者を慰霊する博物館ヤド・ヴァシェム、ユダヤ人が再び全滅を繰り返さないという固い決意を語り継ぐマサダ遺跡、世俗的な人々と対立を深める超正統派のユダヤ教徒(の住む街)なども訪れ、様々なことを肌で感じた。
本書では、一般の個人旅行者ではなかなか足を踏み入れることができない、ヨルダン川西岸やガザ地区の街・難民キャンプで今何が起こっているのかを、取材に基づいて詳しく紹介していることに加え、極めて複雑な当地の歴史・現状を、地図や写真を交えて、わかり易く整理・説明しており、パレスチナの問題をまず「知る」ためには、最適の入門書と言えるのではないだろうか。
(自分の旅の前に発刊されていれば、大変参考になったであろう。。。)
(2017年4月了)

戦争・テロ・平和 ランキング

戦争・テロ・平和のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む