サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 廣済堂出版の通販
  6. 廣済堂新書の通販
  7. これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿(廣済堂新書)
これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿(廣済堂新書) これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿(廣済堂新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2017/12/26
  • 出版社: 廣済堂出版
  • レーベル: 廣済堂新書
  • サイズ:18cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-331-52138-0
新書

紙の本

これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿 (廣済堂新書)

著者 浜 矩子 (著)

アベノミクスの行き着く先は、一部のエリートだけが得をして、大半の庶民が損をする社会。気鋭エコノミストが、選挙、所信、経済指標、支持率といった項目を設定して、アベ政治の正体...

もっと見る

これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿 (廣済堂新書)

918(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アベノミクスの行き着く先は、一部のエリートだけが得をして、大半の庶民が損をする社会。気鋭エコノミストが、選挙、所信、経済指標、支持率といった項目を設定して、アベ政治の正体をわかりやすく検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

一部のエリートだけが得をし、企業だけが儲ける“企業至上社会”。気鋭エコノミストが、アベ政治の正体を検証し、鉄槌を下す!【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

そんなふうに問われてもね・・・

2018/02/16 01:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

先の総選挙で「圧勝」した安倍政権。選挙直前にはモリトモ・カケ疑惑で国民の不興をかっていたのにだ。お隣の韓国では「お友達優遇」でパク大統領は弾劾された。しかし、日本はどうしたことか・・・。もう安倍政権になって6年たった。その間、日本でも、国会周辺で「安倍やめろ」と騒然とする事態があったにもかかわらず、選挙をするたびに支持率が復活する。
本書は安倍政権を採点し「こんな政権と心中するんですか」と問う。
著者は、そもそも自公は圧勝ではないという。自公連合は、公明が6議席減らし、自民は追加公認を3人してかろうじて選挙前と同じ議席数に。マスコミが「圧勝・大勝」と騒ぐのはおかしいと指摘する。「辛くも選挙前勢力維持」
著者は支持率も、女性たちは男性よりも支持率が低い。若者は期待が高いが高齢者は期待しないが多い。「分断と不安をあおる安倍政権の手法にはまっている」と分析。そうかもしれないと思うが、推測に過ぎない。
実は、私も安倍政権になって、何にもよくなっていない。経済も社会保障も、国の存亡に関わる問題も不安をあおられるばかりで、その不安が大きくなりこそすれ和らぐ政策は出されなかったとおもう。だから、なぜ選挙で議席を減らさないのかわからない。その答えは本書では実のところよくわからないのである。
先日ある報道番組で、小選挙区制は利権政治や派閥政治・選挙に金がかかりすぎる弊害を打破するために中選挙区制から変更したもの。しかし、「チルドレン」議員や公募議員が登場し政治家の「質が落ちた」(報道ではこんなストレートな言い方ではなかったが)と指摘していた。質もそうだが、死票が増えたことが政治不信につながっている。票入れたい人の選択が狭まっている。しかも、小選挙区制は大きな政党はいつまでも大きいままという事になる。もう小選挙区制見直す時期じゃないかな。しかし、有利な大きい政党は死守するだろうな「小選挙区制」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/20 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む