サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 早川書房の通販
  6. 折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジーの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/02/20
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-335036-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

著者 ケン・リュウ (著),中原尚哉 (訳),大谷真弓 (訳),鳴庭真人 (訳)

【ヒューゴー賞ノヴェレット部門(2016年)】北京、異形の都市。緻密にして巨大なルービック・キューブ型都市の社会と文化に翻弄される男の冒険を描いた表題作をはじめ、7人の作...

もっと見る

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

2,052(税込)

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー

1,847 (税込)

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー

ポイント :17pt / 紙の本より205おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ヒューゴー賞ノヴェレット部門(2016年)】北京、異形の都市。緻密にして巨大なルービック・キューブ型都市の社会と文化に翻弄される男の冒険を描いた表題作をはじめ、7人の作家による全13作品を、短篇の名手ケン・リュウが精選した現代中国SFアンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

三層に分かれた折りたたみ式の北京を描いた■景芳による表題作、中国に史上初のヒューゴー賞をもたらした劉慈欣『三体』の抜粋「円」など7作家の13作品を、『紙の動物園』著者のケン・リュウが選び収録。いま一番SFが熱い国・中国の粋を集めたアンソロジー。(■は赤へんにおおざと)【商品解説】

収録作品一覧

鼠年 陳楸帆 著 19−50
麗江の魚 陳楸帆 著 51−70
沙嘴の花 陳楸帆 著 71−90

著者紹介

ケン・リュウ

略歴
〈ケン・リュウ〉1976年中華人民共和国生まれ。「紙の動物園」でヒューゴー賞・ネビュラ賞・世界幻想文学大賞を受賞。中国SFの翻訳もおこなう。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「リアリズム」、「青春」の表現がすばらしい中国SF

2018/10/15 02:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コピーマスター - この投稿者のレビュー一覧を見る

これ、ひょっとしていまどき珍しい英語からの重訳である。ただ、あのケン・リュウの英訳からなのだから、まァこれはこれで“藝術み”があるのではないか。(といっても原文では小王のところ、ワンおじさんと訳すのにはさすがに内容と乖離があって、大学生なのだからせいぜいワン兄さんではないかと突っ込み入れたくなるのだが……小王→王叔叔→おじさんというコンバートがかかったのだろうか?その反面、感情生活とかまんま中国語やろ!という訳文もあり謎が深まる)
中国SFといってもその特徴を一言で断じれるものではない、読んでいてめっちゃ現実政治の風刺がひしひし来るかも知らんが、どうか純粋にストーリーに浸って欲しいというケン・リュウの序文は痛痛しい。個人的に読んだ感想としては、中国小説はやはり「リアリズム」と「青春」の表現が秀逸だということである。さすが魯迅、茅盾の国だ。中国のリアリズムは、その実、日本人の私らにとっては不条理そのもの(特に不意に訪れる死とかがまさにそれ!)なのであるが、それが得も云われぬ“有中国特色的”SFを醸している。このアンソロジーは全くもって粒ぞろいの傑作オンパレードなのだが、特に冒頭の『鼠年』、『沈黙都市』、『折りたたみ北京』が面白かった。巻末のエッセイでこぞって引用されるのはやはり魯迅の言。劉慈欣の『円』なんか読んでも感じるが、やはり華人とは畢竟悠久の歴史を踏まえている黄帝の子孫なのである。中国ではSFと漫画は最近まで子供の読み物扱いだったが、そろそろ真面目なジャンルに昇華しつつあるのではないかと思う。日本でももっと中国SFが“走紅”して欲しく、これを触媒として隣国への理解が深まって欲しいものだと激しく希求するものである。
最後に装丁に就いて一家言を弄したい。
このシリーズ。ハヤカワな背の銀に手塗といふムラが景色の茶、期せずして毛主席語録のようなビニルの手触り。これは嬉しい。物質書物の所有欲的にも其楽無窮と言えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めての中国SF

2018/08/05 09:46

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kaf - この投稿者のレビュー一覧を見る

ケン・リュウ氏の短編が好きだったことから中国SFに興味を持ったのだが、びっくりするほど面白い。もちろん好みに合わない作品もあるが幅広い作品がある中国SFに感嘆した。ケン・リュウ氏の序文にも書いてある通り一概に中国SFとまとめてしまっては誤解を招くだろう。それほどの多様性をもっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/22 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/16 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/11 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/24 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/02 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/27 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/21 07:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/03 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/29 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/22 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/03 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む