サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 産経新聞出版の通販
  6. 朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊すの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2018/03/06
  • 出版社: 産経新聞出版
  • サイズ:18cm/272p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8191-1333-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す (産経セレクト)

著者 櫻井 よしこ (著),花田 紀凱 (著)

朝日新聞は民主主義の敵だ! 朝日新聞を謝罪に追い込んだ門田隆将、「報道しない自由」を行使された加戸守行らが、朝日の手法と体質を語る。「櫻LIVE 君の一歩が朝を変える!」...

もっと見る

朝日リスク 暴走する報道権力が民主主義を壊す (産経セレクト)

950(税込)

朝日リスク

950 (税込)

朝日リスク

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 13.5MB 無制限
Android EPUB 13.5MB 無制限
Win EPUB 13.5MB 無制限
Mac EPUB 13.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝日新聞は民主主義の敵だ! 朝日新聞を謝罪に追い込んだ門田隆将、「報道しない自由」を行使された加戸守行らが、朝日の手法と体質を語る。「櫻LIVE 君の一歩が朝を変える!」で放送された対談をもとに再構成・加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

韓国メディアと朝日新聞は兄弟のようだ 櫻井よしこ 著 3−11
言論機関、朝日新聞の自殺 櫻井よしこ 述 17−48
印象操作を“自白”した朝日の訴状 櫻井よしこ 述 49−86

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

バカになる

2018/09/02 15:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野次馬之介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「朝日を読むとバカになる」というのが本書の主題である。『朝日リスク』という表題はそのことを意味している。
 わが家でも親の代から、つまり70~80年前からこの新聞をとってきたせいで、馬之介もすっかりバカになってしまった。しかし、そのリスクに気づいたのは20年ほど前であったか、購読をやめようとしたところ山の神が許してくれない。神様の方も親の代から同じ新聞を読んでいたらしく、今さら変えるのはイヤだという。それを強引に抑えてほかの新聞を3カ月ほど購読したが、結局もとに戻されてしまった。それ以上続けると夫婦喧嘩どころか夫婦別れにまで発展し、危うく朝日新聞のために家庭崩壊を招きかねない状況となって、あきらめた次第。
 この新聞の酷さは戦時中、軍部を弱腰と批判して、戦争を煽りに煽ったばかりでなく、戦後はマッカーサーの発行停止処分という一喝に震え上がり、ありもしない南京大虐殺や従軍慰安婦などをでっちあげ、反日プロパガンダを世界中に宣伝してきた。しかしあまりに酷いというので、2014年に昔の紙面を取り消して社長が辞めるに至る。もっとも捏造の修正はそれだけで、中国や朝鮮に出かけて行って直接訂正を申し入れたわけではないから、今も多くの国で誤報が信じこまれているばかりか、日本国内でも偏向報道は収まりそうもない。
 というのは本書によれば、最近の朝日新聞は安部首相を倒すという目的をもった活動体になっていて、ジャーナリズムの使命を捨て去ってしまった。記者たちもジャーナリストではなく、自分たちの主張のために新聞を利用するだけの活動家であるという。
 福島原発の事故が起こった当時、所員の9割が所長命令に違反して逃亡したという記事を一面トップに掲載したが、これも原発反対のための捏造であった。
 日本を代表すると自称すなわち詐称する新聞が、目的が何であろうと、歪曲記事を書いてまで活動に走る魂胆は馬之介の理解を超えるところである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/13 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

メディア・ジャーナリズム ランキング

メディア・ジャーナリズムのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む