サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説研究・書き方の通販
  5. フィルムアート社の通販
  6. 工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/26
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:21cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1722-8

紙の本

工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素

著者 ラリー・ブルックス (著),シカ・マッケンジー (訳)

コンセプト、人物、シーンの展開など、6つのカテゴリーに大別すると、複雑な文章術の本質が見えてくる! 直感に頼らず、物語に必須の要素から書き始めることでストーリーを構築する...

もっと見る

工学的ストーリー創作入門 売れる物語を書くために必要な6つの要素

2,268(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コンセプト、人物、シーンの展開など、6つのカテゴリーに大別すると、複雑な文章術の本質が見えてくる! 直感に頼らず、物語に必須の要素から書き始めることでストーリーを構築する、「工学的」創作法を伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

売れる物語を書くために必要な
6つの要素はこれだ!
ストーリー創作に必要な部品と技術が
すべて揃った最強の「まとめ」本。

【6つのコア要素】
1:コンセプト
2:人物
3:テーマ
4:構成
5:シーンの展開
6:文体

作品を生み出すための最適な経路をデザインする
=工学的メソッドの画期的創作入門書!

小説・ストーリー創作術の最良の入門書にして
最終決定版がついに邦訳!!

世の中にたくさんあふれている小説のハウツー本を読んでもうまく小説が書けないのはなぜなのでしょうか。ハウツー本を読むと「心を込めなさい」「人生の旅を描け」「テンポと文体を磨こう」などというアドバイスが書かれています。しかし私たちが欲しいのは、このような抽象的な助言ではなく、もっと具体的な方法や手順のはずです。

売れるストーリーには原則があります。つまりストーリー創作には工学的な面があるということです。まずストーリーの要素を知り、そのうえで設計図を描くことが何より大事なのです。ストーリーの設計を「形式的」と毛嫌いする人がいるかもしれません。しかし、形式的と思うからそう見えるのであり、ストーリー作りの原則や要素を意識することとは違います。

ストーリー創作に際して知るべきことは山ほどありますが、本書ではそれらを6つのカテゴリーに大別することで、謎めいたものの本質を明確に提示しています。つまり、それが「6つのコア要素」と呼ばれるものです。「6つのコア要素」にはストーリーに必要な部品や技術が全て揃っています。書き手として知るべきことを集め、包括的に秩序立ててストーリーを作ることができます。

「紹介するモデル(作家として成功するための6つのコア要素)は僕がまとめたが、基本は誰もが知っていることだ。いわば真理で、僕の発明ではない。だが、この本のような「まとめ」は他になかったはずだ。」と著者がいうように、これまで断片的に語られてきたストーリー創作の秘訣が、網羅的に「まとめ」られているため、小説入門者が最初に読む本として最適の一冊となっています。【商品解説】

目次

  • イントロダクション
  • 第1章
  • 六つのコア要素とは何か……なぜ大切か?
  • 1 ストーリーのモデルの力を知ろう/2 「六つのコア要素」の全景を眺めよう/3 「六つのコア要素」の中身を知ろう/ 4ストーリー作りを始めよう
  • 第2章
  • コア要素
  • その1 コンセプト
  • 5 コンセプトの定義を知ろう/6 コンセプトの評価基準/7 コンセプトのよさを確認しよう

著者紹介

ラリー・ブルックス

略歴
〈ラリー・ブルックス〉作家。物語創作のインストラクターおよびフリーランス編集者としても活動。ウェブサイト『Storyfix.com』を運営。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ストーリー創作の原則

2018/05/23 10:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SatsukiJuuzoo - この投稿者のレビュー一覧を見る

売れるストーリーを創作するには、「6つのコア要素」と呼べる原則に基づいて設計図を作ることが重要であるという。その原則とは「コンセプト」「人物」「テーマ」「構成」「シーンの展開」「文体」であり、これらについて網羅的に説明している。
本書の説明では、実際にヒットしたドラマや小説を例に挙げている。説明されている点を意識して、それらの作品を鑑賞してみれば、理解がより深まるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小説の書き方 ランキング

小説の書き方のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む