サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネス
  4. 経済
  5. 御茶の水書房
  6. 価値と生産価格 社会的物象化論を視軸にして読み解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

価値と生産価格 社会的物象化論を視軸にして読み解く
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2018/06/11
  • 出版社: 御茶の水書房
  • サイズ:23cm/260,3p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-275-02090-1
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

価値と生産価格 社会的物象化論を視軸にして読み解く新刊

著者 日山 紀彦 (著)

マルクスの「労働価値説」ないしは「価値法則」が、資本制商品生産様式社会において、論理的にも現実的にも通用・妥当するものなのかを、「資本論」に軸足を置いて哲学的な方法論的視...

もっと見る

価値と生産価格 社会的物象化論を視軸にして読み解く

6,912(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マルクスの「労働価値説」ないしは「価値法則」が、資本制商品生産様式社会において、論理的にも現実的にも通用・妥当するものなのかを、「資本論」に軸足を置いて哲学的な方法論的視座から検討・吟味しなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 序章 「マルクス価値論」批判の端初とそのプロブレマティック(問題のありかとなりたち)
    • (一)「マルクス価値論」への問題提起の発端
    • (二)マルクスにおける「価値論から生産価格論への転化」問題の主題化の時期をめぐって
    • (三)上向法の論理と端初商品の存在規定と存在性格
  • 第一章 価値と価格
    • (一)「価値」の生成機序と存在性格
    • (二)価値の価格への転化における貨幣の価値表示機能と価値計量機能
    • (三)価値の価格への転化の必然性
  • 第二章 抽象的人間労働と具体的有用労働
    • (一)商品世界における「社会的労働(労働の社会性)」の特殊歴史的な形態:抽象的人間労働

著者紹介

日山 紀彦

略歴
1975年 東京教育大学大学院文学研究科博士課程修了 元東京成徳大学教授

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む