サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 芸術・アートの通販
  4. 映画の通販
  5. フィルムアート社の通販
  6. 眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/07/26
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:19cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-1704-4

紙の本

眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』

著者 福尾 匠 (著)

映画とは何かを考え抜いたジル・ドゥルーズの伝説的著作「シネマ」のロジックを一歩一歩解きほぐす入門的解説書。「たんに見る」ことの難しさと創造性をめぐる一冊。【「TRC MA...

もっと見る

眼がスクリーンになるとき ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

映画とは何かを考え抜いたジル・ドゥルーズの伝説的著作「シネマ」のロジックを一歩一歩解きほぐす入門的解説書。「たんに見る」ことの難しさと創造性をめぐる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

ついに、『シネマ』がわかる!
思想界に颯爽と現れた26歳の新鋭、衝撃のデビュー作!
「たんに見る」ことの難しさと創造性をめぐって書かれた画期的なドゥルーズ『シネマ』入門。
本書は、「見る」ことと「読む」ことの復権を同時に実現する。
20世紀最大の哲学者、ジル・ドゥルーズが著した芸術と哲学をめぐる二巻本『シネマ』。

本書は、『シネマ』にとって、映画は哲学の「フッテージ(footage)」、つまり「思考の素材=足場」であると捉えなおすことから議論を開始する。
その映画というフッテージに、もうひとりの重要な哲学者となるアンリ・ベルクソンの哲学が流しこまれる。そのとき映画はイメージ=映像による〈思考〉の実践として立ち現れてくるのだ。

『シネマ』と映画の関係、ドゥルーズとベルクソンの関係というふたつの問いは、哲学にとって「見る」ことと「読む」ことがいかにして概念の創造へと導かれるかということを指し示している。

映画という特殊な経験のシステムから立ちあがる、イメージがそれ以上でもそれ以下でもなく見たままで現れる地平、「眼がスクリーンになるとき」とはどのようなことか。
そのとき観客である私たちはどんな存在へと生成するのか。

また、「私は素朴な観客です」というドゥルーズの言葉どおり、「見たまま」を肯定する態度は、ドゥルーズの哲学の創造性とどのようなつながりがあるのだろうか。

映画から哲学へ、哲学から映画へ、まっすぐに『シネマ』の核心へとスリリングに論じぬく、新鋭のデビュー作 !【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 第一章 映画と哲学、ベルクソンとドゥルーズ
  •  1-1 『シネマ』と映画
  •  1-2 ベルクソンにおけるイメージと運動
  •  1-3 ベルクソンの「映画的錯覚」批判とベルクソニズムによるその解決
  • 第二章 運動イメージ――感覚-運動的に思考する映画
  •  2-1 運動イメージの分化――宇宙の構築
  •  2-2 運動イメージの種別化――主観性の物質的アスペクト

著者紹介

福尾 匠

略歴
〈福尾匠〉1992年生まれ。日本学術振興会特別研究員。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2018/09/24 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/12 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

映画 ランキング

映画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む