サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2020/03/27
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/409p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-39652-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

専門書

紙の本

日本企業の勝算 人材確保×生産性×企業成長

著者 デービッド・アトキンソン (著)

人口減少時代に入った以上、時代に合った経営に根本から変革しなければ、世界に誇れる日本の経営は取り戻せない。伝説のアナリストが日本企業のあるべき姿を見極め、日本経済の新しい...

もっと見る

日本企業の勝算 人材確保×生産性×企業成長

税込 1,760 16pt

日本企業の勝算

税込 1,760 16pt

日本企業の勝算

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 25.7MB
Android EPUB 25.7MB
Win EPUB 25.7MB
Mac EPUB 25.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人口減少時代に入った以上、時代に合った経営に根本から変革しなければ、世界に誇れる日本の経営は取り戻せない。伝説のアナリストが日本企業のあるべき姿を見極め、日本経済の新しい時代をつくることに役立つ提言を行う。【「TRC MARC」の商品解説】

「世界に誇れる日本の経営を取り戻す」

日本を救い続けた伝説のアナリスト
×世界のエコノミスト174人、渾身の提言!

日本企業の「根本問題」を突き止め、人口減少時代の「最強経営」を明らかにする。

■本書の内容■
日本には、1つの「神話」が存在する。
大きな会社は「大企業病」で非効率、小さな会社ほど優れた技術と自由な空気に満ちている――。
しかし、企業規模が小さいほど生産性が低くなるのは、世界の常識。
ならば中小企業が多いほど生産性が低くなるのは「当然」で、実際に国別の生産性と企業規模には、
非常に強い相関が見られる。

そして日本には「小さな企業」が多すぎる。
それが「生産性の低下」だけでなく、ますます苦しくなる財政と社会保障、
広がり続ける格差、なかなか生まれないイノベーション、高まらない経営者の能力、
亀の歩みの働き方改革や女性活躍、一向に改善しない少子化など、
日本が抱えるさまざまな問題の「根本原因」になっている。

では、なぜ日本では中小企業が多くなってしまったのか。
その原因を突き止め、改善すれば、日本の生産性は高まり、再び先進国トップに躍り出ることができる。
本書ではその「具体策」を提言する。

■著者からのメッセージ■
今の日本企業は、人口が増加していた時代にできた制度に過剰適応しています。
日本人の給料が上がらないのも、働き方改革が広がらないのも、女性活躍が進まないのも、
格差も少子化も、すべてそれが原因です。
人口減少時代に入った以上、時代に合った経営に根本から変革するしか選択肢はありません。
本書では、日本企業のあるべき姿を徹底的に分析します。
その道を進めば、日本企業はふたたび世界に誇れるくらい強くなれます。
――デービッド・アトキンソン

■本書の構成■
第1章 実力はあるのに「結果」が出せない日本企業
第2章 「沈みゆく先進国」の企業には共通の課題がある
第3章 日本企業の生産性が低いのは、規模が小さすぎるからだ
第4章 「中小企業を守る」政策が日本企業の首を絞めている
第5章 「低すぎる最低賃金」が企業の競争を歪めている
第6章 日本の「経営者の質」が低いのは制度の弊害だ
第7章 人口減少で「企業の優遇政策」は激変する
第8章 人口減少時代の日本企業の勝算【商品解説】

目次

  • 第1章 実力はあるのに「結果」が出せない日本企業
  • 第2章 「沈みゆく先進国」の企業には共通の課題がある
  • 第3章 日本企業の生産性が低いのは、規模が小さすぎるからだ
  • 第4章 「中小企業を守る」政策が日本企業の首を絞めている
  • 第5章 「低すぎる最低賃金」が企業の競争を歪めている
  • 第6章 日本の「経営者の質」が低いのは制度の弊害だ
  • 第7章 人口減少で「企業の優遇政策」は激変する
  • 第8章 人口減少時代の日本企業の勝算

著者紹介

デービッド・アトキンソン

略歴
〈デービッド・アトキンソン〉1965年イギリス生まれ。小西美術工藝社社長。日本政府観光局特別顧問。「デービッド・アトキンソン新・観光立国論」で山本七平賞、不動産協会賞受賞。他の著書に「日本人の勝算」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いつもながら明確な論旨

2020/05/09 14:10

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:2502 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著「日本人の勝算」から更にバージョンアップして、日本という国の置かれた今の状況、その中での日本企業全般に係る課題と今後の可能性をクリアに描き出した名著。エピソードベースの印象論でなく、エビデンスとなり得るデータだけを丁寧に積み上げて論旨を展開していく著者の姿勢には、いつも感銘を受けます。例をひとつ挙げるとすれば、真骨頂は本著236ページ。「日本は労働市場の流動性が低いとよく言われますが、それを明確に示すデータは見つかっていません。」とのこと。日ごろ日本のメディアなどで目にする一般論(日本の労働市場の流動性は低い)も、鵜呑みにするのではなく、かと言って感覚的に否定・肯定するのでもなく、裏付けが得られなかったことは、それとして保留するという一貫した姿勢は見事です。
本書で「monopsony」という言葉を初めて知りました。今の日本にとっては非常に重要な概念だと思います。甚だ蛇足ながら、そのままの外来語として使うのではなく、明治時代の福沢諭吉みたいに、著者が適切な日本語訳を提案して今の日本の世の中に広めてくれないかな、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/10/02 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/28 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/07/04 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。