サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説研究・書き方の通販
  5. フィルムアート社の通販
  6. 「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を摑み、決して逃さない小説の書き方の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/26
  • 出版社: フィルムアート社
  • サイズ:19cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8459-2105-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を摑み、決して逃さない小説の書き方

著者 レス・エジャートン (著),倉科 顕司 (訳),佐藤 弥生 (訳),茂木 靖枝 (訳)

作品の書き出しに必須の構成要素を取り上げ、カポーティ、カーヴァーなどさまざまな小説や映画を例にとって、要素別に細かく分析。それらの書き出しの優れている理由を具体的に解説す...

もっと見る

「書き出し」で釣りあげろ 1ページ目から読者の心を摑み、決して逃さない小説の書き方

税込 2,200 20pt

「書き出し」で釣りあげろ

税込 2,000 18pt

「書き出し」で釣りあげろ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.0MB
Android EPUB 5.0MB
Win EPUB 5.0MB
Mac EPUB 5.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

作品の書き出しに必須の構成要素を取り上げ、カポーティ、カーヴァーなどさまざまな小説や映画を例にとって、要素別に細かく分析。それらの書き出しの優れている理由を具体的に解説する。避けるべき書き出しも掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

はじまりよければ全てよし!

小説の「書き出し」に特化した唯一無二の物語執筆術、ここに登場。

トルーマン・カポーティ、レイモンド・カーヴァー、ガブリエル・ガルシア゠マルケス、ロバート・A・ハインライン……一流の作家から小説のはじめかたを学べば、もう躓(つまづ)かない!


名作に共通する揺るぎない事実。それは「書き出し」がすぐれている点です。

やっとの思いで書き上げた作品なのに、文学賞に応募しても審査を通過しない、小説投稿サイトでアクセスが伸びない、同人誌を作ったものの手にとってもらえない……もしかしたら大多数の読者や編集者は、最初の数行で読むことを止めてしまっているのかもしれません。

本書では、オープニングシーンを構成する10の要素を細かく分析するだけでなく、レイモンド・カーヴァーやガブリエル・ガルシア゠マルケスといった一流の作家たちによる多種多彩な作品を例に、その書き出しのどこがどのようにすぐれ、なぜ読者を惹きつけるのかを具体的に解説していきます。また、きっかけとなる出来事を作りあげるための詳細な手順や、バックストーリーを詰めこみすぎるといったよくある失敗を避けるコツ、オープニングシーンの適切な長さや場面転換の方法、登場人物の紹介や伏線の張り方に加え、多数の出版エージェントや編集者からのアドバイスも聞くことができます。

名作の書き出しのみを集めた書籍や特集などはあるものの、具体的に何をどう書けば良い作品になるのか、オープニングがどれほど重要な意味を持つのかを詳細に説いた書籍はこれまでありませんでした。本書では、読者が思わず唸る物語の書き出し方について指南する、唯一無二にして絶対的な一冊と言えるでしょう。

書き出しの一文から読者を引き込み、思わず最後まで読んでしまう物語の書き方を伝授した、ありそうでなかった「はじまり」の書き方指南書です。


【読者の心を掴む「書き出し」実例】

「最初の弾丸が胸に当たった瞬間、わたしは娘のことを考えた」
(ハーラン・コーベン『ノー・セカンドチャンス』上巻、山本やよい訳、ランダムハウス講談社、2005年)

「行ってみたら、またしても連中はライオンを裏庭に埋めていた」
(リチャード・ブローティガン「庭はなぜ要るのか」、『芝生の復讐』所収、藤本和子訳、晶文社、1976年)

「『脳死状態です』と医師は言った」
(リチャード・セルツァー「Whither Thou Goest(未)」)

「昨日の夕方、六時のバスがミス・ボビットを轢いた」
(トルーマン・カポーティ「誕生日の子どもたち」、『誕生日の子どもたち』所収、村上春樹訳、文藝春秋、2002年)
…【商品解説】

目次

  • 序文 書き出しはきわめて重要
  • イントロダクション なぜ「書き出し」の本なのか
  • 書き出しの定義
  • 第1章 ストーリー構成とシーン
  • ストーリー構成の進化
  • 現代のストーリー構成
  • シーンの基礎――初級編
  • オープニングシーン対それ以外のシーン

著者紹介

レス・エジャートン

略歴
〈レス・エジャートン〉アメリカ生まれ。作家。短編小説や長編小説だけでなく、エッセイや脚本なども執筆。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

技法という名目で書き殴った著者の感想文のような内容

2022/03/06 20:44

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lila - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は同出版社のアメリカの技法書から得た技法を基準に、こうした本を読んでいます。
その視点から見ると、この本は文学小説寄りであり、著者の感覚的な説明を書き殴っているだけという印象で、具体的手法も論理的・客観的視点もありません。また大半が引用作品の分析や称賛の感想で占められています。
まず原書出版年(コピーライト)は2007年と古く、書き出し表現の否定の基準が「昔々あるところに…」という一昔前の始まり方になっています。またこの本で言う書き出しは、小説の最初の一文または複数段落だけを指しているようで、その辺りの「文章表現の仕方」ばかりです。
書き出しの構成要素は10個提示され、うち4つがどの物語にも必要なもの、残り6つが二次的なものとしていますが、4つは構成上の出来事、6つのほとんどは4つを描くための設定に当たるものと言え、4つの出来事の中で6つの要素を描くと言う方が適切です。しかし「どう描くのか」という具体的な解説はないですし、これらは書き出しに「含むべき要素」という扱いで、どれだけ描くかは書き手次第としています。
共感を呼ぶための主人公の問題の考え方についても客観性に欠けますし、「依存症は多くの読者を共感させる」とありますが、一般人に通じるでしょうか。またそれを物語としてどう発展させていくのかという手法もありません。
全体の構成に関しては、「多くの作家が構成の組み方すら知らない」「古典文学は参考にならない」と言いながら「アリストテレスから変わらない」と言うだけです。アウトラインとして短く箇条書きされてはいますが、「アクションを起こすたびに新たな表層の問題が発生し、核心の問題が明確になっていく」と繰り返しているだけですし、物語の結末の在り方やシーンなどの、物語における他の要素の説明も大雑把です。
メロドラマも誇張表現される事全般を指していて、銃撃やカーチェイスなどの表面的な描写も含むとしており、適切でないです。それに関連して「銃を持っている見知らぬ男より、ヘアアイロンを持って近づいてくる母親の方が怖い」という例を出して、あくまで主人公にとって恐怖となる問題を扱うように書かれており、また多くの引用で出来事に対する主人公の内面の描写が長々と書かれている事から、この本は文学寄りだと分かります。しかしいざドラマ的なシーンの考え方になると「コミュニケーションという形が存在するあらゆるものに目を向けましょう」という雑な説明だけです。
引用作品の多くは、私見では私小説のようなものばかりで、「見せて」おらず「語っている」だけで発展性がありません。そうした引用に対する著者の分析と称賛が長々と書かれている部分が多く、解説がこじつけくさく論理性がない上に、著者自身は使うなと言っている「素晴らしい」といった言葉を自分で繰り返していて、辟易します。
また『テルマ&ルイーズ』の銃殺のシーンを、多くで「きっかけとなる出来事」とされるのは誤りだと著者は言いますが、脚本技法上ではプロット・ポイントとして扱われるもので、そもそも映画を文学小説の視点で分析するのが誤りです。その違いが書かれていない事から著者に脚本技法の知識がない事が窺えますし、作品の解釈の仕方も違っています。しかも銃殺シーンをメロドラマだと言い、「まあ映画ですしね」と映画の表現を見下すような言い回しもあります。
既存作品の分析が多く流し読みしたため見落としている事があるかもしれませんが、全体の構成を踏まえた上で解説されるべき事ばかりですし、結局この本が言いたい事は「既存作品をお手本にしろ」という事に集約されると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。