サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0810-13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/07/12
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/350,24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-622-08535-5
  • 国内送料無料

紙の本

慰安婦問題論新刊

著者 C.サラ・ソー (著),山岡 由美 (訳)

朝鮮人慰安婦問題は、ジェンダー化された構造的暴力。日本のつくりだした植民地経済と、日本と朝鮮の家父長制下で何世紀ものあいだ維持されてきた性文化に検討を加えつつ、慰安婦問題...

もっと見る

慰安婦問題論

税込 4,950 45pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

朝鮮人慰安婦問題は、ジェンダー化された構造的暴力。日本のつくりだした植民地経済と、日本と朝鮮の家父長制下で何世紀ものあいだ維持されてきた性文化に検討を加えつつ、慰安婦問題に人類学の角度から解釈を加える。【「TRC MARC」の商品解説】

この問題が注目された端緒は1991年、金学順らが日本政府を相手に起こした集団訴訟だった。それから30年。元慰安婦らが国家賠償を求め続ける一方で、日本では教科書の記述が変更され、あいちトリエンナーレ2019で平和の少女像展示が一時中止になり、2022年日独首脳会談ではベルリンの少女像の撤去が求められた。1993年の河野談話を継承するとしつつ責任を限定したい日本側と、慰安婦制度は国家犯罪という認識は平行線をたどってきた。
本書は2008年に、韓国人研究者がシカゴ大学出版から英語で刊行した研究書の待望の日本語版である。刊行当時から現在まで慰安婦問題をめぐる基本構図は変わらない。なぜこれほどまでに、問題はこじれたのか。
日本軍の慰安所について、本書はそれを認可業者型、軍専属型、犯罪型に分類し、商業性と犯罪性の濃淡を認めている。公娼か性奴隷かの二元論はこの現実を見てこなかった。そうした論争は問題の核心も看過してきた。それは、慰安婦にされた女性を飲み込んだ女性蔑視・搾取の巨大な濁流、それに日韓双方が国家レベルでも国民レベルでも加担していた事実である。これが本書の問題意識である。
「自らの政治的立場を強める目的で文脈を無視して本書の一部を悪用することのないよう、日本内外の右翼および急進的ナショナリストに注意を促しておく」(「はじめに」より)。曲解を招く危険を自覚しつつ、争いの不毛さを指摘した勇気ある書。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 序――ジェンダー、階級、セクシュアリティ、そして植民地下における労働と帝国主義戦争
  • 第一部 ジェンダーと構造的暴力
  • 第一章 多様な慰安婦像から定型ストーリーへ
  • 第二章 韓国人サバイバーの証言ナラティヴ
  • 第三章 歴史としての日本の軍慰安婦制度
  • 第二部 パブリック・セックスと女性の労働
  • 第四章 慰安婦をめぐる戦後/解放後の公的記憶

著者紹介

C.サラ・ソー

略歴
〈C.サラ・ソー〉ハワイ大学で文化人類学を専攻し博士号を取得。サンフランシスコ州立大学名誉教授(人類学)。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

残酷な出版社

2022/07/14 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の主題とはズレるかもしれないが、みすず書房が出した「スペイン内戦と国際旅団」には弟が国民戦線に投じたので刑務所に放り込まれて囚人達から輪姦された末に「売買春の廃止」のはずのスペイン共和国の軍隊の外人部隊という扱いになっている国際旅団の慰安所に慰安婦として連行されたブルジョワ階級の女性の話しがある。みすず書房は「慰安婦」という言葉は日本軍か、せいぜい同時代のドイツ軍あたりの「専売特許」とでも思っているのか、「街娼」だなどという訳語を使っている。みすず書房は「スペイン内戦と国際旅団」を回収して「街娼」を「慰安婦」と置き換えた版を出さない限り、こんな本を出す資格がない。みすず書房はスペイン共和国と国際旅団を酷評しているビーヴァーの「スペイン内戦」を出しているとは言え、スペイン共和国の慰安婦問題など「大した問題」ではないとでも認識しているとしか思えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。