サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/22

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2023/11/27
  • 出版社: 山川出版社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-634-15240-3

紙の本

北朝天皇研究の最前線

著者 遠藤 珠紀 (編),水野 智之 (編),日本史史料研究会 (監修)

現在の天皇家へ続く皇統にもかかわらず、北朝天皇はなぜ影が薄いのか? 歴代8人の北朝天皇の動向から、100年をゆうに超える北朝天皇の時代を捉えなおし、その政治的役割や存在意...

もっと見る

北朝天皇研究の最前線

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現在の天皇家へ続く皇統にもかかわらず、北朝天皇はなぜ影が薄いのか? 歴代8人の北朝天皇の動向から、100年をゆうに超える北朝天皇の時代を捉えなおし、その政治的役割や存在意義を新たに探る。【「TRC MARC」の商品解説】

天皇を理解するうえで重要な一時代である南北朝期について、戦前における南朝方の評価、戦後の足利尊氏再評価による室町幕府研究の進展をへて、ようやく光があたった北朝天皇の政治的役割や存在意義を捉え直す!


---------------------------------------------
目次
【はじめに】なぜ、いま北朝天皇を取りあげる必要があるのか?
【序  章】本書で登場する8人の「北朝天皇」
      (光厳・光明・崇光・後光厳・後円融・後小松・称光・後花園)
第1部 北朝天皇家の系譜をたどる
【1章 両統迭立の契機】
[執筆]中井裕子
【2章 南北朝の並立―光厳・光明】
[執筆]森 茂暁
【3章 観応の擾乱と正平一統―崇光・後光厳】
[執筆]家永遵嗣
【4章 南北朝合―後円融・後小松】
[執筆]久水俊和
【5章 王統の正統性―称光・後花園】
[執筆]田村 航
第2部 北朝を支えた室町将軍と廷臣
【6章 足利将軍 1.尊氏~義満】
[執筆]水野智之
【7章 足利将軍 2.義持~義政】
[執筆]石原比伊呂
【8章 二条良基】
[執筆]小川剛生
【9章 朝廷の下級官人】
[執筆]遠藤珠紀
第3部 北朝をめぐる諸論点・新視点
【10章 門跡寺院と法親王】
[執筆]生駒哲郎
【11章 天皇家と楽器】
[執筆]三島暁子
【12章 南北朝正閏論】
[執筆]山口道弘


---------------------------------------------
〈編者〉
遠藤 珠紀 (東京大学史料編纂所准教授)
水野 智之 (中部大学教授)

〈監修〉
日本史史料研究会【商品解説】

著者紹介

遠藤 珠紀

略歴
〈遠藤珠紀〉愛知県出身。東京大学史料編纂所准教授。博士(文学)。
〈水野智之〉愛知県出身。中部大学人文学部教授。博士(歴史学)。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

光厳院と「新北朝」

2023/11/30 08:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前はなかった北朝の天皇についてまとまった入門書。江戸時代以来の南朝崇拝で皇統につながるのに影が薄い北朝は戦後も唯物史観による「天皇制批判」では武家は論じても北朝は相変わらずだ。最近は光厳天皇の伝記などは出るようになったが後伏見院の落飾で持明院統の家長になった光厳院の「生臭い」くらいの政治的な役割を過小評価したか見ようとしなかった上で美化しているように見える。この本は持明院統の家長として正平の一統で崇光天皇が廃されるまでの治天の君としての光厳院の役割をもっと書いてほしかった。
 直仁親王は花園院の皇子という事になっていたので正平の一統がなくても直仁親王が光厳院の意思通りに践祚した場合には崇光天皇と栄仁親王と揉めていたかもしれない。直仁親王が尊氏の正室の赤橋登子とつながるので光厳院が室町幕府との関係強化を願った結果とは指摘されていても「室町の天皇」で後円融天皇と足利義満をつなぐ人物として出てくる義満の生母の紀仲子を光厳院が認めて不仲になっていた後光厳天皇の位置づけを認めたとは面白い。正平の一統で落飾した光厳院は終生持明院統の家長という意識があったのだろうか。
 また「神皇正統記」には光明天皇を「元弘偽主の御弟」と書かれていても光厳天皇は後伏見院の院宣によって践祚しているので少なくとも崇光天皇までは南朝でもそれなりの正統性が否定出来なかったように思える。でないと承久の乱での仲恭天皇の廃位と後堀河院の践祚や四条天皇の崩御による後嵯峨院の践祚なども否認しなければならないので南朝自体の正統性を否認してしまう事になる。広義門院の令旨によって践祚した後光厳天皇が「偽主」「偽朝」だと南朝から非難されたとこの本にも書かれている。後光厳朝以降の北朝を「新北朝」と論じた本があるそうだが正平の一統前と後の北朝の位置づけの違いも書いてほしいところだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。