サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2024/02/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-114378-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

僕の神さま (角川文庫)

著者 芦沢 央 (著)

僕たちは何か問題が起きると、同級生の水谷くんに相談する。彼が出す答えに決して間違いはない。だって水谷くんは「神さま」だから…。小学生の日常で起きた「悲劇」が胸をえぐる、残...

もっと見る

僕の神さま (角川文庫)

税込 814 7pt

僕の神さま

税込 814 7pt

僕の神さま

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.1MB
Android EPUB 3.1MB
Win EPUB 3.1MB
Mac EPUB 3.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕たちは何か問題が起きると、同級生の水谷くんに相談する。彼が出す答えに決して間違いはない。だって水谷くんは「神さま」だから…。小学生の日常で起きた「悲劇」が胸をえぐる、残酷で切ない連作ミステリー。〔2020年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

「知ってる? 川上さん、父親に殺されたらしいよ」僕が通う小学校で広がった、少女の死の噂話。川上さんは父親から虐待を受けていたが、協力を得られないまま転校したと聞いていた。しかも彼女の怨念が図書室の「呪いの本」にこめられたという怪談にまで発展する。日常のさまざまな謎を解決し、僕も「神さま」と尊敬する水谷くんは、噂の真相と呪いの正体に迫るが……。ラスト世界が反転する、せつないミステリー。
【商品解説】

目次

  • 第一話 春の作り方      
  • 第二話 夏の「自由」研究   
  • 第三話 作戦会議は秋の秘密  
  • 第四話 冬に真実は伝えない  
  • エピローグ 春休みの答え合わせ 
  • 解説 吉田伸子

収録作品一覧

春の作り方 5−46
夏の「自由」研究 47−142
作戦会議は秋の秘密 143−182

著者紹介

芦沢 央

略歴
1984年東京都生まれ。出版社勤務を経て、2012年『罪の余白』で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞しデビュー。
2023年『夜の道標』で第76回日本推理作家協会賞(長編および短編集部門)を受賞。
他の著作に『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『雨利終活写真館』『バック・ステージ』『貘の耳たぶ』『カインは言わなかった』『汚れた手をそこで拭かない』『神の悪手』がある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

水谷君は人生一体何回目

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

亡くなった祖母が作った桜茶の瓶を落としてしまった少年。
絵具の水が入ったバケツを同級生にかけてしまった少女。
騎馬戦に勝つための作戦に隠されたある秘密。
父親に殺されたと噂される少女。
図書室にあらわれた「呪いの本」。

物語の主役は小学生。
彼らが困ったとき相談するのは親でも先生でもなく「神さま」と呼ばれる同級生の水谷くんという1人の少年だ。
誰も気が付かない、大きなニュースにもならないかもしれない、
けれどその時の自分にとっては世界のすべてと思えるような悩みごとに、水谷君はスマートに向き合って答えを導き出してくれる。
そこまでしたなら「解決編」といわんばかりに披露してもいいのに、水谷君は導き出した答えをけして得意げにひけらかしたりしない。
謎解きが目的ではなく、その謎の底にある悩みに気が付き、慮ってくれるからきっとみんな水谷くんを頼り「神さま」と呼ぶのだろう。
帯には「ホームズに出会ってしまったワトソンの話です」とある。
あのシリーズのように、ぜひこの物語も続きが読みたい。

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

作り上げて…

2024/02/23 18:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ママさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラストではホッとした反面、自分で作り上げてしまっていたのだなぁと、意識の怖さも知りました。素晴らしい作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガツンと考えさせられる

2024/03/15 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amami - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯に付いていた芦沢央さんのコメント「ホームズに出会ってしまったワトソンの話です」に惹かれて読み始めた。
小学生が主人公のミステリー連作短編かと気軽に読み始めたらガツンと考えさせられる。
神さまとみんなに言われ頼られる水沢くんが中学生、高校生とどんな風に成長するのか気になる。シリーズ化してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2024/03/12 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/02 06:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/20 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/16 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/03/22 20:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/01 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/06 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/08 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/10 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/14 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。