サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

スペクトル定量分析

スペクトル定量分析

  • 長谷川 健(著)
  • 1 スペクトル定量分析の前に
    • 1.1 吸収スペクトル測定の基礎
    • 1.2 スペクトル解析の分析化学および分光学での位置
    • 1.3 スペクトル定量解析の応用分野
    • 1.4 本書のスペクトル検量で扱うモデルデータ
  • 2 吸収スペクトル強度の定量的扱い
    • 2.1 Lambert‐Beer則
    • 2.2 多次元空間で考えるスペクトル
  • 3 逆Lambert‐Beer則
    • 3.1 Lambert‐Beer則による定量解析の原理的限界
    • 3.2 濃度のモデル化:画期的な逆Lambert‐Beerモデル
    • 3.3 逆L-B法によるスペクトル検量:ILS回帰法
    • 3.4 逆L-B法の原理的な問題点
    • 3.5 モデルデータでILS法を試す
    • 3.6 波長点数をいかにして減らすか
  • 4 スペクトル情報の主成分
    • 4.1 スペクトル行列の直交ベクトルによる展開
    • 4.2 直交ベクトルによる多次元空間でのプロットの整理
    • 4.3 PCR法によるスペクトル検量の方法
    • 4.4 スペクトル行列の分解はどこまでやるのか?
  • 5 スペクトルと濃度のそれぞれの誤差
    • 5.1 測定誤差・ノイズを改めて考え直そう
    • 5.2 スペクトルと濃度のモデル化:PLS2法
    • 5.3 weight loadingの導入
    • 5.4 PLS法によるスペクトル検量の残りのステップ
    • 5.5 PLSローディングとPCAローディングの関係
    • 5.6 PLS2法での未知試料濃度予測
    • 5.7 検量に使う化学成分が1成分のみのとき:PLS1法
    • 5.8 モデルデータでPLS法を試す
    • 5.9 PLS法とPCR法の類似性と違い
  • 6 スペクトルの前処理
    • 6.1 スペクトルを乱すもの
    • 6.2 差スペクトル法
    • 6.3 二次微分法
    • 6.4 Multiplicative Scattering Correlation(MSC)
    • 6.5 スムージング
    • 6.6 その他ノイズ除去あれこれ
  • 7 反射スペクトルの定量分析
    • 7.1 分析化学で利用される代表的な反射分光法
    • 7.2 実際の反射スペクトル解析
  • 付録 表面光学の基礎
    • A.1 静的誘電率と光学誘電率
    • A.2 スペクトルの本質を表現する複素誘電率
    • A.3 金属の複素誘電率:Drudeのモデル
    • A.4 Fresnelの透過・反射係数
    • A.5 透過率・反射率スペクトル
    • A.6 多層系での透過・反射スペクトル
    • A.7 光学異方性の取り込み

分析化学 ランキング

分析化学のランキングをご紹介します一覧を見る