サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

薬科微生物学 第5版

薬科微生物学 第5版

  • 加藤 文男(編/著)/ 井上 義雄(著)/ 笹津 備規(著)/ 杉田 隆(著)/ 竹内 勤(著)/ 西川 朱實(著/編)/ 野口 雅久(著)/ 三木 健良(著)/ 宮道 慎二(著)/ 山本 友子(著)/ 渡部 一仁(著)/ 池田 玲子(著)
  • 第1章 はじめに
    • 1・1 微生物学とは
    • 1・2 有用微生物と病原微生物
    • 1・3 病原微生物学の歩み
    • 1・4 化学療法の発達
    • 1・5 免疫学の発達
  • 第2章 分類と同定
    • 2・1 細菌,アーキアの分類
    • 2・2 真菌の分類
    • 2・3 酵母の分類
    • 2・4 ウイルスの分類
    • 2・5 バクテリオファージの分類
  • 第3章 形態と機能
    • 3・1 微生物の観察
    • 3・2 細菌細胞の構造および機能
    • 3・3 真菌の形態と微細構造
    • 3・4 ウイルスの形態
  • 第4章 増殖と代謝
    • 4・1 細菌の増殖
    • 4・2 細菌の物質代謝
    • 4・3 真菌の増殖と代謝
    • 4・4 ウイルスの増殖
  • 第5章 遺伝
    • 5・1 遺伝子の本体
    • 5・2 核酸の構造
    • 5・3 遺伝情報
    • 5・4 遺伝情報の転写
    • 5・5 遺伝情報の翻訳
    • 5・6 染色体とプラスミド
    • 5・7 突然変異
    • 5・8 DNA損傷と修復機構
    • 5・9 細菌細胞間での遺伝子の授受
  • 第6章 環境と微生物
    • 6・1 環境におけるエネルギーと栄養素の流れ
    • 6・2 Viable but non‐culturable(培養不能性)細菌
    • 6・3 環境中における微生物の挙動
  • 第7章 感染と感染症
    • 7・1 感染と発病
    • 7・2 感染症と法律
  • 第8章 細菌感染症各論
    • 8・1 グラム陰性通性嫌気性桿菌
    • 8・2 グラム陰性好気性桿菌
    • 8・3 グラム陰性嫌気性桿菌
    • 8・4 グラム陰性球菌
    • 8・5 グラム陽性球菌
    • 8・6 グラム陽性有芽胞桿菌
    • 8・7 グラム陽性無芽胞桿菌
    • 8・8 放線菌と関連微生物群
    • 8・9 マイコプラズマ
    • 8・10 カンピロバクター
    • 8・11 スピロヘータ
    • 8・12 リケッチア
    • 8・13 クラミジア
  • 第9章 真菌感染症各論
    • 9・1 全身性真菌症
    • 9・2 皮下真菌症
    • 9・3 皮膚真菌症
    • 9・4 表在性真菌症
    • 9・5 マイコトキシン
  • 第10章 ウイルス感染症各論
    • 10・1 パポバウイルス科
    • 10・2 アデノウイルス科
    • 10・3 ヘルペスウイルス科
    • 10・4 ポックスウイルス科
    • 10・5 パルボウイルス科
    • 10・6 レオウイルス科
    • 10・7 ピコルナウイルス科
    • 10・8 カリシウイルス科
    • 10・9 ヘペウイルス科
    • 10・10 トガウイルス科
    • 10・11 フラビウイルス科
    • 10・12 コロナウイルス科
    • 10・13 アレナウイルス科
    • 10・14 フィロウイルス科
    • 10・15 ブニヤウイルス科
    • 10・16 オルソミクソウイルス科
    • 10・17 パラミクソウイルス科
    • 10・18 ラブドウイルス科
    • 10・19 レトロウイルス科
    • 10・20 ヘパドナウイルス科
    • 10・21 肝炎ウイルス
    • 10・22 遅発性ウイルス感染症
    • 10・23 プリオン
  • 第11章 原虫・寄生虫感染症
    • 11・1 原虫とは
    • 11・2 寄生虫とは
  • 第12章 免疫
    • 12・1 免疫とは
    • 12・2 免疫系
    • 12・3 抗原
    • 12・4 免疫応答
    • 12・5 抗体
    • 12・6 補体
    • 12・7 抗原抗体反応
    • 12・8 過敏症
    • 12・9 免疫の異常による疾患
    • 12・10 移植免疫
    • 12・11 腫瘍免疫
    • 12・12 免疫賦活薬と免疫抑制薬
    • 12・13 生物由来製品および特定生物由来製品(生物学的製剤)
  • 第13章 化学療法
    • 13・1 化学療法薬の発展
    • 13・2 化学療法薬の分類と種類
    • 13・3 化学療法薬の効果の測定法
    • 13・4 抗菌スペクトル
    • 13・5 化学療法薬の作用機序
    • 13・6 薬剤の薬物動態と薬物力学
    • 13・7 副作用と薬物相互作用
    • 13・8 併用療法
  • 第14章 化学療法薬
    • 14・1 抗菌薬
    • 14・2 抗真菌薬
    • 14・3 抗原虫・抗寄生虫薬
    • 14・4 抗ウイルス薬
    • 14・5 抗悪性腫瘍薬
  • 第15章 薬剤耐性
    • 15・1 化学療法薬に対する薬剤耐性菌とその背景
    • 15・2 薬剤耐性の遺伝的背景
    • 15・3 薬剤耐性プラスミド
    • 15・4 薬剤耐性の生化学的機構
    • 15・5 薬剤耐性菌に対する対策
  • 第16章 滅菌と消毒
    • 16・1 滅菌法と消毒法
    • 16・2 消毒薬
    • 16・3 消毒効果に影響を及ぼす要素
    • 16・4 消毒薬の作用時間と菌数
    • 16・5 院内感染対策と消毒
    • 16・6 微生物試験
  • 第17章 微生物による物質生産
    • 17・1 微生物菌体の利用
    • 17・2 微生物の代謝産物の利用
    • 17・3 微生物の機能の利用
  • 第18章 遺伝子工学
    • 18・1 遺伝子クローン化(クローニング)の原理
    • 18・2 遺伝子クローン化の技術
    • 18・3 染色体遺伝子とcDNAのクローン化
    • 18・4 ポリメラーゼ連鎖反応法(PCR)による遺伝子の増幅
    • 18・5 遺伝子解析の技術
    • 18・6 遺伝子構造の改変
    • 18・7 クローン化された遺伝子の発現とタンパク質の多量生産
    • 18・8 遺伝子組換え技術による医薬品の製造
    • 18・9 ゲノム計画−ゲノムの全塩基配列の決定と機能解析
    • 18・10 遺伝子操作技術を用いた遺伝疾患の病因遺伝子の解析とDNA診断
    • 18・11 遺伝子組換え実験の安全性
    • 付録
    • 索引