サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

ケースブック民事訴訟法 第3版

ケースブック民事訴訟法 第3版 (弘文堂ケースブックシリーズ)

  • 長谷部 由起子(編著)/ 山本 弘(編著)/ 松下 淳一(編著)/ 山本 和彦(編著)/ 笠井 正俊(編著)/ 菱田 雄郷(編著)
  • 第1章 裁判への途
    • 1 審判権の限界
    • 〈基本判例1−1〉最二小判平成元年9月8日
    • 〈基本判例1−2〉最三小判昭和55年1月11日
    • 2 訴訟と非訟
    • 〈基本判例2−1〉最大決昭和40年6月30日
    • 3 民事訴訟と行政訴訟の選択
    • 〈基本判例3−1〉最大判昭和56年12月16日
    • 4 国際裁判管轄
    • 〈基本判例4−1〉最二小判昭和56年10月16日
    • 〈基本判例4−2〉最三小判平成9年11月11日
    • 〈基本判例4−3〉最大判昭和39年3月25日
    • 〈基本判例4−4〉最二小判平成8年6月24日
  • 第2章 訴訟要件
    • 5 法人でない団体の当事者能力
    • 〈基本判例5−1〉最二小判平成14年6月7日
    • 〈基本判例5−2〉最二小判昭和47年6月2日
    • 〈基本判例5−3〉最三小判平成6年5月31日
    • 6 任意的訴訟担当
    • 〈基本判例6−1〉最大判昭和45年11月11日
    • 7 財産管理人の当事者適格
    • 〈基本判例7−1〉最二小判昭和43年5月31日
    • 〈基本判例7−2〉最二小判昭和51年7月19日
    • 〈基本判例7−3〉最一小判昭和47年11月9日
    • 8 債権者代位訴訟
    • 〈基本判例8−1〉大判昭和14年5月16日
    • 9 法人の内部紛争における当事者適格
    • 〈基本判例9−1〉最一小判昭和44年7月10日
    • 10 拡散利益と当事者適格
    • 〈基本判例10−1〉最二小判昭和60年12月20日
    • 11 確認の利益
    • 〈基本判例11−1〉最三小判昭和47年2月15日
    • 〈基本判例11−2〉最一小判平成6年10月13日
    • 〈基本判例11−3〉最一小判昭和31年10月4日
  • 第3章 審判の対象と資料
    • 12 申立事項
    • 〈基本判例12−1〉最一小判昭和46年11月25日
    • 〈基本判例12−2〉最二小判昭和40年9月17日
    • 13 二重起訴の禁止
    • 〈基本判例13−1〉最三小判平成3年12月17日
    • 〈基本判例13−2〉東京高判平成8年4月8日
    • 14 弁論主義
    • 〈基本判例14−1〉最一小判昭和55年2月7日
    • 〈基本判例14−2〉最三小判昭和33年7月8日
    • 〈基本判例14−3〉最三小判昭和46年6月29日
    • 〈基本判例14−4〉最二小判昭和32年5月10日
    • 15 一般条項についての主張・立証
    • 〈基本判例15−1〉最一小判昭和36年4月27日
    • 16 釈明権
    • 〈基本判例16−1〉最二小判昭和39年6月26日
  • 第4章 審理の過程
    • 17 争点整理
    • 18 主張立証の困難な事件における事案解明義務
    • 〈基本判例18−1〉最一小判平成4年10月29日
    • 19 鑑定・専門訴訟
    • 〈基本判例19−1〉最二小判昭和50年10月24日
    • 20 文書提出命令
    • 〈基本判例20−1〉最二小決平成11年11月12日
    • 21 証明妨害
    • 〈基本判例21−1〉東京高判平成3年1月30日
    • 22 民事訴訟における秘密の保護
    • 〈基本判例22−1〉最三小決平成20年11月25日
  • 第5章 判決および訴訟の終了
    • 23 訴訟物の範囲
    • 〈基本判例23−1〉最二小判平成9年3月14日
    • 24 争点効
    • 〈基本判例24−1〉最三小判昭和44年6月24日
    • 〈基本判例24−2〉最一小判昭和51年9月30日
    • 25 基準時後の形成権の行使
    • 〈基本判例25−1〉最一小判昭和55年10月23日
    • 26 基準時後の損害拡大
    • 〈基本判例26−1〉最一小判昭和43年4月11日
    • 〈基本判例26−2〉最一小判昭和61年7月17日
    • 27 一部請求
    • 〈基本判例27−1〉最二小判平成10年6月12日
    • 〈基本判例27−2〉最三小判平成6年11月22日
    • 28 既判力の主観的範囲
    • 〈基本判例28−1〉最一小判昭和48年6月21日
    • 〈基本判例28−2〉大阪高判昭和46年4月8日
    • 29 法人格否認の法理
    • 〈基本判例29−1〉最二小判昭和48年10月26日
    • 〈基本判例29−2〉最一小判昭和53年9月14日
    • 30 判決の反射的効力
    • 〈基本判例30−1〉最一小判昭和51年10月21日
    • 〈基本判例30−2〉最一小判昭和53年3月23日
    • 31 和解
    • 〈基本判例31−1〉最二小判平成12年3月24日
  • 第6章 多数当事者訴訟
    • 32 通常共同訴訟
    • 〈基本判例32−1〉最一小判昭和43年9月12日
    • 33 固有必要的共同訴訟
    • 〈基本判例33−1〉最一小判昭和31年5月10日
    • 〈基本判例33−2〉最一小判昭和57年7月1日
    • 〈基本判例33−3〉最二小判昭和43年3月15日
    • 〈基本判例33−4〉最三小判平成元年3月28日
    • 〈基本判例33−5〉最一小判平成20年7月17日
    • 34 類似必要的共同訴訟
    • 〈基本判例34−1〉最大判平成9年4月2日
    • 〈基本判例34−2〉最二小判平成12年7月7日
    • 35 独立当事者参加
    • 〈基本判例35−1〉最大判昭和42年9月27日
    • 〈基本判例35−2〉東京高判平成13年5月30日
    • 〈基本判例35−3〉最三小判平成6年9月27日
    • 〈基本判例35−4〉最一小判昭和42年2月23日
    • 36 補助参加(その1)…補助参加の利益
    • 〈基本判例36−1〉東京高決平成2年1月16日
    • 〈基本判例36−2〉最一小決平成13年1月30日
    • 37 補助参加(その2)…補助参加人の権限と判決効
    • 〈基本判例37−1〉最一小判昭和45年10月22日
    • 38 訴訟告知の効力
    • 〈基本判例38−1〉最三小判平成14年1月22日
    • 〈基本判例38−2〉仙台高判昭和55年1月28日
    • 39 主観的予備的併合・同時審判申出共同訴訟
    • 〈基本判例39−1〉最二小判昭和43年3月8日
    • 40 訴訟承継
    • 〈基本判例40−1〉最三小判昭和41年3月22日
  • 第7章 上訴・再審
    • 41 上訴の利益
    • 〈基本判例41−1〉最三小判昭和31年4月3日
    • 〈基本判例41−2〉名古屋高裁金沢支部判平成元年1月30日
    • 〈基本判例41−3〉最二小判昭和40年3月19日
    • 42 不利益変更禁止の原則
    • 〈基本判例42−1〉最一小判昭和61年9月4日
    • 〈基本判例42−2〉最二小判平成2年7月20日
    • 43 予備的併合請求と上訴審の審判の範囲
    • 〈基本判例43−1〉最三小判昭和58年3月22日
    • 〈基本判例43−2〉最二小判昭和54年3月16日
    • 44 再審(その1)…確定判決の騙取と再審
    • 〈基本判例44−1〉最三小判昭和44年7月8日
    • 〈基本判例44−2〉最三小判昭和43年2月27日
    • 45 再審(その2)…送達の瑕疵と再審
    • 〈基本判例45−1〉最一小判平成4年9月10日
    • 〈基本判例45−2〉最一小判昭和57年5月27日
  • 第8章 特別な訴訟類型
    • 46 境界確定訴訟
    • 〈基本判例46−1〉最三小判昭和42年12月26日
    • 〈基本判例46−2〉最三小判昭和38年10月15日
    • 〈基本判例45−3〉最三小判平成7年3月7日
    • 〈基本判例46−4〉最一小判昭和46年12月9日