サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

刑事手続の基本問題

刑事手続の基本問題

  • 松田 岳士(著)
  • 第1章 伝聞法則の再構成
    • 第1節 刑事訴訟法320条1項の趣旨説明の再構成
    • 第2節 刑事訴訟法320条以下の諸規定と憲法の関係
    • 第3節 伝聞証拠排除の原則とその例外の関係
    • 第4節 刑事訴訟法326条の「同意」の法的性格
  • 第2章 伝聞証拠排除の原則と刑事手続・刑事訴訟法の基本構造
    • 第1節 伝聞証拠排除の原則と刑事手続の基本構造の関係
    • 第2節 検察官と裁判所の「心証の不継続」と伝聞証拠排除の原則
    • 第3節 伝聞証拠排除の原則と「捜査と公判の関係」
  • 第3章 「おとり捜査」の手続的問題について
    • 第1節 従来の議論状況とその問題点
    • 第2節 「二分説」の生成と展開
    • 第3節 「二分説」に対する批判と修正
    • 第4節 「おとり捜査」の「違法性の実質」論と最高裁平成16年決定
    • 第5節 「おとり捜査」をめぐる手続的問題
  • 第4章 強制処分法定主義について
    • 第1節 問題提起−処分の「本作用」と「副作用」
    • 第2節 「強制の処分」の該当性判断
    • 第3節 「この法律に特別の定のある場合」の該当性判断
    • 第4節 刑事訴訟法197条1項但書の趣旨説明の再構成