サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

スペンサー基礎化学 物質の成り立ちと変わりかた 上

スペンサー基礎化学 物質の成り立ちと変わりかた 上

  • J.N.Spencer(著)/ G.M.Bodner(著)/ L.H.Rickard(著)/ 渡辺 正(訳)
  • 1.元素と物質
    • 1・1 化学とは?
    • 1・2 単体・化合物・混合物
    • 1・3 元素記号
    • 1・4 化学式
    • 1・5 原子が実在する証拠
    • 1・6 化学と測定
    • 1・7 原子のつくり
    • 1・8 原子番号と質量数
    • 1・9 同位体
    • 1・10 原子とイオン
    • 1・11 多原子イオン
    • 1・12 周期表
    • 1・13 マクロ世界・原子世界・記号の世界
    • 1・14 原子の質量
    • 1・15 原子の保存
    • 1・16 化学反応式
    • 1・17 つり合いの確認
  • 2.量と濃度
    • 2・1 モル:マクロ世界と原子世界の橋渡し
    • 2・2 原子の集まりとモル
    • 2・3 モル単位の量と原子数
    • 2・4 分子の集まり
    • 2・5 質量パーセント
    • 2・6 化合物の化学式
    • 2・7 原子・分子と“モル”で見る反応式
    • 2・8 モル比と反応式
    • 2・9 化学量論
    • 2・10 アルコール検知の化学量論
    • 2・11 制限試薬と過剰試薬
    • 2・12 密度
    • 2・13 溶質・溶媒・溶液
    • 2・14 濃度
    • 2・15 体積モル濃度
    • 2・16 溶液の希釈
    • 2・17 溶液の化学量論
  • 3.原子と電子
    • 3・1 ラザフォードの原子モデル
    • 3・2 粒子と波
    • 3・3 電磁波
    • 3・4 原子スペクトル
    • 3・5 光の粒子
    • 3・6 ボーアの原子モデル
    • 3・7 水素原子のエネルギー
    • 3・8 電磁波と色
    • 3・9 第一イオン化エネルギー
    • 3・10 殻モデル
    • 3・11 殻モデルと周期表
    • 3・12 光電子分光と原子のつくり
    • 3・13 光電子分光と電子配置
    • 3・14 量子数と電子の軌道
    • 3・15 軌道でみる殻と副殻
    • 3・16 軌道とパウリの排他原理
    • 3・17 電子配置の予測
    • 3・18 電子配置と周期表
    • 3・19 電子配置とフントの規則
    • 3・20 原子のサイズ:金属半径
    • 3・21 原子のサイズ:共有結合半径
    • 3・22 原子のサイズとイオンのサイズ
    • 3・23 イオン半径と周期表
    • 3・24 第二・第三・第四イオン化エネルギー
    • 3・25 平均価電子エネルギー(AVEE)
    • 3・26 AVEE値と元素の金属性
  • 4.共有結合
    • 4・1 オクテット則と価電子
    • 4・2 ルイス構造
    • 4・3 結合形成:電子の共有
    • 4・4 ルイス構造と結合形成
    • 4・5 分子骨格の描きかた
    • 4・6 ルイス構造の描きかた
    • 4・7 オクテット則の例外
    • 4・8 結合の長さ
    • 4・9 共鳴混成体
    • 4・10 電気陰性度
    • 4・11 部分電荷
    • 4・12 形式電荷
    • 4・13 分子の形と生化学
    • 4・14 分子の形を教える電子ドメインモデル
    • 4・15 分子の形と非結合電子
    • 4・16 結合角
    • 4・17 極性結合・極性分子
    • 4章の発展
    • 4A・1 原子価結合理論
    • 4A・2 混成軌道
    • 4A・3 混成軌道と二重結合
    • 4A・4 分子軌道理論
  • 5.イオン結合と金属結合
    • 5・1 金属・非金属・半金属
    • 5・2 金属の反応活性
    • 5・3 典型元素の金属とイオン
    • 5・4 典型元素の非金属とイオン
    • 5・5 遷移金属とイオン
    • 5・6 色の化学:塗料と顔料
    • 5・7 イオン化合物の化学式
    • 5・8 イオン化合物を生じる反応
    • 5・9 酸化物・過酸化物・超酸化物
    • 5・10 イオン結合
    • 5・11 イオン化合物の構造
    • 5・12 金属結合
    • 5・13 イオン結合・共有結合・金属結合の関係
    • 5・14 結合タイプ三角形の拡張
    • 5・15 結合のタイプ:まとめ
    • 5・16 酸化数
    • 5・17 酸化数の計算
    • 5・18 酸化還元反応
    • 5・19 物質の命名法
  • 6.気体
    • 6・1 温度
    • 6・2 物質の性質としての温度
    • 6・3 物質の状態
    • 6・4 常温で気体の単体や化合物
    • 6・5 気体の性質
    • 6・6 力と圧力
    • 6・7 大気圧
    • 6・8 ボイルの法則
    • 6・9 アモントンの法則
    • 6・10 シャルルの法則
    • 6・11 ゲーリュサックの法則
    • 6・12 アボガドロの仮説
    • 6・13 理想気体の状態方程式
    • 6・14 ドルトンの分圧の法則
    • 6・15 理想気体の計算 その1
    • 6・16 理想気体の計算 その2
    • 6・17 気体分子運動論
    • 6・18 気体分子運動論と気体の法則
    • 6・19 拡散と噴散:グレアムの法則
    • 6章の発展
    • 6A・1 実在気体:ファンデルワールスの状態方程式
    • 6A・2 ファンデルワールス定数の意味
  • 7.化学変化と熱の出入り
    • 7・1 エネルギー
    • 7・2 熱
    • 7・3 熱と分子運動論
    • 7・4 熱容量
    • 7・5 状態量
    • 7・6 熱力学第一法則
    • 7・7 仕事
    • 7・8 系のエンタルピー
    • 7・9 反応エンタルピー
    • 7・10 状態量としてのエンタルピー
    • 7・11 標準反応エンタルピー
    • 7・12 反応エンタルピーの計算
    • 7・13 原子結合エンタルピー
    • 7・14 化学変化と原子結合エンタルピー
    • 7・15 結合の長さと原子結合エンタルピー
    • 7・16 ヘスの法則
    • 7・17 生成エンタルピー
  • 8.液体と溶液
    • 8・1 固体・液体・気体の姿
    • 8・2 分子間力
    • 8・3 分子間力の強さ
    • 8・4 液体の粒子運動論
    • 8・5 液体の蒸気圧
    • 8・6 融点と凝固点
    • 8・7 沸点
    • 8・8 状態図
    • 8・9 水素結合:水の異常性
    • 8・10 溶液:似たものどうし
    • 8・11 親水性分子と疎水性分子
    • 8・12 せっけん・洗剤・ドライクリーニング剤
    • 8・13 固体の溶解
    • 8・14 溶解平衡
    • 8・15 溶けやすい塩・溶けにくい塩
    • 8・16 イオンと化学反応式
    • 8章の発展
    • 8A・1 粒子数だけで決まる性質
    • 8A・2 溶媒の蒸気圧降下
    • 8A・3 沸点上昇
    • 8A・4 凝固点降下
  • 9.固体
    • 9・1 固体の分類
    • 9・2 分子固体と巨大分子固体
    • 9・3 分子固体と巨大分子固体の性質
    • 9・4 金属
    • 9・5 金属の性質
    • 9・6 金属の構造
    • 9・7 金属の構造と配位数
    • 9・8 結晶の単位格子
    • 9・9 固溶体と金属間化合物
    • 9・10 半金属
    • 9・11 イオン固体
    • 9・12 新材料の探索
    • 9・13 粒子間距離の測定
    • 9・14 単位格子の決めかた
    • 9・15 原子とイオンのサイズ計算
    • 9章の発展
    • 9A・1 格子欠陥
    • 9A・2 金属・半導体・絶縁体
    • 9A・3 熱伝導
    • 9A・4 熱膨張
    • 9A・5 ガラスとセラミックス