サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

コメディカルのための薬理学 第2版

コメディカルのための薬理学 第2版

  • 渡邊 泰秀(編集)/ 樋口 マキヱ(編集)
  • 1 薬理学総論
    • 1.1 薬物(医薬品)
    • 1.2 薬理学
    • 1.3 薬物療法の目的
    • 1.4 臨床上の注意事項
    • 1.5 薬物(医薬品)の法令と名称
    • 1.6 薬物の名称
    • 1.7 薬理作用
    • 1.8 薬物の作用機序
    • 1.9 薬物と受容体の結合
    • 1.10 受容体と細胞内情報伝達系
    • 1.11 薬理作用に影響する因子
    • 1.12 薬物の剤形
    • 1.13 薬物の体内動態
    • 1.14 薬物濃度モニタリング
    • 1.15 薬物の適用
    • 1.16 薬物相互作用
    • 1.17 処方の実際
    • 1.18 エイジングと薬物
  • 2 末梢神経系疾患に対する薬物
    • 2.1 末梢神経系の構造と機能
    • 2.2 自律神経と薬物
    • 2.3 運動神経と骨格筋弛緩薬
    • 2.4 知覚神経と局所麻酔薬
  • 3 中枢神経系に作用する薬物
    • 3.1 中枢神経系の構造と生理機能
    • 3.2 神経伝達物質
    • 3.3 全身麻酔薬
    • 3.4 催眠薬
    • 3.5 抗不安薬
    • 3.6 抗精神病薬
    • 3.7 抗うつ薬
    • 3.8 抗躁薬
    • 3.9 抗てんかん薬
    • 3.10 パーキンソン病治療薬
    • 3.11 抗認知症薬
    • 3.12 オピオイド鎮痛薬(麻薬性鎮痛薬)
    • 3.13 アルコール
    • 3.14 中枢興奮薬
  • 4 循環器系疾患に対する薬物
    • 4.1 循環器系概説
    • 4.2 抗不整脈薬
    • 4.3 心不全治療薬
    • 4.4 虚血性心疾患治療薬
    • 4.5 高血圧治療薬
    • 4.6 末梢血管作用薬
  • 5 血液疾患に対する薬物
    • 5.1 血液の生理・機能
    • 5.2 貧血治療薬
    • 5.3 血液凝固・線溶と薬物
    • 5.4 止血薬(凝固促進薬)
    • 5.5 輸血と血液製剤
  • 6 炎症と免疫疾患に対する薬物
    • 6.1 炎症の生理反応とオータコイド
    • 6.2 抗炎症薬
    • 6.3 免疫疾患に対する薬物
  • 7 呼吸器系疾患に対する薬物
    • 7.1 呼吸器系の解剖生理学
    • 7.2 気管支喘息
    • 7.3 鎮咳薬
    • 7.4 去痰薬
    • 7.5 呼吸促進薬
    • 7.6 新生児呼吸窮迫症候群治療薬
  • 8 消化器系疾患に対する薬物
    • 8.1 胃酸分泌調節機構と消化性潰瘍の発生機序
    • 8.2 消化性潰瘍治療薬
    • 8.3 便秘に用いられる薬物
    • 8.4 下痢に用いられる薬物
    • 8.5 制吐薬と催吐薬
  • 9 泌尿器系疾患に対する薬物
    • 9.1 利尿薬
    • 9.2 排尿障害治療薬
  • 10 代謝性疾患に対する薬物
    • 10.1 脂質異常症(高脂血症)治療薬
    • 10.2 糖尿病治療薬
    • 10.3 痛風治療薬
  • 11 内分泌系疾患に対する薬物
    • 11.1 ホルモンの種類
    • 11.2 視床下部ホルモン
    • 11.3 下垂体ホルモン
    • 11.4 甲状腺ホルモン
    • 11.5 副甲状腺ホルモン
    • 11.6 副腎皮質ホルモン
    • 11.7 性ホルモン
    • 11.8 子宮収縮薬
    • 11.9 性機能障害治療薬
    • 11.10 経口避妊薬
  • 12 感染症に対する薬物と消毒薬
    • 12.1 化学療法薬
    • 12.2 感染症の化学療法
    • 12.3 病原微生物の特徴
    • 12.4 抗病原微生物薬の作用機序
    • 12.5 抗病原微生物薬と抗菌スペクトル
    • 12.6 抗菌薬使用の基本
    • 12.7 β−ラクタム系抗生物質
    • 12.8 アミノグリコシド系抗生物質
    • 12.9 マクロライド系抗生物質
    • 12.10 ケトライド系抗生物質
    • 12.11 リンコマイシン系抗生物質
    • 12.12 テトラサイクリン系抗生物質
    • 12.13 多剤耐性菌に有効なその他の抗生物質
    • 12.14 合成抗菌薬
    • 12.15 抗結核薬
    • 12.16 抗真菌薬
    • 12.17 抗原虫薬
    • 12.18 抗ウイルス薬
    • 12.19 消毒薬・殺菌薬
  • 13 悪性腫瘍に対する薬物
    • 13.1 がんの化学療法
    • 13.2 細胞周期阻害薬
    • 13.3 細胞周期阻害薬の分類と作用機序
    • 13.4 細胞周期阻害薬の副作用と対処法
    • 13.5 分子標的治療薬
    • 13.6 サイトカインと免疫賦活薬
  • 14 中毒に対する薬物
    • 14.1 中毒起因物質
    • 14.2 毒物の排除促進
    • 14.3 解毒薬
    • 14.4 重金属と重金属拮抗薬
    • 14.5 有機リン剤(農薬)中毒
    • 14.6 特異的拮抗薬・解毒薬
    • 14.7 有毒ガス中毒
    • 14.8 食中毒
  • 15 漢方薬の基本
    • 15.1 漢方薬とは
    • 15.2 生薬とは
    • 15.3 漢方薬と西洋薬の違い
    • 15.4 「証」の考え方
    • 15.5 漢方医学における診断方法
    • 15.6 漢方薬の副作用
    • 15.7 漢方医学の長所と限界
  • 16 診断薬・検査薬と医薬品開発
    • 16.1 診断薬と検査薬
    • 16.2 医薬品の開発