サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

有機反応論

有機反応論

  • 奥山 格(著)
  • 1.有機反応機構の考え方
    • 1・1 反応機構の種類
    • 1・2 巻矢印による反応の表し方と反応機構の提案
    • 1・3 反応機構の検証
  • 2.分子軌道と軌道相互作用
    • 2・1 化学結合の軌道モデル
    • 2・2 共役系
    • 2・3 芳香族性と反芳香族性
    • 2・4 反応における軌道相互作用
  • 3.非共有結合性の相互作用
    • 3・1 分子ひずみ
    • 3・2 立体電子効果
    • 3・3 安定性と燃焼熱
    • 3・4 分子間相互作用
  • 4.酸と塩基
    • 4・1 BrønstedとLewisの酸・塩基
    • 4・2 酸性度と塩基性度
    • 4・3 酸性度を決める因子
    • 4・4 有機塩基
    • 4・5 カルボアニオン
    • 4・6 カルボカチオン
    • 4・7 強酸性媒質の酸強度
    • 4・8 超強酸
    • 4・9 Lewis酸・塩基のHSAB原理
  • 5.反応のエネルギーと反応速度
    • 5・1 反応系のポテンシャルエネルギー
    • 5・2 反応地図
    • 5・3 ポテンシャルエネルギー曲線の交差モデル
    • 5・4 平衡と反応速度
    • 5・5 反応速度則
  • 6.活性化パラメーターと反応速度同位体効果
    • 6・1 活性化パラメーター
    • 6・2 反応速度同位体効果
  • 7.置換基効果と反応性パラメーター
    • 7・1 Hammett則
    • 7・2 置換基定数の多様性
    • 7・3 飽和系の置換基定数
    • 7・4 置換基効果と反応機構
    • 7・5 求核性と求電子性
  • 8.溶媒効果
    • 8・1 有機反応に対する溶媒効果
    • 8・2 溶媒和と溶液の構造
    • 8・3 溶媒の種類
    • 8・4 ソルバトクロミズム
    • 8・5 溶媒パラメーター
    • 8・6 溶媒による反応機構の変動
  • 9.触媒反応の考え方とカルボニル化合物の反応:有機分子触媒への展開
    • 9・1 触媒作用
    • 9・2 酸塩基触媒反応
    • 9・3 カルボニル化合物の酸塩基触媒反応
    • 9・4 求核触媒
    • 9・5 イミンを中間体とする触媒反応
    • 9・6 有機分子触媒:有機合成における展開
  • 10.求電子性基質と求核性基質の極性反応
    • 10・1 カルボニル化合物の求核付加反応
    • 10・2 脂肪族求核置換反応と脱離反応
    • 10・3 求核性炭素基質
    • 10・4 エノラートとエノラート等価体
    • 10・5 反応選択性とHSAB原理
  • 11.ラジカルの反応
    • 11・1 ラジカルの生成
    • 11・2 ラジカル連鎖反応
    • 11・3 分子内ラジカル反応
    • 11・4 電子移動によるラジカルの生成と反応
    • 11・5 一電子移動のエネルギーと速度
    • 11・6 電子移動反応と極性反応
  • 12.ペリ環状反応
    • 12・1 ペリ環状反応の種類
    • 12・2 付加環化反応
    • 12・3 電子環状反応
    • 12・4 シグマトロピー転位
    • 12・5 電子不足原子を含む1,2転位
  • 13.有機金属の化学
    • 13・1 遷移金属錯体
    • 13・2 金属錯体の結合
    • 13・3 有機金属反応の種類
    • 13・4 有用な有機金属反応