サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

目次

伊藤博文文書 影印 1第97巻 秘書類纂兵政 3

伊藤博文文書 影印 1第97巻 秘書類纂兵政 3

  • 伊藤博文文書研究会(監修)/ 檜山 幸夫(総編集)/ 柏木 一朗(編集・解題)
  • 一 兵器弾薬費並砲兵両工廠興業費等別途御下付の議伺
    • 一−1 兵器弾薬費并砲兵両工廠興業費等別途御下付の議に付伺 西郷従道 三条実美宛 明治一八年一月一三日
    • 一−2 兵器弾薬製造費明細帳 明治一八年一月
  • 二 侍中武官条例及侍中武官服務規則の件
    • 二−1 欧州各国宮中侍中武官の組織及職制調査に関し報告の件 桂太郎・川上操六 大山巌宛 明治一八年六月
    • 二−2 侍中武官条例
    • 二−3 侍中武官服務規則
    • 二−4 独逸国宮儀抜萃
    • 二−5 澳国軍務内局摘要
    • 二−6 魯国皇帝陛下大本営に係る法令
    • 二−7 伊国侍中武官階級及定員
  • 三 現役軍人の定義及現役軍人選挙権に関し回答の件 桂太郎
  • 四 海防水雷布設費別途御下付の義上請
    • 四−1 海防水雷布設費別途御下付の義上請 川村純義 三条実美宛 明治一八年五月二八日
    • 四−2 軍艦製造費の義に付上申 川村純義 三条実美宛 明治一八年
  • 五 陸軍経費定額削減し能わざる理由
    • 五−1 陸軍経費定額削減し能わざる理由 大山巌 明治一八年一〇月
    • 五−2 陸海軍整備に関する沙汰書 三条実美 諸省卿宛 明治一五年一二月二五日
    • 五−3 各庁の経費節略に関する沙汰書 三条実美 諸省卿宛 明治一五年一二月二五日
    • 五−4 軍備皇張の予算に関する沙汰書 三条実美 陸軍省宛 明治一五年一二月三〇日
    • 五−5 軍備皇張の予算に関する沙汰書 三条実美 陸軍省宛 明治一六年一月二二日
    • 五−6 軍備皇張の予算増加に関する沙汰書 三条実美 陸軍省宛 明治一六年五月三〇日
    • 五−7 陸軍部内節倹の内諭 大山巌 明治一六年六月一五日
  • 六 軍備皇張費取調書
    • 六−1 軍備皇張費取調書
    • 六−2 軍備皇張費取調諸表
  • 七 通常経費取調書
    • 七−1 通常経費取調書
    • 七−2 通常経費取調諸表
  • 八 長崎港防禦砲台建築費別途御下渡の儀伺
    • 八−1 長崎港防禦砲台建築費別途御下渡の儀に付伺 大山巌 三条実美宛 明治一八年四月二九日
    • 八−2 長崎港口砲台建築費概計
  • 九 下ノ関海峡防禦砲台建築の儀に付伺
    • 九−1 下ノ関海峡防禦砲台建築の儀に付伺 大山巌 三条実美宛 明治一八年五月二一日
    • 九−2 下ノ関海峡防禦砲台建築并砲煩買収及据付費概計
  • 一〇 村田銃製造費繰上御渡相成度義に付伺
    • 一〇−1 村田銃製造費繰上御渡相成度義に付伺 大山巌 三条実美宛 明治一八年三月一九日
    • 一〇−2 村田銃製造費概計
  • 一一 対州防禦線調査復命書 神宮司純粋 大山巌宛 明治一九年一一月
  • 一二 対州防禦中海軍の負担に係る事業の入費下付の件
    • 一二−1 対州防禦中海軍の負担に係る事業の入費下附相成度件 大山巌 伊藤博文宛 明治一九年一月一九日
    • 一二−2 来島海峡の図、芸予海峡総図、圭例瀬戸の図、花繰瀬戸の図、大久野島海峡の図
    • 一二−3 対馬図(竹敷港・阿曽湾)
    • 一二−4 対州方面海防水雷予算
  • 一三 海軍防禦意見
    • 一三−1 海岸防備一覧表
    • 一三−2 海岸防禦意見一覧表
    • 一三−3 海岸防禦意見