サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • 序章 複数の憲法,複数の憲法学
    • 1 戦後日本と憲法
    • 2 戦後憲法と憲法学
  • Ⅰ 憲法学の変容
  • 第1章 危機の共和国と新しい憲法学
    • 1 危機と憲法学
    • 2 政治的単一体の体系とその動揺
    • 3 流転する秩序
    • 4 「憲法」という分析視角
  • 第2章 国家論の時代の終焉?
    • 1 はじめに
    • 2 戦後ドイツにおける国法学の展開
    • 3 国家論の衰退が意味するもの
    • 4 「ふたつの戦後社会」の距離
  • 第3章 「政治」の行方
    • 1 戦後憲法学の出発
    • 2 戦後ドイツ憲法学と「政治」
    • 3 再び日本へ
  • 第4章 国家学の最後の光芒?
    • 1 立憲君主政からの離脱
    • 2 国家理論の刷新
    • 3 憲法理論の場所
    • 4 国家学としての憲法学?
  • 第5章 国家理論からデモクラシー理論へ?
    • 1 はじめに
    • 2 「国家」
    • 3 「憲法」
    • 4 「デモクラシー」
    • 5 おわりに
  • Ⅱ デモクラシーの諸相
  • 第6章 議会制論の現在
    • 1 議会の世紀の終わり?
    • 2 「原理」への希求
    • 3 諸権力の分節の中の議会
    • 4 コードの乱立の中で
  • 第7章 政治過程における自由と公共
    • 1 公共性の配分
    • 2 公共なき憲法論?
    • 3 近代的思惟の行方
  • 第8章 政党法制
    • 1 はじめに
    • 2 問題の諸次元
    • 3 政党の憲法上の地位
    • 4 秩序モデルの探究
    • 5 おわりに
  • 第9章 憲法原理としての民主政
    • 1 設問の変容
    • 2 「型」としての民主政原理
    • 3 日本への示唆
  • Ⅲ 多層的秩序の憲法理論
  • 第10章 連邦と憲法理論
    • 1 連邦国家をめぐる問い
    • 2 連邦と法学的国家論
    • 3 連邦と新しい憲法理論
    • 4 連邦国家論の行方
  • 第11章 EUと憲法理論
    • 1 はじめに
    • 2 国家か憲法か
    • 3 理論と解釈
    • 4 連邦と多層的システム
    • 5 ヨーロッパと民主政
    • 6 おわりに
  • 第12章 連邦・自治・デモクラシー
    • 1 本章の主題
    • 2 国家論の中の連邦と自治
    • 3 多層システムの中の連邦と自治
    • 4 多層的デモクラシーと憲法学
  • Ⅳ 日本憲法学の行方
  • 第13章 戦後憲法学と憲法理論
    • 1 はじめに
    • 2 立憲主義憲法学の黄昏?
    • 3 戦後ドイツ憲法学の変容
    • 4 戦後憲法学を超えて
    • 5 結びに代えて
  • 第14章 憲法秩序における団体
    • 1 本章の課題
    • 2 自由と秩序
    • 3 「憲法」と「立憲主義」
    • 4 自由の諸条件と憲法
    • 5 憲法学の可能性
  • 第15章 論拠としての「近代」
    • 1 主題
    • 2 議論の磁場
    • 3 リュート判決再訪
    • 4 日本憲法学の「近代」
  • 第16章 「国家教会法」と「宗教憲法」の間
    • 1 政教分離原則の動揺?
    • 2 制度・共同体・個人
    • 3 結びに代えて
  • 終章 戦後憲法を超えて
    • 1 ふたつの戦後憲法と憲法学
    • 2 戦後憲法を超えるために