サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

hontoレビュー

月ノ森の真弓子

月ノ森の真弓子 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2014/07/22 16:48

投稿元:ブクログ

真弓子の一夏の物語。不思議なことがいくつか起こって、それらが一体何だったのか何の説明もされていなくて、読んでいるときはその投げっぱなし感が気になってしょうがなかったんですけど、読み終わった後には何故だかほっこりしてしまいました。不思議です。

2014/09/18 17:25

投稿元:ブクログ

叔父と月の森に来た真弓子。真弓子達の日常の中に少し不思議な事がちらほらと。
代理母とか亜久理の兄とか設定がいっぱい出てくるんだけど、特にその後の描写もないまま散在して消化不良な印象。
装画:小沢さかえ

2017/02/13 21:20

投稿元:ブクログ

半分ファンタジー的で、過去でも未来でもありそうな、日本と思われる田舎の話。
なんか、文体は合うので読めるけど、面白さはよくわからない。
うん。
なんだろうな。
現実的なのにファンタジー的という(月ノ森の話ではなくて、世界観が)ことで、なんか作者には世界があるんだろうなーとは思うのだが、読者的に読み取れるのは書いてあることだけなのでなんか熱量が合わない。
同じ世界観の別の話とかあったりするのだろうか。いや、なさそうだなぁ。

2014/10/26 08:31

投稿元:ブクログ

幻想的でファンタジックな装丁の表紙が印象的だが、近未来の東北を舞台にした311以降の再生の物語。登場人物それぞれが抱える悩み・挫折・コンプレックス…それらにそこはかと絡まる不思議なできごと。
ファンタジーとか怪異小説という単純なくくりではなく、311を強く意識した押しつけがまさもない。簡易投稿SNSに書きこまれた"妹ネタ"など、現代的なエッセンスもあるが、世俗的になることもない。少し切ないところもあるが、終始品の良い優しい空気が漂っている、この世界観は作者の持ち味なのだろう。他の作品も読んでみたい。
東北弁がよかったな~。

2014/09/12 15:57

投稿元:ブクログ

近未来の東北の、とある地域で繰り広げられる人々の日常。同作者の「狂書伝」もそうだったけど、この物語も主人公が誰なのかハッキリせず、焦点がぶれてとっ散らかった印象が否めない。まぁ地方の町のスローライフ的な群像劇だと思えば、食事や自然描写などホンワカして良く書けているので受け入れやすいかな。でも唐突に、中途半端に、超自然的なファンタジー現象が混じるので、結局何を目指してるのか理解不能な点も。。。

5 件中 1 件~ 5 件を表示