サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 写真集
  4. RIO
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

RIO

RIO みんなのレビュー

写真集

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/09/30 20:01

投稿元:ブクログ

光が輝いていても、高野さんの写真ってあまり眩しい感じがしない。それどころか、曇り空を含めた構図なんかが逆に印象的に感じられるような写真だったりする。そして、リオを撮っているので、もちろん、そこの空気を伝えるものだったりするのだけれど、この場合、写真家としての高野寛さんのヴィジョンとシャッターを押す感覚が創作的なのが、アウトプットされた写真たちをみてみるとよくわかる。撮り手の意図と、被写体となった空間がみせるそのときの表情が、こういう形でマッチングしたのだな、というように楽しめる。そこには、たぶんに、高野さんのクリエイティブ運として、他の人には出合えない面白いシーンとめぐりあい、そこでちょちょいと高野さんの感覚がぶつかりあって、出来あがっている写真たちのような気さえする。いや、目ざとく、僕らだったら気がつかなかったり、流してしまうようなシーンを、拾い上げるフィルターを持っていて、そこでその素材を料理しているのかもしれない。総じていえば、そんなクリエイティビティを感じさせながら、いたずらっぽいポップさがうかがる写真集だった。
エッセイのほうは、おもに、ブラジルと高野さんの付き合いってこうこう、こういう感じなんだ、というのと、ブラジル、ひいてはリオってこういうところでこういう人たちがいるんだ、という紹介といった内容だった。淡々として抑制の効いたクセのない文章で、そのおかげで伝えようとされていることが、ストレートに伝わりやすくなっているように読み受けた。

1 件中 1 件~ 1 件を表示