サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.5

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

2014/09/25 16:09

投稿元:ブクログ

 世の中成功している人は、何もかも自分の行動により生み出していて周囲の意見はほとんど聞かず、いや自分に対して都合の良い意見は盗み、周りをイエスマンばかりはべらかせ大手を振って歩いている人だと思っていたが、これほど自らを抑え周囲の意見を取り入れ皆で成功を分かち合おうという人がいたのは予想外だった。

 本にも人柄がにじみ出ており、この手の本は反感的要素を持たされるのだが、気持ちよく読み進められいろいろと参考になることも多かった。

 ひとことで言える企画と言えない企画どちらが良いか
 企画は実際にできあがるCMと同じ面白さが要
 広告は多少マンネリでもおなじみの存在になれば良い
 才能がないなら周りに見せ反応、意見を取り入れる


  トヨタ自動車 こども店長
  サントリー ボス 宇宙人ジョーンズ
  コカコーラ ジョージア 明日があるさ
  フジフィルム お正月を写そう
  JX日鉱日石エネルギー エネゴリくん
  タウンページ 良純さんがいく
  ダイハツ工業 日本のどこかで
  トヨタ自動車 ReBorn
  
 

2014/08/18 09:58

投稿元:ブクログ

BOSSの宇宙人や、ReBornを作った福里さんのアイディアの構築方法、プレゼン方法など。かたく書いてあるわけではなく、やわらかく書いていてわかりやすい。本人はプレゼンがうまくないと書いてあるが、一度仕事をさせていただいた時、プレゼンもなかなかうまかったと思う。カンタンに書いているが裏には相当な努力があるのだと思うが。

2014/11/16 22:13

投稿元:ブクログ

⑴この本を手にとった理由
「困っている人のためのアイデアとプレゼンの本」というタイトルにひかれて読みました。
⑵感想
実用本にある「この人が言いたいことはこれです」とは書かれておらず、ただ著者の考えが淡々と描かれております。でもなんでしょう、この本にはすごい引き込まれました。文章がすごく肌に心地よく、一気に読んでしまいました。
⑶こういう人におすすめ
タイトル通り、企画の人は読むべきだと思います。

2015/08/06 18:59

投稿元:ブクログ

206

ひと言でいえる企画はよい企画





筆者が自分で述べているように、どこまでもはてしなく暗く卑屈。そこが気になって楽しめなかったけど、CMプランナーになりたい人には良い本かもしれない

2014/11/08 18:35

投稿元:ブクログ

クリエイタータイプとノンクリエイタータイプ
に納得。

企画で一番大事なのは、考える時間をとること。
やっているようで、しっかりできていないなと
反省。

2014/08/19 22:47

投稿元:ブクログ

旅行先で見つけた本です。
あまり買わない企画立案の書籍ですが、タイトルが排他的でなかったので手にとってみようと思えました。

サントリーBOSS『宇宙人ジョーンズ』、トヨタ自動車『こども店長』、富士フィルム『フジカラーのお店』など、数々の有名なCMを手がけたCMプランナー 福里真一が、自身の仕事術を語る。
自称「電柱の陰から見てるタイプ」の福里氏は、いかにして爆発的ヒットとなった親しみのわくCMを生み出したのか。
天才的なアイディアを生み出せなくてもいいじゃないか、自分はそんな人間じゃないのだから、できることを一生懸命やろう。
本を手にとった人の胸にすっと入り込む素朴なメッセージがぎゅっと詰まった一冊。

「これを読めばあなたも今すぐクリエイティブな企画マンに!」とか帯がついているビジネス書籍とは一線を画した本です。
どちらかというと自己啓発に近いイメージで、なおかつ対象が、人とのコミニュケーションが苦手で…とか、どちらかというと暗い性格が災いしてると思うとか、自分で思っているような内向的な方です。
この人本当に企画部で働いてるんだよな、と疑問に思うくらい腰の低い文章がつらつらと並んでいます。
しかし、仕事に対しての静かな情熱は確固としていますね。
できることをきっちりやる意識が確立させた
上で、等身大の仕事のこなし方を肯定してくれます。
読んでいるだけで元気が出る、やさしさの詰まった本でした。

2014/06/23 10:32

投稿元:ブクログ

肩の力抜きすぎ本。幼稚園と小学校の自分の図解には脱力したが、考えてみたら、そう言う人だから、客観的に人や世間の流行を見極められるのかも。

2014/08/25 21:20

投稿元:ブクログ

結局、物を作る人は皆、ゼロから物を作ることはできないって、言う。

もっとインプット増やさなきゃ

2015/08/23 01:55

投稿元:ブクログ

指南書って意識高すぎて読んでて疲れるんだけど、あまり難しく考えずに自分のできる範囲で企画考えれば良いんだなと思えた。
CMプランナーになりたくてもなれない人、自分の考えに絶対的な自信持ってるプランナーが数多くいる中、こんだけ謙遜してるプランナーが存在するのか…と思ってしまった。天才肌なんだろうな〜

9 件中 1 件~ 9 件を表示