サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍

比較文化は面白い

2015/05/06 10:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて一気に読みました。表情が生き生きと可愛い絵もいいです。アフガニスタンの結婚式DVD鑑賞ネタには笑いました。

食文化の違いは、深いですね。生野菜は健康にいい!、熱いものを食べると虫歯ができる!など、国によって考え方が大きく異なります。ただ、その国の人を前にして、食文化を貶すのは厳禁ですね。

外国に行って一番戸惑うのは、笑いのツボ、自慢のツボの違いでしょうか。これも、各国の歴史文化が深く関わるので。

比較文化の面白さを味わえる一冊で、お勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/25 00:14

投稿元:ブクログ

日本文化と世界文化のカルチャーショックを起こしそうな違いについての本。
日本の不良は優しいらしい(少なくともドイツとくらべて)。まあ、ヤクザがハロウィンの日に子どもにお菓子を配るような国ですしね(それはそれで賛否両論ですが)。
驚いたのが、サウジアラビアなどのイスラム文化の国において、肌を隠している女性は、実はベールの下はバッチリメイクだとのこと(ドイツ人は逆にめったに化粧をしないらしい)。まあ、日本人でも見えないのに下着のデザインにこだわる人もいるしね。なお、街中では肌を隠している女性もSNSではフルメイクですごいはでなミニスカートで胸の広く開いた服を着た自分の写真を載せてることが多いんだとか。それってOKなのか。
後、ドイツでは法律で赤ちゃんの名前を見たら性別が分かるようにということが決められているらしい。日本みたいに中性的な名前はNGなんだとか。自分が好きな漫画に、女の子っぽい見た目の男の子が名前がどっちでも通じるような名前だったばかりに女の子と勘違いされるという漫画があるのだけど、こういう漫画は受け入れがたいのだろうか。

2015/10/20 21:27

投稿元:ブクログ

サンドラさんの視点は、いつも公平を心がけているのに面白エピソードになっていて、とても好感が持てる。
この本は漫画と文章のバランスが素晴らしくてどんどん読んでしまった。

2014/12/04 20:03

投稿元:ブクログ

サンドラさんがドイツ人ハーフなのでドイツネタ中心かと思ったら多国籍なネタばかりでした。

その場にいない外国人(国)の話よりドイツに詳しいサンドラさんのヨーロッパ中心のネタの方がよかったと思う。

2014/08/30 19:26

投稿元:ブクログ

満員電車、マスク姿、通りの名前、日焼け、料理、美人、口グセ、自慢のツボ、褒め言葉、肩こり冷え性、迷信。

相対化すると見えてくるもの。

2014/09/06 17:08

投稿元:ブクログ

 日本の話と外国の話をしながら、文化の違いについて、軽妙なタッチで語っているコミックエッセイである。
 幅広い国々について触れているのが特徴であり、どうも欧米圏に偏りがちな傾向を念頭に置いていたようで(そのへんは後書きに記述がある)、本当に様々な国の文化について取り上げていて興味深い。
 しかしその反面、何か一つをしっかり掘り起こしたという実感は薄いので、その点では善し悪しがあるかな。Yahoo!ニュースについての記事や演歌についての記事などは、この形式を存分に活かした内容だと思う。

 非常に楽しい読書だったが、それだけに、このコンビである特定の国や地域を主題にしてコミックエッセイシリーズを書いていただければ、と思う。

2015/06/20 10:36

投稿元:ブクログ

主に北EU圏の人々(偶にイラン・インドなど)が日本の文物に思うこと。あるいは各国の軽い文化紹介。さらっと読めて、なかなか表面化しにくい差異などもハーフの視点からわかりやすく描かれている。流水りんこ先生の濃いめの絵柄がベストマッチング。面白かった。(手放した)

7 件中 1 件~ 7 件を表示