サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

パノラマ島綺譚(角川ホラー文庫)

パノラマ島綺譚 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.7

評価内訳

22 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

少し難しい。でも面白い。

2016/01/29 22:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんにちは。高校1年の私にとって、正直な感想を述べさせていただくと、物語の中盤のあたりでは少し眠たく感じました。廣介の芸術に対する思いが事細かに表現されていて、そこがこの作品の面白いところでもあるのでしょうが、私は少し苦手でした。ですが、後半にかけてそういった描写に比べて会話文も多くなり、読みやすく、楽しめました。最後の最後に衝撃の結末も合わさって、なんとも名状しがたい気分になりました。より深く物語を理解したいため繰り返し読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/12 22:49

投稿元:ブクログ

売れないもの書きの廣介は極貧生活ながら独特の理想郷を夢想し続けていました。
彼はある日、学生時代の同窓生で自分と容姿が酷似していた大富豪の菰田が病死した事を知り、自分がその菰田になりすまして理想郷を作る事を思いつきます。
荒唐無稽な企みは意外にも順調に進んでいくのですが、妻には彼が偽物である事を感付かれてしまいます。
廣介の妄想への飽くなき執念が怖いです。
本書の結末は強烈です。

2014/12/21 23:32

投稿元:ブクログ

◎パノラマ島奇譚
思っていたよりミステリー要素が薄かった。
解説での引用で乱歩自身も言っているように、まさしく冒頭の入れ替わりは面白かったが、島そのものの描写はやや退屈だった。
しかし終わり方にほどよく薄気味悪い余韻があって良かった。
ようやく乱歩の方を読み終わったので、丸尾版に手を付けてみたい。

◎石榴
表題からして酷い殺され方なんだろうと思ったら正しくだった。
裏の裏の裏をかく小説だが、比較的見当の付きやすい内容でプチ探偵気分を味わえて楽しかった。
テンポも良くて読みやすく、先が気になる展開でスルッと読めた。
最後のどんでん返しも面白い。

2009/06/27 18:49

投稿元:ブクログ

『パノラマ島綺譚』はパノラマ島の描写がすごく細かくて、想像するだけですごく美しい場所なんだろうなぁ。と思った。でも、最後があまりにもあっけなくて残念…それとも最初から廣介は決めてたんだろうか?
もう一つの『柘榴』はミステリーなんだけど、その内容より硫酸で溶けた顔を柘榴に見立てるのにすごく惹かれました。美しいなぁ…

2009/12/19 10:44

投稿元:ブクログ

表現が長ったらしくて読むのが面倒でした。
海藻の描写にはちょっとうんざり。

オチだけはインパクトがあります。

2010/09/07 10:57

投稿元:ブクログ

江戸川乱歩の「パノラマ島綺譚」、夢野久作の「ドグラ・マグラ」。
「乱歩と久作を読まずに歳をとってはいけません」の松岡正剛氏の言葉に魅かれてこの本を手にしました。

江戸川乱歩の作品はかなり読んできましたが「パノラマ島綺譚」は読んでいませんでした。

人見廣介の妄想し続けてた理想郷を作るための荒唐無稽な企み。
狂気じみた世界観。妄想への人の執念は恐ろしく、かとて人は誰しも妄想するものであり。薄気味悪くも話に引きずり込まれる自分がいるわけで。

ミステリーとしてのストーリー自体もなかなか面白いのですが、主人公の妄想への飽くなき執念。そこに注目するとさらに面白さが感じれると思います。

2010/04/06 19:07

投稿元:ブクログ

アートって、きっと人間の業とか、そういうどろどろしたどす黒いもんから発せられる表現なんだと、江戸川乱歩の作品を読むと感じる。
作品中で描かれる狂人や偏った性癖のある人などの特徴は、探せば僕らのこころの中にもきっとあるのだろうと思う。

この本には

「パノラマ島奇譚」
「石榴」

の二作品が収録されている。
そのどちうらもが、類稀な、江戸川乱歩作品ならではの風合いと感触を持っている。
まるで見てくれがとても綺麗で小さくてとてもかわいいが、口に入れて咀嚼するとなんとも醜悪な味や匂いを発するお菓子か何かのような感じがするのだ。

世にも恐ろしい犯罪や兇行は、たった一人の人間のこころのなかに潜む美意識や欲望であったりするのだろう、とそういうことをまざまざと覚えさせられる。

江戸川乱歩はやっぱり天才だ。
そして狂人であると思う。
そういう意味で唯一無二の才能だ。

更に恐ろしいのは、言葉選びや、感じや、劇中の人物の喋り方や服がやはりどことなく古めかしいのにも関わらず、ストーリーの内容が新鮮であると言うことだ。
驚くなかれ、この「パノラマ島奇譚」は大正時代に発表された文章なのだ。
更にまるで美しいタイムカプセルか何かのような感じもある。

本当に江戸川乱歩は美しい小説家であると思う。

2010/04/17 13:06

投稿元:ブクログ

一人の貧乏書生が、自分と瓜二つの学友が死んだ知らせを聞き
彼になりすましてその莫大な財産を手に入れようと企む
巧妙な手口でその友人の妻を含む周囲の人を欺くと、小さな島を手に入れる
そこに彼の長年の理想であった自然美にも勝る人工自然、狂気に満たされたパノラマを作り上げる
誰にも偽者であることを感づかれない自信があったが、唯一の不安点は妻だった
長年連れ添った妻を欺けるかどうか 妻とは距離をおいていた
だが知らず内に妻を愛してしまっていた
しかし完成間近で妻に彼が偽物であることが感付かれてしまう
妻をやむなく殺すことを決意
愛する妻をパノラマ島に案内する
美しく狂った世界の中でたった2人
愛しく美しい妻の首を静かに絞める
彼の楽園を脅かすものはいなくなったかに思えたが、
予期せぬところに昔の自分の影を見つけられてしまう。

美しい景色を大勢の美しい裸の人々が景色を彩る様子は
桃源郷というよりはソドムにも見える
狂った世界
すばらしい世界
残念だったのは景色などの描写がいまいちだったこと

2014/09/07 07:33

投稿元:ブクログ

【本の内容】
売れないもの書きの廣介は、極貧生活ながら、独特の理想郷を夢想し続けていた。

彼はある日、学生時代の同窓生で自分と容姿が酷似していた大富豪・菰田が病死したことを知り、自分がその菰田になりすまして理想郷を作ることを思いつく。

荒唐無稽な企みは、意外にも順調に進んでいったのだったが…。

ほかに「石榴」を収録。

妄想への飽くなき執念を描くベストセレクション第6弾。

[ 目次 ]


[ POP ]
大富豪菰田源三郎を墓から掘り起こし、源三郎になりすました人見廣介。

疑う人たちを富の力で騙し、彼は夢想していた地上の楽園美の国夢の国を沖合の島に建設した。

そしてただ一人騙し通すことの出来ない千代子夫人を島に連れ出して殺害することにした。

美とグロテスクのハザマにあるパノラマ島で繰り広げられる悪夢。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2016/04/22 09:07

投稿元:ブクログ

最後そう来るかと>パノラマ島。こどものころから大好きだが、乱歩は怖さよりなぜか笑いが勝ってしまう(笑)

2011/02/18 20:56

投稿元:ブクログ

江戸川乱歩のホラー小説。
パノラマ島の描写部分がなかなか進まなかったが、結末がなんとなく分かっているにもかかわらずわくわくしながら読めた。
同「硫酸殺人事件」も結末が目に見えているところが読み手にいい焦りを与える。。

2014/06/01 23:08

投稿元:ブクログ

パノラマ島の情景がクレイジー過ぎて脳内で想像できなかった…(笑)上級者向けだ…。
乱歩先生の頭の中もクレイジーなんだなって思ったのでした。素晴らしいです

2013/08/19 00:46

投稿元:ブクログ

江戸川乱歩の作品は、結構好きで以前にも「人間椅子」や「芋虫」などの有名な作品は読んでいた。人間の持つ悪の部分をじわじわと表現するうまさがあり、どんどん作品に引き込まれる。ただし、乱歩の描くパノラマ島の描写に自分の想像がついていけているか、他の人はどんな想像をするのだろうと興味が沸き、絵になっているものがあったら観てみたいと思った。

2014/07/10 22:14

投稿元:ブクログ

初・江戸川乱歩でした。気味の悪さが気持ち良かったです。パノラマ島の風景描写は解説にもある通りやや物足りなく、乱歩自身も構想を得たという谷崎の「金色の死」の格調高雅な文体と比較すると、どうしても見劣りするように思ってしまいます。生埋めの怖さを説く描写や墓を暴く場面、そしてラストの一文は迫力がありました。

2013/09/24 22:18

投稿元:ブクログ

・パノラマ島奇譚
独特の世界観やその美しさに惹き込まれる。
最後の様な光景を見たら、自分はどうなってしまうんだろう。


・石榴
どんでん返しが繰り返されて多少混乱した。
タイトルが重い意味を持っていていい。

22 件中 1 件~ 15 件を表示