サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

結婚へつづく道

結婚へつづく道 みんなのレビュー

写真集

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/06 21:23

投稿元:ブクログ

涙なくしては読めませんでした。
自分が思ったり感じたことのある気持ちや、また新たな発見が
ゆかりさんのやさしい文章でこの本には書いてありました。

日本って実は、女性が恋愛、結婚、出産をしにくい国なんだな。自分だけじゃなく、そんな日本だからこその同じような愛や結婚についての不安や迷いを、持っている女性はたくさんいるみたい。

私はいつの間にか好きな人に見返りを求めていたり、考えや想像を自分の頭の中で膨らましては落ち込んだりしていた。

ちょうど迷いの中にあった私は、この本を読んで良かったと思いました。愛の定義に正解はないけれど、ゆかりさんの文章に救われた。また、思い出したい時に読み返したいと思います。

2015/04/28 15:11

投稿元:ブクログ

*読む方によっては、不快になるかもしれない内容です。
昨日、髪を切ってもらいながら
姐御みたいなNさんと
「誰かに甘えたいとき、誰に甘えれば良いのだろう」
「甘えない道を選んだのは、自分たちなんだけどね」という話をした。
そして、最近読んだこの本のことを思い出した。
伏線として、「結婚のずっと前/坂之上洋子」の反響がすごかったんです。
ブックコーディネートさせていただいてる先のお客様と
スタッフさんと、当店のお客さまからの「ああ、わかるわかる」
という共感。
その流れでこれも読んでみた。
コーディネート先のオーナー様のリクエストもあり、
むしろ焦って読んだ。
結果、わたしには、ストンと落ちなかった。
・ずっと前

・つづく道
では、テーマが似て非なるのかな。
努力しても、
どうにもならないことってあるじゃないですか。
相手が仕事を頑張りたいから結婚を望まないとか。
(もうちょっとチャラチャラしていたいとか、もあるよね)
そういうパターンもあるから、読むひとが読んだら過酷かも。
「妹たちへ」と重なるけど、
仕事も妻も母親も頑張りたい女性に、
(日本という国は)ちょっとしんどいよねという内容。
読んでからどう立ち上がるかは、みなさんにおまかせで。
甘えるのが、ヘタな女性には響きにくいかな。

2 件中 1 件~ 2 件を表示