サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

くるみわり人形

くるみわり人形 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/02/18 21:21

投稿元:ブクログ

バレエのくるみ割り人形はこんなお話なのかな。
ホフマンの難解なお話をサラリと説明していてわかりやすい。ねずみの王様をやっつけて王子様とお菓子の国に行きましたというだけの絵本が多いので、新鮮。
クララの家のクリスマスパーティの様子がじっくり描かれていたり、お菓子の国での世界のダンスの様子などまで語られてバレエを観たくなる。
ただ、語りがややウルサイかな。
どうでもいいシャレとかツッコミとか、こういうのは苦手。
あと、くるみ割りさんが王子様というお話をたくさん読んできたので、そうでないのに違和感がある。
そういえば、サンリオの人形アニメも王子じゃなかったっけ。
このシリーズ集めちゃおうか!と思うものの、くるみ割り人形ばかり3冊目は・・と躊躇する。

2015/10/20 21:03

投稿元:ブクログ

クラシックバレエの名作を、児童文学の人気作家が小学生でも読みやすい物語に書き直したシリーズ。
今回の「くるみわり人形」の物語は、「ルドルフとイッパイアッテナ」の作者・斉藤洋さんによって書かれています。

聖なるクリスマスの日、ドローセルマイアー(自動人形作りの名人)からくるみ割り人形をもらったクララにおこる不思議な出来事。
魔法によって小さくされたクララは、たくさんのネズミたちに襲われます。そこをくるみ割り人形率いるおもちゃの兵隊が現れ、クララを守ろうと戦い始めます。

何とかネズミの王様を倒したクララたち。クララがくるみ割り人形を見ると、なんとくるみ割り人形は美しい青年の姿に!
なんとくるみ割り人形は、呪いによって姿を変えられていたドローセルマイアーの甥で……。

***

全体的に明るくて、わくわくするようなお話。ヒヤヒヤするようなところはあまりなかったので、夢見たい気分の時は良いと思います。巻末に解説もあり。バレエ観たいな〜。

2 件中 1 件~ 2 件を表示