サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

お茶の世界からどこまでも…

2015/02/07 12:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

お茶の世界からどこまでも、人間味溢れる気持ちが形になってて面白いです。現代の人と重ねて顔を描かれてる人達のおがげで「本当にこういう人だったのかな?」「もしそうだったらいいなぁ」と
思いたくなるくらい、その芸能人が気になり始めたりしています。歴史の流れは合っているので、現代っぽい小物が出てきても勝手にしっくりきてしまうので、毎巻楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

佳境

2015/03/27 11:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rumo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよラストが近づいてきている感じです。豊臣徳川合体…こんなことを考えているなんて。織部も晩年なのでいろいろと心配です。

この巻で豊臣秀頼も登場。文字通り圧巻です。

史実をよく理解してた上でアレンジが上手すぎる作家さんだと思います。織部の最後をどうアレンジしてくるのか…
最終巻まであと少しなんでしょうが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/31 19:34

投稿元:ブクログ

ああー、加藤清正公・・・。
秀頼と家康の対面はなるものの、豊徳合体は遠く、そして織部はいろいろにっちもさっちもいかないポジションに追い込まれつつある。
史実がわかっているだけに、そこでの織部の気持ちや回想がどうなるのか、今から気になる。。。

2014/11/24 00:04

投稿元:ブクログ

遂にロケットパンチ。トラが征く(逝く)。。
歴史も疎いので、誰と誰の会話だかワカランクなってしまう。
豊徳合体は敵わなかったわけで、最後の嵐の予感の引き。もうそろそろですかい。。

2014/11/23 17:28

投稿元:ブクログ

幕閣の者たちを見せつけた秀頼の大きさや、前巻に続いて活躍した具志堅…いや加藤清正公が逝ってしまいました。
小堀遠州と織部のやり取りも良かった。
その反面どんどんと雲行きが怪しくなる結末でした。

5 件中 1 件~ 5 件を表示