サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

Ai 愛なんて大っ嫌い

Ai 愛なんて大っ嫌い みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2016/09/23 22:13

投稿元:ブクログ

明け透けだけど、そこがいい。という感じ。
スーパーモデルの原点は、怒りだった。
すごく自分の内面と向き合えているなと思った。
冨永愛さんが一層好きになりました。

2015/03/20 07:31

投稿元:ブクログ

冨永愛の生い立ちとその後のモデル人生の根底になった部分について書かれている。
愛を受けて育ってこなかったことに対して、また背が高いことでいじめられることに対して、反発の気持ちでモデルとして成功することを目指す。
結婚、出産、離婚を経た後、息子と過ごすことを第一優先として考え、現在は幸せに暮らしている。

2016/03/18 22:34

投稿元:ブクログ

冨永愛の自伝。

彼女が複雑な家庭環境に育ち、周囲になじめずにいる中、高校時代に単身ニューヨークへと渡り、そこで成功をつかむものの、プライベートでは出産・離婚を経験し、そして日本に帰ってタレント活動しながら子供との幸せを掴むまでを描いた一冊。
予想以上に壮絶な環境の中で、常にもがき苦しんできた彼女の半生が想像できた。

2014/12/15 16:11

投稿元:ブクログ

帯文:”初めて明かされる渇望と再生の三十年。いま、愛はどこに?” ”2000年代、世界のランウェイを闊歩したトップモデル冨永愛がはじめて語る、不安と孤独の中で「居場所」を求め続けた半生。”

目次:第1章 切り取られた写真、第2章 抹殺されたわたし、第3章 ニューヨークのAi、第4章 愛と復讐のランウェイ、第5章 ファッションなんて大っ嫌い、第6章 愛なんて大っ嫌い! 第7章 引退宣言、第8章 母と息子、第9章 父と娘、終章 愛の居場所、あとがき、冨永愛 年表

2014/11/05 00:13

投稿元:ブクログ

2時間程で読み終わりました。
後半は,号泣。
まず、スーパーモデルとしてやってこれたパワーの源は、怒りだったこと。
離婚で寂しい思いをして、貧乏な生活も呪ってたこと。
自叙伝としは楽しく読めました。

5 件中 1 件~ 5 件を表示