サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

「空」の発見 ブッダと龍樹の仏教対話術を支える論理

「空」の発見 ブッダと龍樹の仏教対話術を支える論理 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/12/10 17:02

投稿元:ブクログ

一見科学書のようですが、スカイではなく仏教の「空」についての本。
仏教誌『サンガジャパン』でよく目にする石飛先生の作品集です。
ブッダと龍樹の仏教対話術というサブタイトルが気になります。
龍樹は、世界史の授業でも取り上げられた人物でありながら、あまり詳しいことを知らないためです。

まず著者は、自分が大乗仏教の立場にいることを明示します。
それで、テーラワーダ仏教の師とは思想が違う面もあるとのこと。

ブッダと龍樹の仏教の語り口について述べています。
2人とも相手に合わせた語りをし、その人を傷つけないように答えているとのこと。
誰の感情を害さずに新しい法を説くのは至難の業だったと思いますが、そのマイルドさが仏教思想の基本なのでしょう。

無常の思想は、「常にある」意識にとらわれた人々への逆説であり、本当の意味での自由をさすものだと語られます。
絶望を解くようでいて、実は無常の意識は執着のない幸せな境地を指し、積極的な生き方を招くというわけです。

また、西洋と東洋の考え方の違いが語られます。
西洋では、哲学や思想は思索に思索を重ねて苦悩の末にしぼり出されてくるものですが、インドでは、瞑想の中から出てくるもの。

キリスト教は、自己が主体的に神への愛を隣人へに施していく一方で、仏教は、自己(エゴ)を他に影響させないことを重視します。
それは、隣人を自分同様に愛したイエスと、自己を越えて他者を害さないようにしたブッダという思想の実践の違いにも表れています。

幸福に生きることを説いたフランスの哲学者アランとブッダとの共通点や、古代ローマのモラリスト、セネカについての言及もあり、興味深く読めました。
比較宗教的な内容にもなっており、もりだくさんの読み応えのある一冊です。

2016/10/29 04:09

投稿元:ブクログ

ちょっと直観に反する印象。なかでも「論争してはならない仏道」(P.78)というのは、私の理解してきた仏教とだいぶ違う。だって、「修行僧たちよ、修行僧たちがしばしば会議を開き、会議には多くの人が参集する間は、修行僧らには繁栄が期待され、衰亡はないであろう。」(『ブッダ最後の旅』p.18)と、ブッダ自身「語り合あうこと」の重要性に、仏教の存続と将来を賭けていたほどじゃないか。

2 件中 1 件~ 2 件を表示