サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

認知の母にキッスされ

認知の母にキッスされ みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2016/10/29 22:07

投稿元:ブクログ

ユーモラスに自らの介護を描いた作品という紹介だったけれど、私にはユーモラスなものとして読むことは難しかった。
しんどい。
恐ろしい。
けれどそれは私が介護を経験していないからで、経験者にしてみたらこのくらい切迫した中での笑いでなければ、綺麗事にしか思えないのかも知れない。
共有することで和らぐものもあるから、介護経験者の近親者に薦めようかと思ったのだけど、まだ躊躇っている。
この作品の中にも書かれているが、介護には喜ばしいゴールはほとんどない、だから自分の介護が正しいのか悩むことも多く、他の介護者と比べて自分はもっと尽くせるはずなのにそうしていないと自分を責めることもよくあるのではないだろうか。
この作品ではねじめ氏は決して自分の「尽くしぶり」を鼻にかけたりはしていないのだけど、そう受け取られたら悲しいので、薦められないままだ。
もっと屈託なく話題にすべきかも知れないと思いつつ…。

2015/09/02 22:58

投稿元:ブクログ

認知症の母を持つ長男として、その母との関係がリアルに、そして認知症を持った母の妄想的言動もリアルに、作家(詩人?)ならではの筆致で綴られている。学術書とは違う家族からの目線で学ばされることが多い。息子が母を診るというのは、「ペコロス」でもそうだったが、何とも言えない可笑しみを感じつつ、そして読後感は物悲しくなる。

2016/07/24 15:18

投稿元:ブクログ

ペコロスと共通して、母の介護をする息子。
これはやっぱり、母と娘とは違う何かがあるんだなぁ。
そもそもキッスとか、認知症になっても娘には要求しないだろうし…。
介護は本当に大変そう。
特に下のお世話は切り離せない。
生きるためには食べなければならず、食べれば出さねばならず。
いつかは自分が辿る道と思ってもなかなか厳しい。そんな介護生活を息子愛で頑張っているねじめさんはすごい。

2015/05/22 21:56

投稿元:ブクログ

ダメダメな介護だけど、詩人だから言葉がkeenでそこが面白かった。
まあ生きて認知症も辛いわな。
早死にも寂しいけど…

2014/12/17 08:39

投稿元:ブクログ

ブログに掲載しました。
http://boketen.seesaa.net/article/410170652.html
認知の母のことばが詩になっている。認知症詩人の誕生だ。
自宅で倒れ、骨折入院した母親の認知症が進む。
妻に「大マザコン」とからかわれながら、入院中も退院してからも、毎日つきそい看護に励むねじめ正一。
認知症の母みどりさんは、きままわがままにさまざまな言葉をねじめにぶつける。
「やっぱり正一はパソコンだろ。…正一がパソコンでよかったよ。私はパソコンに閉じ込められちゃって外に出られないんだよ。…パソコンはパソコン電車になって走り出すんだ。走り出したら、パソコン電車は駅に止まらないんだよ。…パソコン電車は走っている途中でくるくる回り出すんだよ。パソコン電車はいやだね。パソコン電車はいやだね。パソコン電車はいやだね。…」
これって、そのまんまねじめ正一の詩といわれても違和感がない。

5 件中 1 件~ 5 件を表示