サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

純潔のマリアexhibition (アフタヌーン)(アフタヌーンKC)

純潔のマリアexhibition (アフタヌーン) みんなのレビュー

  • 石川 雅之
  • 税込価格:6055pt
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/01/07
  • 発送可能日:24時間

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
20 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

前日譚と後日譚

2015/02/08 10:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編だけでも十分面白いけれど、これを読むと世界観がもう一つ深まります。

前日譚にあたるのは 3編。

その中でも半分くらいを占めるのが・・・
・ビブがフランスに来た時の話。
マリアとの本当の!?出会い。

一人で突っ走る若かりしビブ。

この時の出来事がその後のマリアにも影響しているし、
この恩もあってビブはマリアを助けたんだなと繋がりに納得。
魔女や使い魔たちの出会いの話でもある。
さりげなくミカエルも登場している。

あらためてマリアってすごい魔女だったんだな、と思った。


・マリアとフクロウとハトのとある一日
ほのぼの。マリア可愛い!

・マリアとジョセフの出会い
一目惚れですな。

後日譚にあたるのは最後の一編。
・マリアの娘、エゼキエルの話。
ミカエルとの会話が良い。


もっと読みたいと思わせてくれる1冊なので、薄いのがちょっとだけ残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/24 21:17

投稿元:ブクログ

ビブの過去とかいろいろ補足されて良かったが物足りない。マリアの生い立ちとか魔力失った前後とかアルテミスとの出会いとか、ジョセフとフクロウ達のマリアを巡る攻防とか、もっと読みたかった。

2016/10/09 23:01

投稿元:ブクログ

前日譚と後日譚。ビブとマリアの本当の出会い。マリア、天才だったんだ。エゼキエル(娘)とミカエル、ミカエルもエゼキエルを見守ってくれてるんだ。マリアとフクロウたち・ハトの日常もいい。

2015/01/21 18:54

投稿元:ブクログ

4巻で完結した「純潔のマリア」の番外編。あくまで番外編なので、ストーリー的には若干物足りない気もする。ただ、描き込みは本編以上に緻密で半端ない。これをアシスタントなしで描くんだからそりゃ佳作になるわ。
あとは、未完の大作「カタリベ」を再開してくれたら言うことないんだけどな。

2015/01/07 20:45

投稿元:ブクログ

やー、よかった。
マリアが他の魔女の尻ぬぐいをする話、だらけまくってる仕事が無いときのマリアの話、マリアとジョセフの出会いの話、エゼキエルの話。

全部良かったが特に、最後のエゼキエルと見返るが「再び会う」話、よかった。

2015/03/30 16:59

投稿元:ブクログ

1月13日読了。
3月30日、1~3巻とexhibition再読。
アニメもうすぐ終了するので、おさらいにまた読んでみた。すごく…忘れてます。

原作絵のこってり感が大好きなんですが、アニメはすっきりだけど可愛くてこれはこれで好き。まさにマリア。
だけど原作になかった人間たちのドロドロした話がいっぱい盛り込まれてた。怖い、コワイよ、地上の教会。

exhibition…ビブがすごく可愛い。
エゼキエルが超カワイイ。バカ鳩て、ちょっと泣けた。
成長したアンも素敵ね。

そしてマリアには人と同じ時間が流れているのか。
うれしいような切ないような。

2015/07/03 14:36

投稿元:ブクログ

緩やかな番外編という感じ。
作品と同じ空気のまま物語が展開していくので、作品ファンなら読んで損はないかと。

2015/01/14 15:48

投稿元:ブクログ

アニメも始まったし、その景気づけでしょうか?値段の割に薄いなと思いながら買いましたが、買ってよかったです。
前日譚もよかったんですが(ビブの存在をすっかり忘れてました…)、後日譚もよかったです。あぁ、マリア幸せなんだなーって。ミカエルもミカエルでしたし。

2015/01/10 01:54

投稿元:ブクログ

『純血のマリア exhibition』積読本5冊目読了。
こんなに早く終わってしまったのが残念。
石川さんの書く女の子がとっても魅力的で見た目も好きだった。

ビブの話は少し混乱したけど、みんないろんな過去や未来を持ってるんだなあ〜と。エゼキエルとミカエルの会話がほのぼしていて癒される。

もう少し読みたい

2015/09/19 06:16

投稿元:ブクログ

本編からは外れた外伝集。その後の成長したマリアの話とか。マリアの娘が登場したり。これだけは読んでおけって1編はなかったけれど、全般的に本編が楽しめた人なら、こちらもないことはないと思います。

2015/03/02 00:27

投稿元:ブクログ

魔女マリアの、本編の前の話と、それからの話。
本編に出てきたキャラクターの違った一面が見えて面白い。
単体で成立している漫画ではなく、あくまでも「純潔のマリア」の番外編という位置付けだが、世界観が広がるので、本編のファンなら、読んで損はない。

2016/03/13 00:01

投稿元:ブクログ

ビブ。マリア。ジョゼフ。エゼキエル。
にまつわるアナザーストーリー。
ビブの過去と現在がたった1ページで推移する漫画的映画的場面。
そして、最後のエゼキエルとは。
ミカエルが丸くなっていてびっくり。

2015/01/19 15:30

投稿元:ブクログ

『純潔のマリア』本編では語られなかった短編集。
ビブが、まだ駆け出しの魔女で可愛かったなー
処女だけど。

アルテミスとプリアポスのあの後も読みたかったな~~
2匹は、変わらずにマリアの側にいるんだろうな。
マリアの子エゼキエルの話がほっこり。

2015/11/11 04:34

投稿元:ブクログ

番外編、的な。
本編を読んだ後だからこそ楽しめる一冊。
読まなくても支障はないけど、読むと、話が本編と繋がって世界が広がる。
最近はやたらと番外編的なものを発行してるけど、どれもいまいち話の厚みが足りなくて満足出来なかったのですが、久しぶりに楽しめました。番外編ってこうあるべきだよな、と思った一冊。
平等を貫いたミカエルも、やっぱりポッポちゃんのこと大切に思ってたんだなってわかった最後のお話大好きでした。

2015/01/31 20:04

投稿元:ブクログ

前日譚に後日譚。

マリアったらビブより年上だったのか―い! びっくり!

レヴィアタンを手なずけるマリアに萌え!
そして、後日譚のエゼキエルとミカエルの再開にほっこり。

20 件中 1 件~ 15 件を表示