サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

いのちのノート

いのちのノート みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2016/07/16 18:25

投稿元:ブクログ

駅での転落事故のために脳の海馬に損傷を受けた男。事故のために記憶が一日しかもたなくなったのだが、彼の周りで起こる不可解な謎...。
記憶喪失モノだけど、一晩寝ると前日の記憶が無いというのは珍しいパターンかもしれない。事故以前の記憶はあるのに、それ以降の記憶は一晩寝ると消えてしまう。つまり彼の記憶は、毎朝起きるたびに、事故の日で止まってるわけだ。

そんな彼が朝、目覚めるところから物語は始まる。
朝起きるとテーブルの上に一冊のノートが...。
”お前は8月7日に事故に遭い、脳の海馬に損傷を負った。そのためにそれ以降は一日しか記憶がもたない。
今日は8月8日ではない。まず今日が何日かを確認しろ...。”

冒頭の描写が読者を引き込む。これから何が起こるんだろう?という興味が増す。しばらくは、毎朝の描写が繰り返されるんだが、そのたびに会社へ行こうとと慌てたり、ノートを見て現実を理解する主人公が憐れにも思える。
事故から数ヵ月後、いつものように慌てて起きた主人公の手には血が...。階下のリビングに降りてみると、家具はメチャクチャに壊されて、床には血の付いたバットが...。前日までの記憶の無い彼は途方にくれるが、ノートを見つけ、自分の記憶が一日しかもたない事を知り警察を呼ぶことにする。やがて到着した警察、一人娘、弁護士...。そして行方が分からなくなった妻...。
一晩寝てると記憶が消えてしまうので、彼を尋問するのだが、警察の印象では彼は犯人ではない。しかし、彼自身は、もしかしたら自分がバットで妻を殴り殺したのか?と不安になる...。

この物語の肝は、主人公の記憶が一日しかもたないって事だよなぁ。普通の人間なら記憶を手繰り寄せて、いろいろと推理できるんだろうけど、彼にはその手段が無い。毎朝、ノートを見ては、自分が事故に遭ったことを知るような状態だ。
血は妻の血液型と一致してるが、その妻はどこへ消えたのか?現場が内側から施錠されていた謎は?
ミステリー要素も満載で楽しめる展開だったんだけど...。

う~ん、結末がなぁ...。
なんていうか、尻すぼみ?肩すかし?そんな印象だったんだよなぁ。強引な着地点でもないんだけど、「えっ?そうなの?」って感じ...。
目を剥くようなどんでん返しを期待したわけじゃないけど、ちょっとインパクトに欠けるんだよなぁ。でも、現実的な結末とは思う。謎解きメインのミステリーなら現実離れしたインパクト重視の結末も有りだけど、こちらは現実重視というか、いかにも有りそうな結末にもって行ってる。

ソフトカバーで171頁の本書。
良く言えば早い展開で読みやすい。だけど、好みが分かれるかもね。人物の心理がほとんど描かれてないんだよなぁ。例えば、朝起きてノートを見て自分の現状を知る主人公、すんなりと納得しすぎだと思う。記憶を無くしてるとかノートに書かれてたら、あれほど簡単に納得できないんじゃないかな?妻の心理にしても同じことが言える。行動はスピーディに描かれてるのに、心理が描かれてないから残念な気がするなぁ。

展開は早くて読みやすいけど、読後の率直な感想は、「なんだか丁寧に描かれた”あらすじ���を読んだみたい」って感じだった。
記憶が一日しかもたないとか、血のついたバット、行方不明になった妻...面白そうなアイデアだ。
ページ数が倍ぐらいになっても、心理面を描いてれば、大満足できたと思う。

「BOOK」データベース~

記憶が毎朝消えてしまう……。朝のラッシュアワー。階段から突き落とされた男。血まみれのリビングから消えた妻。ノートにこめられた記憶の真実とは……。非日常的な日常をテンポ良く描くSFでありライト・ミステリーとも言える作品。特殊状況、特殊能力の下の人間には普段の生活がどう見えてくるのかをテーマに書き続けている著者が繰り広げる、驚きの展開と結末。仮フランス装のちょっと凝った装幀の一冊。

作者は2014年、小学館「ゴルゴ13脚本大賞」佳作を受賞してるそうだけど、あ~、本書も何となく脚本っぽいな。心情が描かれてたらなぁ・・・。

2016/07/25 23:17

投稿元:ブクログ

http://walking-diary.cocolog-nifty.com/honyomi_nikki/2016/07/post-ff6e.html

2 件中 1 件~ 2 件を表示