サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

宇宙戦艦ヤマトの時代

宇宙戦艦ヤマトの時代 みんなのレビュー

  • 井上 静 (著)
  • 税込価格:8648pt
  • 出版社:世論時報社
  • 発行年月:201212
  • 発送可能日:購入できません

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ファンによって書かれたヤマト分析

2015/12/25 02:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐどん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「宇宙戦艦ヤマトの時代と思想」を改題、結尾部分を一部加筆編集したもの。
よって最初の出版時期の1997年時点でのヤマトをとりまく環境の上で語られており、ヤマト2199他の展開については末尾に少し触れられているのみである。ただし論点に古びたものは感じさせない。
かつてヤマトのファンであり、リアルタイムで見ていたからこその視点には、単なる賛美でもなくまた批判に終始しているものでもない、ファン故の愛憎を読み取れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/19 17:48

投稿元:ブクログ

宇宙戦艦ヤマト作品評論。ファースト礼賛はやや過剰(個々の描写を優先する余り、全体の整合のとれない妙な台詞は多いと思っている。ただし好きな作品)。が「さらば」につき「全宇宙を守るべし」とのテーマを掲げつつ、地球侵略者と戦うこと、特攻的な結末で締めるのは、物語として構造上破綻している点は同感(ただ、エンタメとして起承転結・緩急の付け方が最も上手かったと思う)。「永遠に」はリアリティを消失したファンタジーで、雪と澪に寄り掛かり、語る物語と化している点も同感(ただし、感情の機微を描けた唯一の作品という点で好き)。
また、完結編礼賛も疑問。ファーストで済んでいた父子の物語も今更の感だし、エンタメとして展開も無理が多すぎる。以下、備忘録。舛田利雄氏が創価学会宣伝映画監督を務めたこともある。藤川桂介は「永遠に」までで、一部Ⅲまで。著者はⅢの脚本家の質の低下を指摘。

2 件中 1 件~ 2 件を表示