サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

hontoレビュー

砂漠の雪 王の不器用な寵愛(大誠社プリエール文庫)

砂漠の雪 王の不器用な寵愛 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

政略結婚から始まる本物の愛

2016/03/04 16:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンスの角に薬指 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありがちと言ってしまえばありがちなお話。
政略結婚で結婚した二人が本当の愛で結ばれるというストーリー。
ヒロインの名前が東洋風の六花で、男の方はアシルで西洋風という違いがあるのが新鮮でした。
六花の優しさとアシルの優しさのすれ違いが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

平坦だけれど、不思議に魅せられました。

2015/12/14 02:09

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

突然白來国にやってきた南の新興国メティハの王アシルは、白來の皇女を正妃に迎えたいと申し入れる。
申し入れを断ったら、白來に攻め入る計画であることを知った皇女六花は、自らメティハに嫁ぐことを決意する。
嫁ぐからには、人質としてではなく、花嫁として、一生懸命王のために尽くそうとする健気な六花。
アシルもそんな六花を、初めて恋を知る少年のように、愛しく思うようになる。
だが、アシルの後宮には既に3人の愛妾がいる。
六花のために、後宮を解散しようとするアシルだったが、それが原因で、六花は後宮を巡る陰謀に巻き込まれていく。

とにかく、中盤までのストーリーは平坦で、たんたんたんと進んで行くのです。
ですが、六花はその名の通り、降る雪のように静かに少しずつ、夫となる王を魅了し、回りを魅了し、私達読者も魅了していきます。
不思議な感覚でした。
アシルを静かに、最後は情熱を持って愛するようになる六花の心の動きや、まるで初恋を知った少年のような、初々しいアシルの心の動きを、六花サイドから見ても、アシルサイドから見ても、うまく描き分け、交錯させ、ドキドキさせてくれました。
特に、情事のシーンでのアシル視点は、きゅんきゅんしました。
ストーリーは終盤、事件が起こりますが、やっぱりそんなに派手な事件ではなく、緩やかな山場を持って終わります。
このお話は、ただ二人の心のやりとりと、エロシーンと、六花のアシルを思う気持ちが、一番の見せ場になるのかなと思います。
アシルも魅力的な王で、激しく六花を求めていきますが、閨のシーンはあくまでも甘くて、情熱的で、ロマンチックです。

国や世界観、風習なども、しっかり作ろうとしている故に、ほころびが時折目についてしまう感じなのですが、不快ではありません。
読んでいて心地よい、不思議に読後感の良いお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/05 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/08 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示