サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

収録作品一覧

ベンヤミン・コレクション 7 〈私〉記から超〈私〉記へ(ちくま学芸文庫)

ベンヤミン・コレクション 7 〈私〉記から超〈私〉記へ (ちくま学芸文庫)

  • ヴァルター・ベンヤミン(著)/ 浅井 健二郎(編訳)/ 土合 文夫(訳)/ 久保 哲司(訳)/ 内村 博信(訳)/ 岡本 和子(訳)
作品 著者 ページ
詩人 浅井健二郎 訳 14−16
グリルパルツァーの『サッポー』について、「作者は〈ゲーテの牛で耕した〉のだ」と言うことができるか? 浅井健二郎 訳 16−27
フローレンス・クリスティアン・ラング宛ての手紙、一九二三年十月二十四日付け 浅井健二郎 訳 27−28
フローレンス・クリスティアン・ラング宛ての手紙、一九二三年十一月十八日付け 浅井健二郎 訳 29−36
マックス・リーヒナー宛ての手紙、一九三一年三月七日付け 浅井健二郎 訳 36−41
履歴書 1 浅井健二郎 訳 44−46
ヴァルター・ベンヤミン『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』(一九二〇年) 浅井健二郎 訳 47−50
履歴書 2 浅井健二郎 訳 50−52
履歴書 3 浅井健二郎 訳 52−56
履歴書 4 浅井健二郎 訳 56−58
税務署とのちょっとした手紙のやりとり 浅井健二郎 訳 58−61
別れの手紙と遺書 浅井健二郎 訳 62−73
アゲシラウス・サンタンデル 浅井健二郎 訳 74−77
履歴書 5 浅井健二郎 訳 77−81
自画像のための素材 浅井健二郎 訳 82−83
履歴書 6 土合文夫 訳 83−89
履歴書 7 土合文夫 訳 89−94
聖霊降臨祭の休みに出かけたハウビンダからの旅 土合文夫 訳 96−100
一九一一年夏の旅 土合文夫 訳 101−117
ロワール旅日記 土合文夫 訳 118−126
〈日記〉一九三一年五月−六月 浅井健二郎 訳 126−167
一九三一年八月七日から死の日までの日記 浅井健二郎 訳 167−176
スペイン一九三二年 岡本和子 訳 177−210
スヴェンボルでの覚書、一九三四年夏 内村博信 訳 211−227
一九三八年の日記 内村博信 訳 228−242
ブレヒトについての覚書 内村博信 訳 242−244
〈付〉ベンヤミン自殺の知らせを受けてブレヒトが書いた詩三題 浅井健二郎 訳 244−247
一九三九年十月十一/十二日の夢 土合文夫 訳 247−250
愛についての対話 浅井健二郎 訳 252−260
浅井健二郎 訳 260−277
〈付〉三人の宗教探求者たち 浅井健二郎 訳 278−283
生徒たちへのリリー・ブラウンの声明 浅井健二郎 訳 286−290
学校改革 浅井健二郎 訳 290−297
ロマン主義 浅井健二郎 訳 297−308
〈付〉ロマン主義 浅井健二郎 訳 308−311
ロマン主義 浅井健二郎 訳 311−313
道徳の授業 浅井健二郎 訳 313−324
経験 浅井健二郎 訳 325−330
〈青春〉は沈黙していた 浅井健二郎 訳 330−334
グスタフ・ヴィネケン博士(ミュンヒェン)への公開書簡 浅井健二郎 訳 334−350
新しい青年たちの宗教的立場 浅井健二郎 訳 351−355
グスタフ・ヴィネケンへの絶縁状 浅井健二郎 訳 355−359
昔の忘れられた児童本 久保哲司 訳 359−374
おもちゃの文化史 久保哲司 訳 374−380
おもちゃと遊び 久保哲司 訳 381−389
プロレタリア児童劇のプログラム 岡本和子 訳 389−400
コミュニズムの教育学 岡本和子 訳 400−406
ヒヒロイヒラオホラ 岡本和子 訳 406−417
植民地教育学 岡本和子 訳 417−421
初等教育の新しい芽 岡本和子 訳 421−428
イヴェルドンのペスタロッチ 岡本和子 訳 428−434
媒質 浅井健二郎 訳 436−437
詩人のなかの商人 浅井健二郎 訳 437−442
三人のフランス人 久保哲司 訳 442−447
ラ・ボエシー通りの月夜 土合文夫 訳 447−450
ベルリンのブラガリア 岡本和子 訳 451−453
アンナ・メイ・ウォンとの対話 岡本和子 訳 454−460
精神病者たちの本 浅井健二郎 訳 460−468
ジャコモ・レオパルディ『考察』 浅井健二郎 訳 469−473
翻訳された作品の批評に関する根本的な手紙のやりとり 浅井健二郎 訳 474−480
食べ物の年の市 岡本和子 訳 481−491
バラージュとの対話についてのメモ 土合文夫 訳 492−494
カントについての知られざる逸話 浅井健二郎 訳 494−508
非科学的精神主義者たちによる照らし出し 浅井健二郎 訳 509−517
われわれの時代の回想録 浅井健二郎 訳 517−523
宗教としての資本主義 内村博信 訳 526−532
W・I・レーニン『マクシム・ゴーリキー宛ての書簡一九〇八−一九一三年』 浅井健二郎 訳 532−536
独裁制に賛成 浅井健二郎 訳 536−545
女性は政治生活に参加すべきか? 浅井健二郎 訳 545−553
ダーウィニズムの危機? 浅井健二郎 訳 554−560
ドイツのある自由な研究所 久保哲司 訳 560−574
社会研究所 久保哲司 訳 574−575
この研究所に対する私の関係 久保哲司 訳 575−577
「歴史の概念について」〈一九四〇年成立〉の異稿断片集〈抄〉 浅井健二郎 訳 578−613
〈付〉ドイツ文化のなかのユダヤ人たち 久保哲司 訳 613−641