サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

香港雨傘運動 プロレタリア民主派の政治論評集

香港雨傘運動 プロレタリア民主派の政治論評集

  • 區 龍宇(著)/ 早野 一(編訳)
作品 著者 ページ
中国共産党と雨傘運動   14−35
六つのシナリオと一〇万人のキャスト   36−66
雨傘運動の意義と展望   67−75
香港のあり方をめぐる右翼と左翼 『香港ポリス論』批判   78−91
六月四日、七月一日、そしてX月Y日   92−96
これまでの民主主義の理論は時代遅れに 新しい民主主義の理論は危機の中に好機を見出す   97−101
サンクト・ペテルブルグの「中国特使」と香港の特務工作   102−108
戦略ゲーム「オキュパイ・セントラルの鎮圧」   108−114
香港の三つの歴史的画期 民主化運動の回顧と展望   114−124
オキュパイ・セントラルは誰が担うべきなのか   125−130
真のポリス論 候補者指名権を巡る論争から   130−134
普普主義 プロレタリアと普通選挙   135−139
プロレタリア民主主義の萌芽   139−144
尊厳ある労働と理工大学の過労死   145−149
攻勢的に七月一日のオキュパイを実現しよう   150−155
青年の創造的イニシアチブの勝利   155−161
三大決戦へ 香港人よ、用意はいいか   161−165
研究室と監獄   165−168
新しい民主化運動の不服従の夏   168−174
自決権に対する郝鐵川氏の誤解   175−179
人民ではなく権力者に奉仕する陳弘毅の憲政観と問題だらけの「人民力量」の全人民憲法制定論   179−185
時危くして節を見し、世乱れて良を識る   186−195
『学苑』元編集長の王俊杰氏に答える   195−200
学生ストという素晴らしい授業   202−207
オキュパイ・セントラルからみた二つの民主的価値観   207−212
劉兆佳よ、お楽しみはこれからだ!   213−218
オキュパイ・セントラルの攻略   219−222
なぜ旺角を撤退し金鐘に結集させるべきなのか   222−230
雨傘運動と八九年民主化運動 似ているところ違うところ   230−234
立法会への襲撃は運動破壊である   235−237
全人民の議論で、大業を共謀しよう   237−239
敗北の中の勝利   240−244
香港人の民主共同体の誕生   245−247
旺角攻防戦のアップグレード その1   248−253
旺角攻防戦のアップグレード その2 雨傘運動の自発性と自覚性   253−257
梁振英と葉國謙 反する主張で補充しあう   257−261
二つの「民」主義が雨傘を救う   261−266
香港核心価値論を掲げる香港新民族主義   267−270
民主主義はこうして鍛えられた   270−274
事に必ず至るもの有り、理に固より然るもの有り   275−279
カモフラージュして登場する闇の勢力に社会運動はいかに対峙すべきか   280−282
重惨党を笑う   284−289
まるで「動物農場」のラストシーン 豚と人の見わけがつかない   289−293
田北俊事件と門閥資本主義   293−297
新しい世代の古い路線?   300−305
思想を大いに解放しよう   305−307
学生諸君、これは政治闘争である   307−309
「舟に刻みて劍を求む」では香港の自治を守ることもできない   310−314
天安門追悼集会に参加すべし 支聯会は改革すべし 黔驢は栅に入れておくべき   315−319
立憲体制に介入し、香港人の政治的人格をうちたてよう   320−328
採決直前の爆弾テロ未遂事件?   328−331