サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 白藤 博行の紙の本一覧

“白藤 博行”の紙の本一覧

専修大学法学部教授。

“白藤 博行”に関連する紙の本を23件掲載しています。123 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

デジタル化でどうなる暮らしと地方自治

  • 評価1.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2020/09/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 国の重要な政策課題とされてきた行政のデジタル化・情報化が、自治体行政や住民のいのちと暮らしにどのような影響を与え、どのような問題をもたらすのかについて検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

    コロナ禍のなかで行政のデジタル化が声高に叫ばれ、官民で国民・住民の個人情報をオープンに利活用しようという政策が進んでいる。しかし、大規模な情報漏洩の危惧や、国民・住民の自己情報コント...

地方自治法と住民 判例と政策

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:法律文化社
  • 発売日:2020/05/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 住民のいのちとくらしを保障するためには? 地方自治法・地方自治関連法にかかる一般的な行政法理論の展開にとどまらず、個別の行政法領域における地方自治の法としくみに立ち入り、様々な課題を個別的・具体的に提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

    一般的・抽象的な解説にとどまらず、判例をもとに行政領域ごとの政策を提示。学習課題や判例・事例により基礎知識の習得とともに地方自治の政策...

現代行政法講座 3 行政法の仕組みと権利救済 新刊

  • 税込価格:5,060
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2022/05/18
  • 発送可能日:24時間
  • 行政・行政法・行政法学の変容を正しく見据えた行政法理論の構築を目指し、新時代の行政実務・行政裁判実務のニーズに応える講座。3は行政救済法の見地からする行政法各論。【「TRC MARC」の商品解説】

    行政・行政法・行政法学の変容を正しく見据えた行政法理論の構築を目指し、新時代 の行政実務・行政裁判実務のニーズに応える講座。【商品解説】

地域と自治体 第39集 「公共私」・「広域」の連携と自治の課題

  • 税込価格:2,530
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2021/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 地制調答申を受けたデジタル化で地方自治制度再編はどう具体化するか。コロナ禍の下で国が進めている地方自治制度再編の動向を分析し、自律・自治の自治体論を考える。自治体戦略2040問題研究会の研究成果をまとめた書。【「TRC MARC」の商品解説】

    コロナ禍への対応を理由として「行政のデジタル化」が最優先で進められている。地方自治制度の抜本的な改変をねらう「自治体戦略2040構想」...

官僚制改革の行政法理論

  • 税込価格:8,800
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2020/09/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 1990年代以降の「官僚制改革の逆機能」を一般的抽象的に論ずるだけではなく、官僚制改革のあるべき方向を念頭においた行政領域ごとの行政法の諸問題を分析・検討。新たな行政法理論の構築をめざす。【「TRC MARC」の商品解説】

    新たな行政法理論の構築をめざし、官僚制改革のあるべき方向を念頭においた行政領域ごとの行政法の諸問題の分析・検討。【商品解説】

「自治体戦略2040構想」と地方自治

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2019/02/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 総務省・自治体戦略2040構想研究会が発表した「自治体戦略2040構想」。その現段階における諸問題を、地域経済、地方財政、行政法・地方自治法をそれぞれ専門とする3人の研究者が検討・分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

     連携中枢都市圏のような「圏域」を地方行政の単位として法制化し、住民サービスも自治体間で「標準化」「広域化」しAIやロボットそして民間企業に任せ、公務員...

翁長知事の遺志を継ぐ 辺野古に基地はつくらせない

  • 税込価格:660
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2018/09/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 翁長知事の命掛けの戦いは、沖縄の自治のための闘争だった。「辺野古訴訟で問われてきたもの」「脱「基地経済」に挑む沖縄経済」など、翁長知事の遺志を引き継ぐ人々のメッセージをまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

    辺野古に新基地をつくることは、沖縄の問題でしょうか。いえ、日本の問題です。故翁長雄志知事が訴えつづけたことはこのことです。「歴史的にも現在においても、沖縄県民は自由...

地方自治法への招待

  • 評価3.0
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2017/07/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 地方自治法は、憲法が保障する基本的人権を具体化する法律。議会、首長の権力、住民訴訟、公の施設など具体的なトピックスをもとに、日本の人権保障と地方自治の問題を解説する。『住民と自治』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    辺野古訴訟や国立景観訴訟など、具体的な事例に即して、地方自治法が憲法の保障する民主主義への道のひとつであり、基本的人権を具体化する法律であることを明...

現代行政法講座 1 現代行政法の基礎理論

  • 税込価格:5,390
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2016/12/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 行政・行政法・行政法学の変容を正しく見据えた行政法理論の構築を目指し、新時代の行政実務・行政裁判実務のニーズに応える講座。1では行政実務・行政裁判実務にも有用な理論的・実践的課題について多角的な視点から論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

辺野古訴訟と法治主義 行政法学からの検証

  • 税込価格:4,400
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2016/08/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 辺野古新基地建設をめぐる沖縄県と政府との訴訟に関する重要な争点を行政法学者が分析。政府の主張の根本的な問題点を鋭く指摘する。「公有水面埋立承認取消通知書」(平成27年10月13日)等の資料も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    政府の主張の根本的な問題点を鋭く指摘。
    辺野古新基地建設をめぐる沖縄県と政府との訴訟に関する重要な争点を行政法学者が分析。
    辺野古訴訟...

民主主義法学と研究者の使命 広渡清吾先生古稀記念論文集

  • 税込価格:12,100
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2016/01/12
  • 発送可能日:1~3日
  • ドイツ法、比較法社会論等の分野で学界をリードするかたわら、日本ドイツ学会の理事長をつとめるなど、幅広い分野で業績をあげてきた広渡清吾。その古稀を記念し、親しい交流や学恩のある人々が寄稿した論文集。【「TRC MARC」の商品解説】

現代行政法講座 2 行政手続と行政救済

  • 税込価格:5,170
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2015/07/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 行政・行政法・行政法学の変容を正しく見据えた行政法理論の構築を目指し、新時代の行政実務・行政裁判実務のニーズに応える講座。2では各行政領域で論点となる行政法通則に関する理論上の問題を行政救済法の局面から分析。【「TRC MARC」の商品解説】

現代行政法講座 4 自治体争訟・情報公開争訟

  • 税込価格:5,170
  • 出版社:日本評論社
  • 取扱開始日:2014/03/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 行政・行政法・行政法学の変容を正しく見据えた行政法理論の構築を目指し、新時代の行政実務・行政裁判実務のニーズに応える講座。4では自治体争訟、情報公開争訟における重要な論点を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

新しい時代の地方自治像の探究 (現代自治選書)

  • 税込価格:2,640
  • 出版社:自治体研究社
  • 取扱開始日:2013/06/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 1993年に「地方分権の推進に関する決議」が行われてからの20年の「自治と分権」を、法律学の視点で振り返った書。憲法が保障する諸価値を抜きにした制度変革論を的確に批判し、新しい時代の地方自治像を探究する。【「TRC MARC」の商品解説】

行政法の原理と展開 室井力先生追悼論文集

  • 税込価格:9,020
  • 出版社:法律文化社
  • 取扱開始日:2012/12/19
  • 発送可能日:7~21日
  • 日本の行政法学をリードしてきた故・室井力の下に集い、学問的薫陶をうけた研究者たちによる追悼論文集。「行政法の原理」「行政統制と行政救済論の展開」「行政領域法の現代的課題」に関する18編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

3・11と憲法

  • 税込価格:2,090
  • 出版社:日本評論社
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 働く場ではなにが起きたか。被災自治体は被災者にどう向きあうべきか。原発における学問の自由と知る権利とは−。3・11で問われた人権、統治機構、個人と国家のありかたの問題を、憲法の理念から考える。【「TRC MARC」の商品解説】

地方自治法 (別冊法学セミナー 新基本法コンメンタール)

  • 税込価格:5,170
  • 出版社:日本評論社
  • 発売日:2011/11/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和22年法律第67号「地方自治法」(第1条〜第299条)を解説。憲法と地域の自治についての考察も掲載。地域主権改革関連3法・第2次一括法による改正に対応。【「TRC MARC」の商品解説】

地方議会再生 名古屋・大阪・阿久根から

  • 税込価格:1,980
  • 出版社:自治体研究社
  • 発行年月:2011.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 議会民主主義が崩壊のふちに立ついまこそ、地方議会の側から改革の提案を! 議会民主主義を軽視する名古屋・大阪・阿久根の政治の問題を指摘し、地方議会再生の必要性を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

アクチュアル地方自治法

  • 税込価格:3,410
  • 出版社:法律文化社
  • 発行年月:2010.4
  • 発送可能日:7~21日
  • 現代社会における地方自治をめぐる法的・制度的諸問題について、日本国憲法の保障する「地方自治の本旨」に基づく地方自治の規範内容や地方自治の存立理由をより強く意識しつつ概説する。【「TRC MARC」の商品解説】

改正地方自治法を超えて 分権「改革」と地方自治の課題

  • 税込価格:1,650
  • 出版社:自治体研究社
  • 発行年月:2000.8
  • 発送可能日:7~21日
  • 改正地方自治法体制のもとで、自治体の政治・行政の一体何がどう変わるのかをテーマに平和・安全保障、教育、環境・廃棄物、都市計画などの専門家が地方分権・地方自治の諸問題を提起、問題解決の糸口を語る。【「TRC MARC」の商品解説】

Q&A辺野古から問う日本の地方自治

  • 税込価格:1,222
  • 出版社:自治体研究社
  • 発売日:2016/05/06
  • 発送可能日:要確認
  • 新基地建設で周辺地域にどんな影響があるのか? 埋立承認の取消しが3つの裁判で争われることになったのはなぜか? 辺野古新基地建設をめぐる沖縄県と日本政府との争いを、Q&A形式でわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

橋下ポピュリズムと民主主義

  • 税込価格:1,540
  • 出版社:自治体研究社
  • 取扱開始日:2012/09/25
  • 発送可能日:要確認
  • 2012年に、「市民と一緒に大阪から民主主義のあり方を考える」というテーマで開催されたシンポジウムにおける報告を加筆して収録するほか、ディーセント・デモクラシーや橋下改憲論に関する論考も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

地方自治制度改革論 自治体再編と自治権保障 (シリーズ地方自治構造改革を問う)

  • 税込価格:3,300
  • 出版社:自治体研究社
  • 発行年月:2004.8
  • 発送可能日:要確認
  • 地方分権推進委員会によって推進された地方分権改革が、委員会最終報告に合ったものとなっているかどうかの視点から、最近の地方自治制度再編論を分析・検討する。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 23 件中 1 件~ 23 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。