サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 弦書房の紙の本一覧

“弦書房”の紙の本一覧

“弦書房”に関連する紙の本を297件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

戦場の漂流者・千二百分の一の二等兵

  • 半田 正夫 (語り)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/02/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 太平洋戦争末期の昭和19年、ルソン島から捕虜収容所を経て奇跡的に生還した兵士・半田正夫。生き抜くことを捨てず、数々の困難を愉しむように生きた人の壮絶にして痛快な戦場漂流記。【「TRC MARC」の商品解説】

幻のえにし 渡辺京二発言集

  • 渡辺 京二 (編著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2020/10/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 「自分が自分の主人公として独立する」「この世(現実)ともうひとつのこの世(アナザワールド)のはざまで生きる」とはどういうことなのか。語りの名手・渡辺京二が、次の世代に伝えておきたいことをまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

    名著『逝きし世の面影』などで知られる渡辺京二氏は日本近代史家の顔と同時に語りの名手でもある。よどみなく独特のリズムで語られる多彩な物語は、若い世代...

日韓メモリー・ウォーズ 私たちは何を忘れてきたか

  • 朴 裕河 (著)
  • 評価4.5
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2017/08/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本と韓国の間に横たわる認知ギャップとは−。慰安婦から領土問題までを政治、文化など様々なキーワードで読み解く。2016年3月開催のセミナー「日韓メモリー・ウォーズ−日本人は何を知らないか」をもとに加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    〈ずれ〉と〈ゆがみ〉の根源へ――日本と韓国の間に横たわる認知ギャップを探る。
    『帝国の慰安婦』の著者・朴裕河(パク・ユハ)氏...

農泊のススメ

  • 宮田 静一 (編著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2020/11/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しみ、農家民宿、古民家を活用する農山漁村滞在型旅行〈農泊〉。その発祥の地、大分県安心院町を舞台にした25年以上におよぶ実践を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「人生はバカンス」を合言葉に、「グリーンツーリズム」と「農泊」発祥の地・安心院(大分県宇佐市)で、25年以上におよぶ試行錯誤を繰り返しながら、農村と都...

映画にみる韓国と日本 リメイク作品から考える比較文化論 (FUKUOKA Uブックレット)

  • チョン スワン (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:748
  • 発売日:2019/06/20
  • 発送可能日:要確認
  • 「泥だらけの純情」「鍵泥棒のメソッド」「リトル・フォレスト」など日本映画をリメイクした韓国映画を中心に、日韓映画の特徴を比較分析し、考察する。質疑応答も収録。2018年8月開催の講演会をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    海を渡って、こんなに変わった!
    『泥だらけの純情』『鍵泥棒のメソッド』『リトル・フォレスト』を中心に、韓国の日本映画研究者による映...

21世紀の《想像の共同体》 ボランティアの原理 非営利の可能性 新刊

  • 安立 清史 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/03/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 貧富、地域、年齢、性別など、さまざまな格差に覆われた時代を乗り越えてゆくためには。新たな〈想像の共同体〉をつくり出すための糸口を、ボランティアの原理と「非営利」の可能性をたどりながら具体的な提言を試みる。【「TRC MARC」の商品解説】

    さまざまな格差(貧富、地域、年齢、性別など)に覆われた時代を乗り越えてゆくために必要なキーワードは「想像力」。本書は、グローバリズム社会の...

香港で文化を創り続ける (FUKUOKA Uブックレット)

  • ダニー・ユン (著)
  • 税込価格:880
  • 発売日:2021/02/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 芸術のクロスオーバーを目ざして…。舞台芸術監督、映像作家、文化クリエーターのダニー・ユンが、香港のアヴァンギャルド文化とその未来を語る。四方田犬彦との対談なども収録。2018年1月開催の講演会をもとに一部補筆。【「TRC MARC」の商品解説】

    芸術のクロスオーバーを目差して――

    舞台芸術の枠にとどまらず、文化の創造者として活躍するダニー・ユン氏が<...

超高齢社会の乗り越え方 日本の介護福祉は成功か失敗か

  • 安立 清史 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2020/03/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 出口の見えない社会を生きてゆくための正しい選択肢は1つではなく、無数にある。「成功したのに失敗」とされる介護保険、災害時に顕れる福祉と非営利の力(レジリエンス)について論じた上で、介護福祉の近未来像を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

    「銀河鉄道の夜」に導かれて超高齢社会の悲観論を超える。 いま、出口の見えない社会を生きてゆくための正しい選択肢はひとつではなく、無数...

死民と日常 私の水俣病闘争

  • 渡辺 京二 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2017/10/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 「水俣病闘争」の原点がここにある−。怨の旗のもとに集結し、近代社会の論理では決して動かない患者たちの決意をうけて彼らと共闘した著者が、その行動の軌跡と「闘争」の本質的な意味を改めて語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    著者初の水俣病闘争論集ー水俣病問題の原点がここにある。

    裁判闘争でもなく公害闘争でもない水俣病闘争とは何だったのかー

    昭...

メタファー思考は科学の母

  • 大嶋 仁 (著)
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2017/09/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 言語習得以前の思考=メタファー(隠喩)思考なくして論理も科学も発達しない。メタファー思考と科学とをつなぐ「文学的思考」の重要性を、心理学、戦争文学、脳科学等の観点から多角的に説く。【「TRC MARC」の商品解説】

    「科学」と「文学」の対立を越えて。
    言語習得以前の思考=メタファー(隠喩)思考なくして論理も科学も発達しない。もともと脳に備わっているといわれるメタファー...

よみがえる夢野久作 『東京人の堕落時代』を読む (FUKUOKA Uブックレット)

  • 四方田 犬彦 (著)
  • 税込価格:748
  • 取扱開始日:2014/12/02
  • 発送可能日:1~3日
  • 天才的な芸術家は作品を通して未来を予言するものだ。今こそ「東京人の堕落時代」を読み直すときだ…。四方田犬彦が夢野久作の魅力を語る。2014年5月開催の講演会に補筆して書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

砂糖の通った道 菓子から見た社会史

  • 八百 啓介 (著)
  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,980
  • 発行年月:2011.12
  • 発送可能日:1~3日
  • ひとつひとつの菓子は、どのような歴史的背景の中で生まれたのか。長崎街道の菓子老舗を訪ね、ポルトガル現地の菓子を食べ、史料を分析して、読み解く「菓子の履歴書」。『ひろば北九州』連載に加筆修正し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

三島由紀夫と橋川文三 新装版

  • 宮嶋 繁明 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2011.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 橋川は「戦前」の自己を罪とし、三島は「戦後」の人生を処断した。時代に深く共鳴した特異でかつ象徴的な2人にスポットを当て、日本の思想史の一側面を照射し、なおかつ橋川の業績の一端を鮮明にする。『隣人』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

霊園から見た近代日本

  • 浦辺 登 (著)
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:2,090
  • 発行年月:2011.3
  • 発送可能日:1~3日
  • 青山霊園、谷中霊園、泉岳寺、木母寺…。その墓碑銘から浮かびあがる人脈と近代史の裏面を「玄洋社」をキーワードに読み解き、歴史背景の解釈に新たな視点を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

幕末のロビンソン 開国前後の太平洋漂流

  • 岩尾 龍太郎 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2010.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 帰れなかったのか、帰らなかったのか…。激動の時代、歴史に振り回されながら、太平洋上で、また異国で必死に運命を切り開き、生き抜いた、幕末のロビンソン(漂流者)たちの哀しく雄々しい壮絶なドラマ。【「TRC MARC」の商品解説】

九州の山歩き 決定版 増補

  • 吉川 満 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2010.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 日帰りコース、縦走登山、冬山コースなど、九州の山歩きの達人が120山・130コースを厳選。オールカラーの写真、地図とともに、山域の魅力、山道をわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

飴と飴売りの文化史

  • 牛嶋 英俊 (著)
  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2009.5
  • 発送可能日:1~3日
  • ピータラ飴、飴売り渡世、飴売りが笛を吹く話、飴をつくる村…。古代中世の水飴から現代のトレハロースまで、「国民的伝統甘味料」として様々に用いられてきた飴の歴史を、豊富な資料と絵図をもとに紐解く。【「TRC MARC」の商品解説】

鯨取り絵物語

  • 中園 成生 (著)
  • 評価4.5
  • 税込価格:3,300
  • 発行年月:2009.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 【地方出版文化功労賞(第23回)】捕獲、解体、信仰、そして食文化。かつて鯨とともに生き、それを誇りとした日本人の姿がここにある…。天保3年に制作された捕鯨図説「勇魚取絵詞」を通して、捕鯨の歴史や文化を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

野十郎の炎

  • 多田 茂治 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発行年月:2006.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 人はなぜ描くのか? 学歴を捨て、世におもねらず、一生独身を通し、清貧無欲、廃屋でひたすら描き続けた孤高の画家・高島野十郎。その謎の生涯の軌跡を、彼の遺した作品とともにたどる。〔葦書房 2001年刊の新版〕【「TRC MARC」の商品解説】

占領下のトカラ 北緯三十度以南で生きる 新刊

  • 稲垣尚友 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/05/31
  • 発送可能日:要確認
  • ◆太平洋戦争終結後、トカラ列島(鹿児島県十島村)を含む北緯三十度以南の島々は日本から切り離され、米軍の軍政がしかれた。国境の島となったトカラの人々は、生きるためにさまざまな開拓を実行、さらに物資調達のための密航船まで仕立てて暮らしを立ててゆかねばならなかった。
    ◆当時、活路を見出そうとしていた島民・移住民たち(復員兵、引揚げ者、元鉱夫、素潜り漁師、市電の元車掌、大工……)の世話役(区長...

琉球沖縄史への新たな視座 (FUKUOKA U ブックレット) 新刊

  • 武井弘一 (著)
  • 税込価格:748
  • 発売日:2021/05/31
  • 発送可能日:要確認
  • 沖縄で、琉球史でなく日本近世史を研究する筆者が気付いた、現在の日本史教育にある問題点とは何か。既存の琉球沖縄史、日本史教育に、新たな一石を投じた一冊。【商品解説】

絹と十字架 ――長崎開港から鎖国まで 新刊

  • 松尾龍之介 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2021/04/30
  • 発送可能日:要確認
  • 戦国時代末期の1571年、長崎開港がもたらした、西洋とのファーストコンタクトから鎖国への道の1世紀をたどる労作です。1550年前後から1650年前後の100年間は、日本と世界にとって非常に重要な時期にあたります。南蛮人(ポルトガル人)が貿易相手として活躍した時代で、西洋の絹製品と日本の銀との交易、さらにキリスト教の布教とがセットになって国内を流通しました。秀吉から徳川へ政権が移り、禁教令、鎖国令が...

野の人 髙島野十郎を追って 新刊

  • 熊谷 きよ (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発行年月:202103
  • 発送可能日:要確認

仁のこころを論語に聴く

  • 恒遠 俊輔 (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2021/01/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 「論語」の声に耳を傾け、身近な人との会話を楽しもう。仲間たちと共に声に出して「論語」を読み、孔子から現代人へのメッセージを受け取る論語教室を開催してきた著者が、その講義録をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

有題無題 日本読書新聞1958〜1963

  • 巖 浩 (著)
  • 税込価格:2,860
  • 発売日:2020/12/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和30年代当時、どのような本が読まれていたのか。吉本隆明、三島由紀夫など、若き思想家・作家たちは当時をどのようにとらえていたのか。1958〜1963年に『日本読書新聞』掲載の名物コラム〈有題無題〉を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    よみがえる昭和30年代。多くの読書人たちを魅きつけた「日本読書新聞」の名物コラム〈有題無題〉の当時の筆者がみた戦後日本への直言268話...

感染症と日本人

  • 長野 浩典 (著)
  • 税込価格:2,310
  • 発売日:2020/12/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 天然痘、コレラ、スペインかぜ、ハンセン病…。過去の感染症の流行が、社会や人間の行動にどのように影響を与えたかを読み解く。コロナ危機からみえてきた、社会が抱える矛盾や問題群についても述べる。【「TRC MARC」の商品解説】

    天然痘、コレラ、スペインかぜ、ハンセン病、そして新型コロナウイルス。本書は、これら感染症を医学、生理学、衛生学的に扱ったものではない。過去と現在の感染症の...

笑ふ木 句集

  • みのた りかこ (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2020.11
  • 発送可能日:要確認
  • 田は風の吹くばかりなり曼珠沙華 雨の夜に見送りし鷹想ひけり マロニエのあでやかに恋讃へけり 薔薇園のにほひの壺へまよひこむ 平成5年から令和2年までの446句を収録した第1句集。【「TRC MARC」の商品解説】

たかざれき

  • 加藤 知子 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2020/11/25
  • 発送可能日:要確認

外来食文化と日本人

  • 八百 啓介 (編)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2020/09/30
  • 発送可能日:1~3日
  • お茶、砂糖、南蛮菓子など、日本で「外来食」はどのように享受され文化として定着し、さらに海外へ発信されるまでに成長したのか。考古学・民俗学・家政学各分野の研究者が、日本の食文化の多様性と奥深さに迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本に食の賑わいをもたらした外来食文化。お茶、砂糖、南蛮菓子などは、どのように受容され定着し、さらに海外へ発信(逆輸出)されるまでに成長したのか...

橋川文三 野戦攻城の思想

  • 宮嶋 繁明 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2020/08/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 丸山眞男、柳田国男、竹内好らの思想に接近し多くを学び、極めてオリジナリティの高い精神史を築いた思想家・橋川文三の後半生を描く。「橋川文三 日本浪曼派の精神」の続篇。『隣人』掲載をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

     戦後日本の最大の思想的課題は、日本を敗戦にまで突き進ませた「ナショナリズム(昭和超国家主義)」の解明だと言われました。橋川文三(1922〜1983)...
検索結果 297 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。