サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1001-04)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 荒蝦夷の商品一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
在庫状況
価格帯

“荒蝦夷”の商品一覧

“荒蝦夷”に関連する商品を58件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

山田野理夫東北怪談全集

  • 山田 野理夫 (著)
  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2010/03/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 河童、座敷童子、小豆洗い、化け猫…。みちのくが生んだ怪談文芸の匠・山田野理夫による、こわくて、けれどもなつかしい怪異譚全224篇を収録。東雅夫の解説「詩情と旅情の怪談世界」も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    怪談文芸の匠であり、佐々木喜善や宮沢賢治研究でも知られる山田野理夫。膨大な作品群から、東北を舞台に綴った怪異譚を精選。<遠野物語百年>に再臨する<東北怪談>の全貌...

3653日目 〈塔短歌会・東北〉震災詠の記録 (叢書東北の声)

  • 塔短歌会・東北 (編)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2021/03/03
  • 発送可能日:24時間
  • 足下が大きく揺れて長く揺れしだいに傾ぐ雪のふる空 東日本大震災の発生した2011年から毎年、塔短歌会の東北に関わるメンバーが発刊してきた9冊の冊子をまとめた書。24人の1273首を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    東日本大震災10年。24人1273首。
    梶原さい子、田中濯、花山周子など、東北に暮らし、東北を思う詠み人たちの歌。
    表現者が希求する世界はお...

仙台藩士幕末世界一周 玉蟲左太夫外遊録 (叢書東北の声)

  • 玉蟲 左太夫 (著)
  • 評価3.8レビュー:4件
  • 税込価格:2,310
  • 発売日:2010/08/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 龍馬の時代、世界を一周したサムライが仙台にいた! 遣米使節団従者にして仙台藩校養賢堂指南統取を務めた玉蟲左太夫の旅日記「航米日録」を、子孫が全訳。読み易い現代語で、277日間の旅程を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    龍馬の時代、世界を一周したサムライが仙台にいた。
    その名は玉蟲左太夫。遣米使節団従者にして仙台藩校養賢堂指南統取。万延元(1860)年、地球を一...

東日本大震災遺族たちの終わらぬ旅 亡きわが子よ悲傷もまた愛 (叢書東北の声)

  • 寺島 英弥 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2022/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 僧侶の一言で自死をとどまった母がいた。息子の遺影を胸に事業を再建した父がいた。東日本大震災でわが子を失った親たちの声、11年の記録。『新潮社Foresight』連載に書き下ろしを加え書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    「また逢える。精いっぱい、お前の命を生きた先であの子は待っている。だから生きろ」。僧侶のこの一言で自死をとどまった母がいた。息子の遺影を胸に事業を再建し...

「渡し」にはドラマがあった ウーラントの詩とレーヴェの曲をめぐって

  • ウーラント同“窓”会 (編)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2022/01/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 1956年、『朝日新聞』〈声〉欄の1通の投書から、ドイツロマン派の詩人ウーラントの詩「渡し場」とその歌曲をめぐる読者の交流が始まった。半世紀を超える数奇なドラマを紹介する。「渡し場」年譜も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    新渡戸稲造愛唱から100年、詩「渡し場」をめぐる群像。
    「次のような詩をご存知の方はあるまいか」。1956年、朝日新聞〈窓〉欄に載った投書から...

伊達政宗の手紙 杉村顕道作品集 (叢書東北の声)

  • 杉村 顕道 (著)
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2021/07/16
  • 発送可能日:24時間
  • みちのく仙台の文人・杉村顕道の知られざる世界−。表題作をはじめ、新発見の探偵小説、捕物帳、時代小説、青春小説など全13編を収録。弟で洋画家の杉村惇による挿画付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    みちのく仙台の文人にして怪談文芸の匠・杉村顕道。再評価の契機となった『杉村顕道怪談全集 彩雨亭鬼談』に続く集成第2弾! 新発見の探偵小説、捕物帳、時代小説、青春小説。舞台は仙台、秋...

百年の孤舟 (叢書東北の声)

  • 志賀 泉 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 「地獄から出たらまず火をつけろ。まわりを照らせば必ず道は見えでくっから」 東日本大震災10年。太宰治賞作家・志賀泉が、故郷・福島県南相馬市小高を舞台に描く短編集。表題作に『吟醸掌篇』掲載を加えた全4作を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    第20回太宰治賞作家が東日本大震災後の故郷・福島県南相馬市小高を舞台に描く短編集。あの日からの4つの物語。【商品解説】

古典探偵小説の愉しみ 真田啓介ミステリ論集 2 悪人たちの肖像 (叢書東北の声)

  • 真田 啓介 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:4,400
  • 発売日:2020/06/12
  • 発送可能日:要確認
  • 【日本推理作家協会賞評論・研究部門(第74回)】「フェアプレイの文学」所収の“英国余裕派”以外の英国作家たちと、アメリカと日本の作家たちに関する文章を収録。真田啓介ミステリ評論の集大成にして、〈クラシック・ミステリ・ルネサンス〉30年史の証言。【「TRC MARC」の商品解説】

    個人誌・同人誌から国書刊行会〈世界探偵小説全集〉、論創社〈論創海外ミステリ〉などなど、真田啓介ミス...

古典探偵小説の愉しみ 真田啓介ミステリ論集 1 フェアプレイの文学 (叢書東北の声)

  • 真田 啓介 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:4,400
  • 発売日:2020/06/12
  • 発送可能日:要確認
  • 【日本推理作家協会賞評論・研究部門(第74回)】英国探偵小説黄金期の巨匠アントニイ・バークリーとその周辺の作家たち(英国余裕派)に関する文章を収録。真田啓介ミステリ評論の集大成にして、〈クラシック・ミステリ・ルネサンス〉30年史の証言。【「TRC MARC」の商品解説】

    個人誌・同人誌から国書刊行会〈世界探偵小説全集〉、論創社〈論創海外ミステリ〉などなど、真田啓介ミステリ評論...

胡桃の木の下で 小説千葉卓三郎青春譜 (叢書東北の声)

  • 大谷 正紀 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2019/09/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 戊辰戦争の敗北から3年。19歳の千葉卓三郎は、藩校養賢堂学頭で開国論者の大槻磐渓らの教えを胸に、新しい国の姿を夢想していた。後にきわめて民主的な私擬憲法「五日市憲法草案」を起草する旧仙台藩士の苦悩の日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

    明治の私擬憲法草案「五日市憲法草案」起草者、千葉卓三郎。故郷・宮城での知られざる青春時代を同郷の児童文学作家が小説化。【商品解説】

ビルの谷間のニューヨーク (叢書東北の声)

  • 佐々木 健二郎 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2018/11/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 愉快なアーチスト仲間とマンハッタンを右往左往。数々のトラブルを仙台なまりの英語で乗り切り、永住権を獲得して念願のロフトも購入。そしていま…。1966年よりニューヨークに暮らす画家・文筆家の著者が半生を振り返る。【「TRC MARC」の商品解説】

    仙台生まれ、ニューヨーク生活52年の現代美術家によるエッセイ集。【商品解説】

只野真葛の奥州ばなし 勝山海百合現代語訳 (叢書東北の声)

  • 只野 真葛 (著)
  • 評価3.4
  • 税込価格:2,310
  • 発売日:2017/03/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 「赤蝦夷風説考」を著した工藤平助の娘にして、滝沢馬琴を師と仰いだ〈才女〉只野真葛による江戸期の仙台不思議ばなし集を、東北が生んだ女性作家・勝山海百合が現代語訳。作家・女性史研究家の門玲子と勝山の対談も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

    江戸時代の仙台にこんな女性作家がいた!
    その名は只野真葛(1763-1825)。『赤蝦夷風説考』工藤平助の娘にして『南総里見八...

渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉 (叢書東北の声)

  • 東北怪談同盟 (編)
  • 評価4.4レビュー:4件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2016/08/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 東北の作家10人が綴る、東日本大震災が発生した「あの日」からの海辺の怪異譚。黒木あるじ「呼声」、郷内心瞳「龍」等、体験を克明に綴った実話から採話、創作まで多彩なラインナップの全45篇を収録。東雅夫の解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    東日本大震災、東北の作家たちが綴った海辺の怪異譚。書き下ろしを含む10作家45篇を収録!
    黒木あるじ/勝山海百合/小田イ輔/...

異郷被災 東北で暮らすコリアンにとっての3.11 東日本大震災在日コリアン被災体験聞き書き調査から (叢書東北の声)

  • 東日本大震災在日コリアン被災体験聞き書き調査プロジェクト (編)
  • 評価3.0
  • 税込価格:2,970
  • 取扱開始日:2015/07/28
  • 発送可能日:24時間
  • 3.11直後の非常事態を被災地域に住むコリアンたちはどのように生き抜いてきたか、地域住民との関係はどのようなものだったのか。岩手・宮城・福島の被災3県で東日本大震災を体験したコリアンたちの聞き書きの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

高沢マキ詩と詩論 (叢書東北の声)

  • 高沢 マキ (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2014/10/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 山形在住の著者が東日本大震災以前の東北にかかわるなつかしい思い出を綴った詩と、夭折した同郷の詩人・赤塚豊子の生涯をたどる詩論を収録。小児麻痺の豊子がカナタイプライターによって記した珠玉の詩を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

    山形在住の詩人・高沢マキによる詩17編「さんまのしっぽ」と、夭折した同郷の詩人・赤塚豊子(1948〜1972)の生涯をたどる詩論「悲しみは清らかになが...

やまがた再発見 1 (叢書東北の声)

  • 山形新聞社 (編)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2014/07/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 斎藤茂吉、正岡子規、田山花袋、土門拳…。明治以降さまざまな分野で活躍した山形人や山形に足跡を残した文人墨客20人の肖像を、今を生きる10人が新たなる視点で切り取る。『山形新聞』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    斎藤茂吉、正岡子規、上杉茂憲、鈴木弼美、永山一郎、赤塚豊子、土門拳……。近代の山形に暮らした、あるいは訪れた20人の肖像を、今を生きる10人が新たなる視...

遠来の跫音 随筆と語り

  • 佐々木 俊三 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2014/05/31
  • 発送可能日:1~3日
  • グールドの最後の録音、谷崎潤一郎の「厠のいろいろ」、ヘーゲルと「音楽」、九ケ月後の被災地の今…。雑誌『震災学』を立ち上げた著者が、芸術、哲学から、幼い日の思い出、震災後のことまでを綴り、語ったエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

    著者は東北学院大学副学長・同大学教養学部教授(専攻・哲学)。1991年から東日本大震災を経た2012年までに綴ったエッセイ等を収録。【商品...

福島へ/福島から 福島民報〈日曜論壇〉2004〜2013 赤坂憲雄エッセイ集 (叢書東北の声)

  • 赤坂 憲雄 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2014/02/28
  • 発送可能日:24時間
  • 赤坂憲雄(福島県立博物館館長/遠野文化研究センター所長/学習院大学教授)が10年にわたって綴った、あの日までの福島、あの日からの福島。『福島民報』掲載を加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    赤坂憲雄(福島県立博物館館長/遠野文化研究センター所長学習院大学教授)が10年にわたって綴った、あの日までの福島、あの日からの福島。福島民報<日曜論壇>2004年から2...

仙台学 vol.15(2014) 震を描き災を想う 東日本大震災3年目の作家たち/第3回みちのく怪談コンテスト

  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2014/02/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 熊谷達也や玄侑宗久ら「震を描き災を想う」作家たちのインタビューのほか、第3回みちのく怪談コンテスト受賞作、みちのく怪談2014、岩手・宮城・福島の声の聞き書きなどを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    震災から3年目を迎えた作家たちへのロングインタビューを掲載。
    【巻頭エッセイ】いとうせいこう
    【特別寄稿】マリー・モケット
    【インタビュー】熊谷達也...

蒼茫の大地、滅ぶ (叢書東北の声)

  • 西村 寿行 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2013/12/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 中国大陸から押し寄せたバッタの大群に劫略され、荒廃する蒼茫の大地・東北。壊滅の危機に陥りながら、中央政府との対立の末に、東北は決断する。「東北よ、独立せよ」 1978年発表のSFパニック超大作。〔「蒼茫の大地、滅ぶ 上・下」(角川文庫 1984年刊)の合本〕【「TRC MARC」の商品解説】

    幻の大作、再臨。
    中国大陸から押し寄せた飛蝗の大群に劫略され、荒廃する蒼茫の大...

仙台で夏目漱石を読む 仙台文学館ゼミナール講義記録 我輩は猫である 草枕 三四郎 それから 門 (叢書東北の声)

  • 小森 陽一 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2013/10/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 漱石の作品世界に浮かび上がる「3.11」に至る「近代」−。2012年、仙台文学館で受講生を圧倒した、漱石文学評論の第一人者・小森陽一東京大学教授の名講義を採録する。歌人で仙台文学館館長の小池光との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    漱石の作品世界に目を凝らせば、<3.11>に至る<近代>が浮かび上がる。漱石の蔵書や直筆資料を一括所蔵する東北大学附属図書館「漱石文庫...

みちのく怪談コンテスト傑作選 2011 (叢書東北の声)

  • 高橋 克彦 (編)
  • 評価4.3レビュー:4件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2013/08/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 東日本大震災が起きた2011年、被災地から発信した文芸コンテスト。〈みちのく〉 をテーマとして公募した800字怪談、入賞作品を中心に119の怪異譚 を精選。<鎮魂と慰霊>の一冊を、いま。

    【収録作品】
    ◎須藤茜/白い花弁◎剣先あやめ/招かれざる客◎高山あつひこ/こ◎大河原朗/駄菓子屋のカッパ池◎青山藍明/女鬼のぬくもり◎来福堂/追慕の雪◎国東/杉澤京子◎よくもきた/...

新・遠野物語 遠野まごころネット被災地支援への挑戦2011−2013 東日本大震災 (叢書東北の声)

  • 遠野まごころネット (編)
  • 評価4.2
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2013/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈遠野まごころネット〉は沿岸被災地の支援拠点。東日本大震災の発生直後、明治・昭和の三陸大津波でも支援拠点となった岩手県遠野市に設立され、これまで8万人のボランティアを送り出した。活動の合言葉は「出る杭は、どんどん引っ張り上げる。ノーではなくイエスを前提に」。その2年間の支援の軌跡をここに。

    遠野まごころネットには、制約はほぼなく、指示を出す人もいない。やることは自分で...

みちのく怪談コンテスト傑作選 2010 (叢書東北の声)

  • 高橋 克彦 (編)
  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2013/02/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 怪異譚から幻想物語まで、すべて彩りが違う、妖しさが異なるみちのく怪談の世界−。第1回「みちのく怪談コンテスト」から選ばれた全119篇を収録する。受賞作・入賞作発表、選考会リポートも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本近代怪奇幻想文学の原点『遠野物語』の発刊から1世紀。そのふるさと<みちのく>をテーマとして、公募した800字怪談コンテスト、入賞作品を中心に119の怪異...

仙台学 vol.14(2012) 特集|赤坂憲雄「震災論Ⅱ」/第2回みちのく怪談コンテスト

  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2012/12/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 巻頭エッセイ
    「まつくらくらの二里の洞」の魅力   池澤夏樹

    [特集]赤坂憲雄「震災論Ⅱ」
    分断と孤立を越えて
    あらたな農の文化が求められている 
    復興特需などほんの幻だ
    震災後の思想は可能か
    ふたつの『津軽』―東北への誘い①―
    震災復興と東北
    奥地に生きる...

麦の冒険 旅随筆集 (叢書東北の声)

  • 佐伯 一麦 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2012/09/21
  • 発送可能日:1~3日
  • デンマーク、ノルウェー、モンゴル、中国。あるいは生まれ育った広瀬川のほとりやその上流の山々を友と歩く…。仙台に暮らす作家・佐伯一麦が、訪れた土地の見聞に随って筆の趣くままに綴る。震災後に執筆した紀行文も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    デンマーク、ノルウェー、モンゴル、中国。
    あるいは、生まれ育った広瀬川のほとりや、
    その上流の山々を友と歩く―。

ことばの杜へ (叢書東北の声)

  • 阿部 裕美 (ほか著)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2012/07/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 日本古典文学、英国文学、中国古代思想、社会学などを専門とする文章の達人たちが、古今東西の作品から選び抜いた珠玉の「ことば」を紹介する。ブックガイドも収録。『山形新聞』土曜版連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    混迷の時代に贈る、 珠玉の<ことば> 90編。
    芥川龍之介から森敦、イエーツ、杜甫、そして大槻ケンヂから山田洋次まで―。山形で活躍する6人の<こと...

東北知の鉱脈 3 (叢書東北の声)

  • 赤坂 憲雄 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2012/05/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 東北の思想や芸術、文学の担い手となった偉人たちの精神や思想を掘り起こす。3では棟方志功、太宰治、小林多喜二など12人を取り上げる。高橋克彦と赤坂憲雄の対談も収録。『河北新報』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    東北の先人たちの 足跡を旅する <新・赤坂東北学>。
    <登場人物>佐々木喜善(岩手)/志賀潔(宮城)/斎藤茂吉(山形)/太宰治(青森)/藤原相之助...

仙台ぐらし (叢書東北の声)

  • 伊坂 幸太郎 (著)
  • 評価3.9レビュー:186件
  • 税込価格:1,430
  • 発売日:2012/02/18
  • 発送可能日:1~3日
  • タクシーが多すぎる、見知らぬ知人が多すぎる、ずうずうしい猫が多すぎる…。仙台在住の作家・伊坂幸太郎が日々の暮らしを綴る。『仙台学』掲載を中心に書籍化。書き下ろし短編「ブックモビール」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    『仙台学』vol.1~10(2005~2010年)の連載エッセイを全面改稿。加えて、単発エッセイ1編、震災後のエッセイ「史上最大の復興」「震災のこと」、...

天晴れ!盛岡文士劇 役者になった作家たち (叢書東北の声)

  • 道又 力 (編)
  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2011/11/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和37年に一度は幕を下すが、平成7年に作家・高橋克彦を座長に復活した盛岡文士劇。岩手県在住作家と豪華ゲストが織りなす舞台とその舞台裏を紹介する。道又力による脚本、ロドリゲス井之介のまんがも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    座長・高橋克彦インタビュー、出演文士のエッセイと座談、脚本、爆笑マンガとで賑やかに迫る。
    <執筆者>浅田次郎/井沢元彦/内館牧子/北方謙三...
検索結果 58 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。