サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. aiyuarrさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

aiyuarrさんのレビュー一覧

投稿者:aiyuarr

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本ひとりぼっちの地球侵略 4

2013/10/25 15:39

とにかく、一冊目から読んでくださいっ!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

SFっぽいというか、多分SFなんでしょうがw、
カバー剥がして視られる裏設定やつぶやきをココは無視して、

“美しくも優しくて残酷な”「侵略モノ」まんがを、
とり敢えず追っかけていただきたいのです。

 きっと、このお話を“愛さずにはいられ”なくなると
思うのです。

 “思わず買って”しまっても、そうは後悔しないしないでしょう。

 作者さんは「原作もの」「派生もの」とかもやってらした方ですが、
説得力や絵描きとしての力量はとても高く、
冗長な設定説明やしつこいネガティブ展開もなく
とにかく楽しませてくれるマンガだと感じられました。

 キャラが、とにかく可愛いんですよ~!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今日のイベントは今日楽しむ!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

めったにない
鳥の渡りを見上げる幸運は突然で、
それを誰かに伝える事さえ難しい。

そんな出発から
相変わらずの「よつば」ペースに巻き込まれ、
あらゆる人々は
このちっちゃい無敵の魔法使いによって
よくある日常にポッカリ空いた意外なポケットに、
やっぱり落っこちてしまうのでしょう。

でもこの12巻はどうしても、
少しこれまでとは趣を異にしています。

夢中な日々と、それを思いっきり楽しんだ全てが、
宝物として胸の中にある『現在(いま)』以外に向けて
揺らぐであろう未来に向かうという予感です。

時々出て来る『いずれ来たる将来』という暗喩に、
“そのうち~”という抽象もさえ拒みきれず
“思い出”と化す「予感」が、
結構具体的に想起されていくのです。

作家さんからの、“この物語は、そろそろ終わるけど、
そっちは受け入れ大丈夫…(笑)?”という
メッセージさえ感じたくなった今巻でした。

マンガだから、『永遠も可能な選択』はあれど
よつばたちは「そうしない」のだろうという、
不思議な読後感を持ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美しくて、たぶんどんな何?とも似ていないお話です。

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おとぎ話のようでいて、結構バトルもありますが
宝石の化身である姉妹たちが、不条理な「世界」に
抗う物語なのでしょう(?笑)
 もうこの辺でわけがわからないwww

 作者さんのこれまでも含め、作品に合理性や理論を
求めるべきではなく、ただ流れる水のようなイメージが作る
奔放で多彩な作品世界を、
呼吸をするように楽しめるマンガです。

 先に発行された2冊の同作家の本を楽しまれた方なら、
長編とかの煽り文句に惑わされず、お手元に置くべきです。

 そう思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本回游の森 (F×COMICS)

2013/03/15 21:35

本書は全てを突き放す。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

肯定すべき読後感ではなかったが、
美しくも退廃的・現代的な表現は好みだった。

“罪と罰”、あるいは何らかの”許し”を求めても、
ここには表面上も“あいまいな”笑み以外に
読者にもたらされるものは何も無い。

「他者」の変態性と孤独を確認する事で、
停滞に安心するならアリかも知れない。

本作の作家・灰原氏は、作中人物のほとんど誰も
懐に入れていないし、誰のことも肯定していないので、
感情移入した処で肩透かしだし、読後の「開放」を
求めても無駄である。

それが「良い…っ!」人々には好ましいかもしれないが、
登場人物らは自らの『歪さ』に涙する点で
マイナスかも知れない。

気まぐれに買ってしまう「一点もの(単巻)」の本を、
棚に置いてくれている書店さんの寛容に
感謝したくなる一冊。

変態なら、見かけたら買っておいて損はない。

「絵」への執着が、なかなか素敵にそそる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タイタニア 4〈烈風篇〉

2013/10/25 15:49

半ば続きは諦めておりました。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者さん痛恨の、久々の続編でしょう。

 戦略と戦術の攻めぎあい、人物描写の素っ気ないほどの
突き放し方など、正直表紙等のアニメ主体でのキャラ押しが、
うとましい印象です。

 これでこその「田中芳樹」というべき
残酷で意外な経過が待ち受けておりました。

 とにかく続刊を心待ちにしております。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

よくこういう単(一)巻ものを置いといてくれました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作家・朔ユキ造さんは、どちらかといえば
「肌合い」にムードを創れる方だと思って
いたのだが、
本作「黒髪のヘルダ」はそれを抑え
非常にストイックに抽象的な一片の「寓話」を、
より良く完結させる事に心血を注いだのであろうと
感じ入ったし、とにかくその努力の徹底に
まず敬意を抱いた。

俗に言う“ファンタジー”ではない。

「概念」とそれを懐かしみながらも否定する、
創造者たろうとする“人間”の『回帰』の物語
かと思う。

感覚や興味よりも、理性と暗喩を骨子にした限り
様々な評価が下されようが、
こうした“寓話”を発表した限り、
「作品」よりも 表現する「態度」に敬意を払う
私のような勘違い者がいることを、
どうか作家さんには許していただきたい。

個人的には「我が罪」”ヨハンナ”さんが
好きなんですけどね♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最終巻、”お付き合いありがとう”な一冊。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初巻以来、出だしのめくるめく「謎」解きから
中盤の「スペクタクル」まで、
SF作家として星野さんは本当に素晴らしい……!!

――で、「終盤」まで“これはスゴイ!!”と
思わせてからの「Ending」が ”へなちょこ”です。

この作家さんは、「終わり」のまとめ方が
昔から上手くないのですね。

短編にある「洒脱さ」に比して、長編になるほど
「END」ページで失望する事になるから、
J.P.ホーガンの小説原作ファンや
“SF漫画家”星野さん好きは
“最終巻”は期待に胸を膨らませたまま
読まないことをお勧めする。

イヤ、マジで。
その方がイメージ膨らみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示