サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. animal lovingさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

animal lovingさんのレビュー一覧

投稿者:animal loving

1 件中 1 件~ 1 件を表示

驚愕と感動、そして「学び」がぎっしり詰まった本

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は、アニマルコミュニケーションというものを勘違いして(甘く見て)いたようです。
「○○が食べたい」「○○で遊びたい」「眠い」「痛い」など、そういった些細なやり取りを行うことが基本的なアニマルコミュニケーションだと思っていました。
しかし、この本を読んだことで自分の浅はかさに気づき、恥ずかしい気持ちになるのと同時に、とても大切なことを学びました。

この本を何度読み返しても強く感じさせられるのは、動物たちは本当に、純粋で真っ直ぐな心と、誇りや愛情をたくさん持っているということです。
元々、こちらが愛情を持って接すれば必ず伝わる、愛情を返してくれるという想いや信頼は持っていましたが、この本を読んだことで、動物たちの感情は自分が思っていたものを遥かに凌いでいることに気づき、とても驚かされました。
その深く純粋な愛情は、私たち人間以上と言っても過言ではありません。

また、よくペットの問題行動に困っている人たちもいらっしゃいますが、それらはあくまで人間の都合で「問題行動」と定義しているだけで、本当は動物たちからの大切なサインでありメッセージなのだと知ることができました。
そして、「人間同士と同じようにしっかりとお話をすれば、動物とでもちゃんと分かり合える」ということに感動です。
実際、この本を読んだことをきっかけに著者(高江洲薫先生)の動物病院へ行き、我が子(ハムスター/犬)のエネルギー治療やカウンセリングを受けてみたのですが、怪我の状態が回復していく様子や、気持ちを先生に通訳していただいた上で会話した時の我が子の反応などを目の当たりにし、本当に驚きました…。
正直、私自身がすごく緊張していたのですが、動物についての話をする先生の声や表情はとても優しく、お話の内容にもとても感動し、我が子だけではなく飼い主の私も癒されました。

ただ、「この本を読めば、今日からあなたもアニマルコミュニケーター!」みたいな、そういった簡単なことではないこともしっかり学ばせられました。逆に、読んだことで、その「難しさ」もとても感じました。
大事なことは、この本に書かれている基本的なノウハウや実践方法をしっかりと理解し、実際に何度もコミュニケーションを行い、世の中にある様々な学問や技術と同様に「あせらずに徐々に習得していく」ことなのだと学ぶことができました。

しかし、心からホッとしたこと。うれしかったこと。意外だったこと。
それは、アニマルコミュニケーションは「超能力」といった非現実的な類のものではなく、誰しもが秘めている潜在能力(閉じ込めてしまっているだけの能力や感性)だということ。
そして、コミュニケーション方法そのものは、とても科学的だということです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示