サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マイクマイクさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

マイクマイクさんのレビュー一覧

投稿者:マイクマイク

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本月光条例 25

2013/12/02 13:46

「異譚かぐや姫の物語」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

青い月の光を浴びた「物語」の登場人物たちが起こす、数々の事件。そして「物語」を守るために、それらと戦ってきた主人公の少年、月光。その事件と解決のひとつひとつが、作者藤田氏によって生み出される、新しい「物語」でもあった。

本作は、その最終章にあたる「物語」。月の世界から罪を得て、地上に落とされた「カグヤ」。1000年の間、生死を繰り返し、最後の最後に月光との人生を過ごしたカグヤは、すべての思い出を捨てて、月へ帰る決意を固める。しかし彼女は、許婚である月の王オオイミの謀略を知らなかった。いよいよ月からの使者が舞い降りるその日、王の真意を知った月光は、カグヤを隠し、無数の軍勢を相手に孤独な闘いを仕掛ける……。

奇しくも高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」が11月23日に公開されるなか、異譚ともいえる「かぐや姫の物語」が、ここにある。はたして月光は、月の軍勢と王を倒し、カグヤの「物語」に幸福な結末を与えることが出来るのか。


「からくりサーカス」が完結し、続く作品として連載された「月光条例」。正直に告白すると、当初、ストーリーのノリや登場キャラの設定、展開される話の様子を見て「あれ? 藤田さん、スランプ?」と思ったものだった。しかし、巻が進むにつれて、伏線の迷宮や、次次と明かされる真相、そしてそれらを完全にコントロールする構成力といった、藤田さんらしさが表れてきました。


なんといっても圧巻は、バトルシーン。アニメ化なんて一切考えていないかのようなイカレた連中のキレたセリフ、そして読者の我々がヤツらの身勝手さに怒り震わせ、沸点に達したとき、まるでそれを見透かすかのようなタイミングで、完膚なきまでにボッコボコのタコにする絶妙な間の作り方と、容赦なしのスカっとする描写。あと何巻で完結かは分かりませんが、最後までこのテンションでお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示