サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. こなかしさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

こなかしさんのレビュー一覧

投稿者:こなかし

3 件中 1 件~ 3 件を表示

著雍(ちょよう)の戦い完結

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

秦軍対魏軍、著雍(ちょよう)の戦いは約束の三日目に突入する。王賁(おうほん)VS紫伯(しはく)の戦いは壮絶を極める。
正式な槍術を修練して極めた王賁に対し、紫伯は力技で型を崩す。
槍が曲がり、血潮が舞う戦いの熱い描写は健在。馬の足元にフキダシがついて「ドゴラ」と擬音が入り、
読者に間を取らせてから騎上の王賁の大ゴマだ!う~ん、かっけ~。
一方、飛信隊では信(しん)VS凱孟(がいもう)の一騎打ちが始まる。凱孟を抜けない飛信隊は奇策に出るが、凱孟に言い放たれる。「やはり、軍師の差がでたのォ」 飛信隊軍師、河了貂(かりょうてん)の策は凱孟に通用しないのか?信に危機が迫る。
しっかし、魏軍軍師、呉鳳明(ごほうめい)悪いな~あいつ。。
著雍(ちょよう)の戦い完結の37巻

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大阪ガンナーズ戦!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻でタイトルを狙うと宣言した達海。チームの士気も上がる。
イーストトーキョーユナイテッドは現在5位で残すは9試合。次の対戦相手は首位の大阪ガンナーズ。(しかしガンナーズのマスコットの造形はちょっとどうなんだろう?)
あいかわらず大阪のフォワード二人のツッコミが過激で爆笑。
試合開始で達海VSダルファー、窪田VS椿の対決が熱い。
ジーノがベンチでつぶやく「最近ツキが向いてきてるねーウチ」
34巻は前半終了までだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時代は〇〇がち

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1981年の秋、小学館新人コミック大賞の選考が続く中、大ヒットアニメ「うる星やつら」の第一回放送が始まり、ホノオは津田さんに次の時代の「目」の描き方を力説する。。
一方、ダイコン3が大成功した、山賀、赤井、庵野は将来について考えはじめるが、岡田斗司夫には解決すべき別の問題が生じるのだが。。
才能ある人間が集まり始めるなか、芸大の課題に取り組むホノオは、少年サンデーを読んで「タッチ」について語る。そこには応募したコミック大賞の選考の途中経過も載っており・・
まったりと進む「ハチミツとクローバー」じゃない芸大ストーリー13巻
78章のトビラ絵はあだち充風のトンコさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示